クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

アウディS8(4WD/8AT)

ウルトラなアウディ 2020.12.11 試乗記 アウディの「技術による先進」というスローガンを体現するスーパーセダン「S8」に試乗。最高出力571PSのマイルドハイブリッドと「クワトロ」と呼ばれるAWD、そしてサーチした路面情報を基に自動制御する最先端のアクティブサスが織りなす、その走りとは?

VIPの皆さまにおすすめ

本来ならまともに取り合うような話ではないのだけれど、なんだか「センチュリー」がかわいそうなので少々お付き合いいただきたい。どこかの偉い人のせいで話題に上り、無駄遣いの象徴のように取りざたされるのは、まったくとばっちりもいいところだろう。

確かに庶民感覚からすれば2000万円はとんでもない金額だが、トヨタの、いや関東自工(現トヨタ自動車東日本)の匠(たくみ)たちが精魂込めた日本を代表するフォーマルサルーンとしては決して不合理な値段ではない。道理に合わないのは、今どき山道が多いとか、馬力があって故障しないとか、愚にもつかない強弁をする県知事さんのほうだ。こういうのを烏滸(おこ)の沙汰という。そもそも公用車なのだから予算があって当たり前。どうしてもセンチュリーに乗りたいならば、自分で買って乗ればいいだけの話である。

ところで、本当に高級車が必要なVIPにはおすすめのクルマがある。馬力があって快適で環境性能にも優れた公用車の車種選択に悩んでいるならば、ぜひこのアウディS8をご検討いただきたいと思う。特に腰痛に苦しんでいるとか、年のせいで身をかがめることがつらい、などという問題を抱えている知事さんや議長さんなどにはうってつけではないだろうか。

何しろ、ドアを開けるとその瞬間、スイッとボディーが持ち上がる。この新型S8にはベース車たる「A8」にも設定されている「プレディクティブアクティブサスペンション」が標準装備されているのだ。「レンジローバー」などには乗降性を高めるために車高を低くする機能が付いているが、S8は逆に車高を40mmほど持ち上げる。しかも上がる時はシュワッと瞬時に、下がる時はスーッとゆっくりである。もちろん、急峻(きゅうしゅん)な山間部など歯牙にもかけない高性能とクワトロシステム、さらにレベル3自動運転さえ視野に入れた最新鋭の安全装備が備わっているから、現場へ急行するには最適だと思うのである。

フルモデルチェンジされた「アウディS8」は、2020年8月25日に日本導入を開始。価格は2010万円で、ハンドルの位置は左右から選べる。
フルモデルチェンジされた「アウディS8」は、2020年8月25日に日本導入を開始。価格は2010万円で、ハンドルの位置は左右から選べる。拡大
アウディのフラッグシップセダン「A8」をベースに、さらなる高性能バージョンとして開発された「S8」。最新モデルは1997年に登場した初代から数えて4代目にあたる。
アウディのフラッグシップセダン「A8」をベースに、さらなる高性能バージョンとして開発された「S8」。最新モデルは1997年に登場した初代から数えて4代目にあたる。拡大
試乗車はヘッドランプの「アウディレーザーライト」とOLEDリアライトをセットにした「HDマトリクスLEDヘッドライト アウディレーザーライトパッケージ」(48万円)をオプション装備していた。
試乗車はヘッドランプの「アウディレーザーライト」とOLEDリアライトをセットにした「HDマトリクスLEDヘッドライト アウディレーザーライトパッケージ」(48万円)をオプション装備していた。拡大
「ダイナミックターンインジケーター」と呼ばれるLEDが流れるように点灯する特徴的なテールランプを搭載。左右をつなぐ一体化された意匠は、最新のアウディ各車に共通するもの。
「ダイナミックターンインジケーター」と呼ばれるLEDが流れるように点灯する特徴的なテールランプを搭載。左右をつなぐ一体化された意匠は、最新のアウディ各車に共通するもの。拡大

