まさかの451万円から! 話題のコンパクトEV「ホンダe」のお値段の是非を問う

2020.08.28 デイリーコラム

「フィット」のハイブリッドが2台買える

国産電気自動車(EV)の新星にして、最近話題の“ホンダのかわいいやつ”こと「ホンダe」。日本仕様の発表と同時に、その価格が早くも話題を呼んでいる。おおむね世間の反応は、「見た目と違って値段はかわいくない!」だろう。それも当然。ベースで451万円、主力と目される「アドバンス」で495万円もするのだ。正直、実車に触れる前は、私も高いと思いましたよ……。

EV市場全体を見渡すと、その思いはより強くなるだろう。「日産リーフ」なら62kWhのリチウムイオン電池を搭載する「e+」(441万1000円から499万8400円)と同等の価格だし、相手がエントリーグレードなら「BMW i3」(「エディションジョイ+」で499万円)や「テスラ・モデル3」(「スタンダードレンジ プラス」で511万円)も見えてくる。もちろん、航続距離はどれもホンダeより長い。

ホンダの他のラインナップと比べても、2モーターハイブリッド「e:HEV」を搭載した「フィット」なら最上級の「e:HEVリュクス」でも約半額。オプションをモリモリに追加してもまだ安い。そもそも国産のハイブリッド車(HV)はどれもよくできていて、走行中の多くの時間でEV感覚が味わえる。HV大国の日本で、生活になじみの薄いEVを積極的に選ぼうという気持ちにはなりづらいだろう。その点も考慮してか、製品に見る強い意気込みに反して、ホンダが掲げたこのクルマの国内販売計画は、年間1000台と非常に控えめである。

ホンダの新型コンパクトEV「ホンダe」。2020年8月27日に、いよいよ日本仕様の詳細が発表された。
ホンダの新型コンパクトEV「ホンダe」。2020年8月27日に、いよいよ日本仕様の詳細が発表された。拡大
カタログで紹介される一充電走行可能距離は、「日産リーフe+」が458km、「BMW i3」は360km、「テスラ・モデル3スタンダードレンジ プラス」は409km(いずれもWLTCモード)と、いずれも「ホンダe」より長い。
カタログで紹介される一充電走行可能距離は、「日産リーフe+」が458km、「BMW i3」は360km、「テスラ・モデル3スタンダードレンジ プラス」は409km(いずれもWLTCモード)と、いずれも「ホンダe」より長い。拡大
同じクラスのコンパクトカーで比較すると、「ホンダe」は「フィット」のハイブリッド車2台分のお値段となる。
同じクラスのコンパクトカーで比較すると、「ホンダe」は「フィット」のハイブリッド車2台分のお値段となる。拡大
ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダe(前編) 2020.8.5 画像・写真 ホンダが新型電気自動車「ホンダe」の日本仕様を公開した。ホンダeは、新開発のEV専用プラットフォームをベースに開発されたコンパクトモデルであり、WLTCモードで282kmの航続距離を実現している。まもなく発売される新型EVの詳細な姿を、写真で紹介する。
  • ホンダe(後編) 2020.8.5 画像・写真 ホンダの都市型EVコミューター「ホンダe」は、新開発の後輪駆動EVプラットフォームを採用。またAIを活用したドライバーアシストや携帯端末をキーとして用いるデジタルキーなど、先進機能の搭載もトピックとなっている。話題満載の最新EVの詳細を、写真で紹介する。
  • 第197回:ホンダeで電費アタック 2021.1.4 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。愛車フェラーリと半分愛車のランボルギーニでスーパーカー、いや化石燃料車を究めた気分になった今、次に狙うはEVである。一番気になる「ホンダe」は果たして実用車たり得るのか。いざ電費をチェック!
  • ホンダeアドバンス(RWD)【試乗記】 2020.10.7 試乗記 コンパクトでキュートなデザインや都市型EVとして割り切った航続距離、発売を前にしての受注ストップなど、話題に事欠かない「ホンダe」。今回は上級グレード「アドバンス」に試乗し、過熱する人気の秘密を探った。
  • あまりに罪つくりな電気自動車「ホンダe」に試乗した 2020.9.9 デイリーコラム かわいいデザインで話題の「ホンダe」に、2020年10月30日の発売を前に乗れるチャンスがやってきた。与えられた試乗時間はわずか30分。渋滞気味の都内一般道で得られた感触をリポートする。
ホームへ戻る