新型「アウディS8」発売 高出力のV8エンジンや4輪操舵システムを搭載

2020.08.25 自動車ニュース
アウディS8
アウディS8拡大

アウディ ジャパンは2020年8月25日、新型「アウディS8」の日本導入を発表。同日、販売を開始した。

 
新型「アウディS8」発売 高出力のV8エンジンや4輪操舵システムを搭載の画像拡大
 
新型「アウディS8」発売 高出力のV8エンジンや4輪操舵システムを搭載の画像拡大
 
新型「アウディS8」発売 高出力のV8エンジンや4輪操舵システムを搭載の画像拡大
 
新型「アウディS8」発売 高出力のV8エンジンや4輪操舵システムを搭載の画像拡大

S8は、アウディのフラッグシップセダン「A8」のさらなる高性能バージョン。今回発売された最新世代のモデルは、海外で2019年11月にデビューした。

フロントに搭載される4リッターV8ツインターボエンジンは、最高出力571PS、最大トルク800N・mを発生。48Vリチウムイオンバッテリーとクランク軸にベルトを介して連結されるBAS(ベルトオルタネータースターター)を用いたマイルドハイブリッドドライブシステムを備え、高いエネルギー回収効率を誇る。減速および惰性走行時にエンジンを停止させ燃費を改善するシステムも搭載されている。トランスミッションは8段AT。駆動方式は4WD(クワトロ)である。

上質な走りを実現するテクノロジーとしては、レーザースキャナーやカメラセンサーで路面の凹凸を先読みし、サスペンションストロークをアクティブ制御する「プレディクティブアクティブサスペンション」がポイント。速度に応じて位相を切り替え、取り回し性と操縦安定性のよさを両立させる「ダイナミックオールホイールステアリング」(4輪操舵)も標準装備されており、クワトロにリアスポーツディファレンシャルを組み合わせることで、快適かつダイナミックな走りを実現するとうたわれている。

ボディー構造は、初代A8で採用されて以来進化してきたASF(アウディスペースフレーム)。アルミニウムやスチール、マグネシウム、炭素繊維強化プラスチックを適切に組み合わせることで車体の剛性を高め、正確なハンドリングや高い静粛性を実現したとアピールされる。

エクステリアは、S8専用のデザインの前後バンパーや、4本出しの楕円(だえん)エキゾーストフィニッシャー、5ダブルスポークデザインの21インチアルミホイールなどが特徴。一方インテリアは、カーボンのデコラティブパネルや、バルコナレザーを用いたスポーツシートなどでスポーティーさと上質さが演出されている。

価格は2010万円。モノグレードの取り扱いで、ハンドルの位置は左右から選べる。

(webCG)

関連キーワード:
S8, アウディ, 自動車ニュース

アウディ S8 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディRS 7スポーツバック 2021.2.22 アウディテクノロジーの極み RSモデルを知る<AD> 「アウディRS 7スポーツバック」は世のクルマ好きの理想を体現した一台と言えるだろう。美しいスタイリングと確かな実用性を持ち、何より踏めば恐ろしいほど速い。これらを同時に実現せしめているのは、もちろんアウディの信奉する「技術」である。
  • メルセデスAMG GLA35 4MATIC(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.12 試乗記 「メルセデス・ベンツGLA」のラインナップに加わったハイパフォーマンスバージョン「AMG GLA35 4MATIC」に試乗。レースと共に歩んできたAMGの名を冠するコンパクトSUVは、果たしてどのように仕上がったのか。ワインディングロードでその実力を確かめた。
  • アウディRS 6アバント 2021.2.15 アウディテクノロジーの極み RSモデルを知る<AD> 最高出力600PS、最大トルク800N・mのV8ツインターボエンジンを搭載した「アウディRS 6アバント」は単なる高性能マシンではない。ひとたび手綱を緩めてやればその奥底に流れる血が騒ぐ。ラリーウエポンのれっきとした末裔(まつえい)であることをすぐに感じ取れることだろう。
  • アウディRS 5クーペ 2021.2.8 アウディテクノロジーの極み RSモデルを知る<AD> 疾走感に満ちたフォルムが印象的な2ドアモデル「アウディRS 5クーペ」。本格派スポーツカーのようなパフォーマンスが味わえる一方で、時に効率を重視した現代的な走りが実感できる二面性もまた、このモデルの注目すべき個性である。
  • BMWアルピナD3 Sリムジン アルラット(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.2 試乗記 アルピナが提案するディーゼルの高性能セダン「D3 Sリムジン アルラット」に試乗。そのステアリングを握った筆者は、どこか懐かしくも目を見張る、このブランドならではのパフォーマンスに酔いしれたのだった。
ホームへ戻る