新型「アウディS8」発売 高出力のV8エンジンや4輪操舵システムを搭載

2020.08.25 自動車ニュース webCG 編集部
アウディS8
アウディS8拡大

アウディ ジャパンは2020年8月25日、新型「アウディS8」の日本導入を発表。同日、販売を開始した。

 
新型「アウディS8」発売 高出力のV8エンジンや4輪操舵システムを搭載の画像拡大
 
新型「アウディS8」発売 高出力のV8エンジンや4輪操舵システムを搭載の画像拡大
 
新型「アウディS8」発売 高出力のV8エンジンや4輪操舵システムを搭載の画像拡大
 
新型「アウディS8」発売 高出力のV8エンジンや4輪操舵システムを搭載の画像拡大

S8は、アウディのフラッグシップセダン「A8」のさらなる高性能バージョン。今回発売された最新世代のモデルは、海外で2019年11月にデビューした。

フロントに搭載される4リッターV8ツインターボエンジンは、最高出力571PS、最大トルク800N・mを発生。48Vリチウムイオンバッテリーとクランク軸にベルトを介して連結されるBAS(ベルトオルタネータースターター)を用いたマイルドハイブリッドドライブシステムを備え、高いエネルギー回収効率を誇る。減速および惰性走行時にエンジンを停止させ燃費を改善するシステムも搭載されている。トランスミッションは8段AT。駆動方式は4WD(クワトロ)である。

上質な走りを実現するテクノロジーとしては、レーザースキャナーやカメラセンサーで路面の凹凸を先読みし、サスペンションストロークをアクティブ制御する「プレディクティブアクティブサスペンション」がポイント。速度に応じて位相を切り替え、取り回し性と操縦安定性のよさを両立させる「ダイナミックオールホイールステアリング」(4輪操舵)も標準装備されており、クワトロにリアスポーツディファレンシャルを組み合わせることで、快適かつダイナミックな走りを実現するとうたわれている。

ボディー構造は、初代A8で採用されて以来進化してきたASF(アウディスペースフレーム)。アルミニウムやスチール、マグネシウム、炭素繊維強化プラスチックを適切に組み合わせることで車体の剛性を高め、正確なハンドリングや高い静粛性を実現したとアピールされる。

エクステリアは、S8専用のデザインの前後バンパーや、4本出しの楕円(だえん)エキゾーストフィニッシャー、5ダブルスポークデザインの21インチアルミホイールなどが特徴。一方インテリアは、カーボンのデコラティブパネルや、バルコナレザーを用いたスポーツシートなどでスポーティーさと上質さが演出されている。

価格は2010万円。モノグレードの取り扱いで、ハンドルの位置は左右から選べる。

(webCG)

関連キーワード:
S8, アウディ, 自動車ニュース