技術による先進の見本

4世代目となる新型S8は、前述の通りアウディの旗艦セダンA8をベースにした高性能モデルで、正真正銘のフラッグシップというべき高性能ラグジュアリーサルーンである。アウディといえば端正で洗練されたカッコ良さだけが注目されがちで、あまりにカッコ良すぎるせいで「自分には無理」と引いてしまう人も多いのではないだろうか。

だが、そのスーパーエリートな雰囲気は、極めて高度で精密なエンジニアリングに裏付けされている。くだんの県知事さんを含めて、そういう人にこそ、アウディの神髄はひたむきな技術信仰にあると言いたい。S8は、半世紀近く使われているあの有名なブランドスローガン「Vorsprung durch Technik」(日本語では「技術による先進」)を体現するものである。

プレディクティブアクティブサスペンションの「プレディクティブ」とは予測できるという意味だが、実はこのシステムこそ新型S8が満載する最新技術の真打ちともいえるものだ。ベースモデルのA8にも電子制御可変ダンパーに加えてマルチチャンバー式のアダプティブエアサスペンションが標準装備されるが、さらにプレディクティブアクティブサスペンションになると、4輪のスタビライザーリンクに備えられた電動モーターがホイールストロークを個別にコントロールするという。最大1100N・mという強力なモーターはマイルドハイブリッド用の48V電源で駆動される。

アクティブサスペンションという名前自体は以前から使われているが、S8のシステムはカメラに加えてフロントグリル下に備わるレーザースキャナーのデータも活用するのが最大の特徴だという(市販車へのレーザースキャナー装備はアウディが世界初)。電動駆動ゆえの素早く緻密な制御も大きなメリットだ。

ちなみに、カメラとミリ波レーダーに加えてレーザースキャナーのデータを“フュージョン”することで、完全自動運転にさらに一歩近づく(レベル3相当)というのがS8/A8の大きなトピックだったのだが、本国ドイツでも法整備が整わずまだ市場投入されていない。現状でも隣のレーンから急に割り込まれるような場合にレーザースキャナーは威力を発揮し、さらに車両全周を監視する各種センサーが側面衝突の可能性を検知した場合には、衝突される恐れのあるボディー側の車高を80mm上昇させ、より強固なサイドシル部分で衝撃を受け止めてダメージを軽減するシステムも備わっている。

「S8」のボディーサイズは全長×全幅×全高=5185×1945×1475mm、ホイールベース=3000mm。車重は2290kgと発表されている。
「S8」のボディーサイズは全長×全幅×全高=5185×1945×1475mm、ホイールベース=3000mm。車重は2290kgと発表されている。拡大
「S8」は「プレディクティブアクティブサスペンション」と呼ばれる電動駆動サスを標準装備している。写真は車高を最も下げた状態。
「S8」は「プレディクティブアクティブサスペンション」と呼ばれる電動駆動サスを標準装備している。写真は車高を最も下げた状態。拡大
「プレディクティブアクティブサスペンション」では、48Vの電源システムを用いている。各輪に装着された電気モーターが路面や走行状況に応じて、車高や減衰力を個別にコントロールする。写真は車高を最も上げた様子。
「プレディクティブアクティブサスペンション」では、48Vの電源システムを用いている。各輪に装着された電気モーターが路面や走行状況に応じて、車高や減衰力を個別にコントロールする。写真は車高を最も上げた様子。拡大
インストゥルメントパネルのデザインは「A8」に準じたもの。メータークラスター用に12.3インチ、インフォテインメント用アッパースクリーンに10.1インチ、その下の空調操作や手書き文字入力用に8.6インチの液晶パネルを用いている。機械式スイッチを極力排したモダンなデザインが印象的だ。
インストゥルメントパネルのデザインは「A8」に準じたもの。メータークラスター用に12.3インチ、インフォテインメント用アッパースクリーンに10.1インチ、その下の空調操作や手書き文字入力用に8.6インチの液晶パネルを用いている。機械式スイッチを極力排したモダンなデザインが印象的だ。拡大
「S8」では左右どちらのハンドル位置も選択できる。内装色は試乗車で選択されていた「メトロポリスグレー」を含め、全7色の設定。
「S8」では左右どちらのハンドル位置も選択できる。内装色は試乗車で選択されていた「メトロポリスグレー」を含め、全7色の設定。拡大

これぞマジックカーペット

スタンダードのA8は、スピードが増せば増すほどしなやかさとフラット感が強調されるタイプでもちろん快適だが、低速では路面の凸凹をコツコツと律義に伝えることもあった。だがS8は、特にドライブセレクトに加わった乗り心地最優先の「ショーファー」モードを選ぶと、低速でもこれまでに経験したことがないほど滑らかに、遠くでかすかに聞こえてくる程度に路面の不整をやり過ごしていく。

いっぽう「ダイナミック」モードではコーナリング時にはまるで逆ロールしているかのように(実際に一定条件下では“カーブチルティング”が作動する)、フラットな姿勢を維持、横Gだけが高まっていく。

人によってはロールしないことに最初は違和感を覚えるかもしれないが、フラットさのレベルはあらかじめ設定することも可能だ。何しろ、このクルマはダイナミックオールホイールコントロール(4WS)に加えて、トルセンデフの進化型のセルフロッキングセンターデフを使う正統派のクワトロであり(通常時は前後40:60、状況に応じて最大70:30から15:85まで可変制御)、リアにはスポーツデフも備わっている。

最近では電子制御クラッチを採用する“クワトロ”も増えてきているが、4輪が常に機械的に結ばれているクワトロは、コンディションが過酷になればなるほどその真価を発揮する。山間部が多い県の知事さんなら、その走破性は必須のはず……いや、もうこの辺にしておきます。

「プレディクティブアクティブサスペンション」を作動させた左コーナーでの走行シーン。室内では水平に近いレベルが維持されているが、外から眺めるとアウト側のサスペンションが伸びてロールが抑えられた様子が確認できる。
「プレディクティブアクティブサスペンション」を作動させた左コーナーでの走行シーン。室内では水平に近いレベルが維持されているが、外から眺めるとアウト側のサスペンションが伸びてロールが抑えられた様子が確認できる。拡大
バルコナレザーを用いた「コンフォートスポーツシート」と呼ばれる前席には、ヒーターやベンチレーションのほか、マッサージ機能も備わっている。
バルコナレザーを用いた「コンフォートスポーツシート」と呼ばれる前席には、ヒーターやベンチレーションのほか、マッサージ機能も備わっている。拡大
後席の左右には、シートの高さや前後スライド、座面角度といった調整機構に加え、空気圧式4ウェイランバーサポートやメモリー機能などが備わる。
後席の左右には、シートの高さや前後スライド、座面角度といった調整機構に加え、空気圧式4ウェイランバーサポートやメモリー機能などが備わる。拡大
後席のアームレスト内には、エアコンや照明の調整のほか、ブラインドの開け閉めが行えるタブレット型の「リアシートリモート」が備わっている。
後席のアームレスト内には、エアコンや照明の調整のほか、ブラインドの開け閉めが行えるタブレット型の「リアシートリモート」が備わっている。拡大

洗練の力ぞ技ぞ

2基のツインスクロールターボをVバンクの内側に収めた4リッターV8直噴ツインターボエンジンは、フォルクスワーゲン/アウディグループ内で広く利用されているものだ。「ランボルギーニ・ウルス」ほどではないが、ポルシェの「カイエン ターボ」用よりもさらに強力な最高出力571PS(420kW)/6000rpmと最大トルク800N・m(81.6kgf・m)/2000-4500rpmを発生する。

これはA8の最強力版「60 TFSIクワトロ」用ユニットよりも111PSと140N・m強力だ。しかも48V駆動のBAS(ベルト駆動オルタネータースターター)を備え、クルージング時には頻繁にコースティングするし(しかもエンジン停止とエネルギー回生を巧妙に使い分ける)、V8の半分の気筒を休止するシリンダーオンデマンドも付いている。

ボディーはアルミニウムやCFRPなどを多用する最新のASF(アウディスペースフレーム)構造である。全長ほぼ5.2m、ホイールベース3mという巨大な4WDサルーンだけに車重はおよそ2.3tにも及ぶが、フルスロットルを与えると野太く迫力満点の音とともに猛烈な加速を見せる。0-100km/h加速は3.8秒という。

だが、フラッグシップサルーンとしてのS8の神髄はその高性能と、這(は)うような速度でも徹頭徹尾滑らかに静かに走る上品な挙動を両立させていることだ。ふさわしい人が適切に使えばとんでもないパフォーマンスを発揮する。それでいて価格はこちらも2000万円程度である。リーズナブルというよりお値打ちではないだろうか。

(文=高平高輝/写真=花村英典/編集=櫻井健一)

「プレディクティブアクティブサスペンション」は路面状況に合わせた車高修正のレベルに加え、車体の水平維持などが任意に設定できる。
「プレディクティブアクティブサスペンション」は路面状況に合わせた車高修正のレベルに加え、車体の水平維持などが任意に設定できる。拡大
4リッターV8ツインターボエンジンに48Vマイルドハイブリッドシステムが組み込まれたパワーユニットは最高出力571PS、最大トルク800N・mを発生。8段ATを組み合わせている。
4リッターV8ツインターボエンジンに48Vマイルドハイブリッドシステムが組み込まれたパワーユニットは最高出力571PS、最大トルク800N・mを発生。8段ATを組み合わせている。拡大
荷室容量は505リッターで、これはベースとなった「A8」と同じ数値。後席背もたれのセンターには、スキーホールが備わる。バンパー下の足の動きで作動する「オートマチックトランクリッド」も標準装備されている。
荷室容量は505リッターで、これはベースとなった「A8」と同じ数値。後席背もたれのセンターには、スキーホールが備わる。バンパー下の足の動きで作動する「オートマチックトランクリッド」も標準装備されている。拡大
「S8」の燃費値はWLTCモードで7.8km/リッター。今回の試乗では271.9km走行し、満タン法で6.7km/リッターを記録した。
「S8」の燃費値はWLTCモードで7.8km/リッター。今回の試乗では271.9km走行し、満タン法で6.7km/リッターを記録した。拡大

テスト車のデータ

アウディS8

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5185×1945×1475mm
ホイールベース:3000mm
車重:2290kg
駆動方式:4WD
エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:571PS(420kW)/6000rpm
最大トルク:800N・m(81.6kgf・m)/2000-4500rpm
タイヤ:(前)265/35ZR21 101Y/(後)265/35ZR21 101Y(グッドイヤー・イーグルF1アシメトリック3)
燃費:7.8km/リッター(WLTCモード)
価格:2010万円/テスト車=2269万円
オプション装備:エアクオリティーパッケージ(9万円)/パノラミックルーフ(25万円)/アシスタンスパッケージ<アダプティブウインドスクリーンワイパー、センターエアバッグ>(15万円)/Bang & Olufsen 3Dアドバンストサウンドシステム<23スピーカー>(82万円)/カラードブレーキキャリパー<フロント&リア>(15万円)/コンフォートパッケージ<インディビジュアル電動シート[リア、3人乗車]+コンフォートヘッドレスト[リア]+ランバーサポート[リアサイドシート]+マトリクスLEDインテリアライト+リアシートリモート+リアミュージックインターフェイス>(40万円)/アルカンターラヘッドライニング<ブラック>(25万円)/HDマトリクスLEDヘッドライト アウディレーザーライトパッケージ<アウディレーザーライト+OLEDリアライト>(48万円)

テスト車の年式:2020年型
テスト開始時の走行距離:1240km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3)/高速道路(5)/山岳路(2)
テスト距離:271.9km
使用燃料:40.4リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:6.7km/リッター(満タン法)/7.0km/リッター(車載燃費計計測値)

アウディS8
アウディS8拡大
 
アウディS8(4WD/8AT)【試乗記】の画像拡大
 
アウディS8(4WD/8AT)【試乗記】の画像拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

アウディ S8 の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。