第629回:ツイスティーな峠道で「ランボルギーニ・ウルス」と向き合ってみた

2020.08.29 エディターから一言

ウルスはロールしない

神奈川県箱根町と静岡県御殿場市とを結ぶ乙女峠というワインディングロードがある。全長4kmほどにすぎないこのコースは道幅がタイトで、狭いところだと4mほどだろうか。当然、対向車が来れば譲り合う必要があるし、そもそもカーブミラーのないブラインドコーナーが多く、それなりのクルマで走れば楽しいものの、とかく気を使うことの多い道である。

この乙女峠を「ランボルギーニ・ウルス」で走った。全長×全幅×全高=5112×2016×1638mmというサイズの乗り物をつづら折れの道路で走らせて楽しいのだろうかと懐疑的(というかユウウツ)だった私だが、結論から言えば非常に楽しかった。

もちろんドライビングスキルでねじ伏せたわけではなく、ドライバーは必要に応じてアクセルやブレーキを踏み、ステアリングホイールを左右に回していただけにすぎない。トルクベクタリングと4輪操舵、アクティブロールスタビライゼーションシステムらの助けを借りて、汗ひとつかかずにスポーツドライビングを楽しめたのである。

とりわけ効果的だったと思われるのが、アクティブロールスタビライゼーションだ。2分割されたスタビライザーを電気的に切ったりつないだりするこのシステムのおかげで、ウルスはタイトなコーナーでもほとんどロールせずに曲がる。ここで言う“ほとんど”というのは予防線的に付けただけであり、体感的には「ウルスはロールしない」と断言してもいいくらいだ。

「ランボルギーニ・ウルス」で乙女峠を上る。正直に言うと誘いを受けた時はユウウツな心持ちだった。
「ランボルギーニ・ウルス」で乙女峠を上る。正直に言うと誘いを受けた時はユウウツな心持ちだった。拡大
パワーユニットは最高出力650PS、最大トルク850N・mの4リッターV8ツインターボエンジン。踏めばどこからでもトルクがあふれ出してくる。
パワーユニットは最高出力650PS、最大トルク850N・mの4リッターV8ツインターボエンジン。踏めばどこからでもトルクがあふれ出してくる。拡大
六角形のモチーフが多用されているものの、「アヴェンタドール」や「ウラカン」と比べれば“普通のクルマ”のようなダッシュボードだ。
六角形のモチーフが多用されているものの、「アヴェンタドール」や「ウラカン」と比べれば“普通のクルマ”のようなダッシュボードだ。拡大
ランボルギーニ ウルス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ウルス(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.18 試乗記 ランボルギーニが開発した、スーパーカーならぬ“スーパーSUV”「ウルス」。いざ日本の道でステアリングを握ってみると、他社のSUVとも従来のランボルギーニとも違う走りに、驚かされることとなった。
  • 「ランボルギーニ・ウルス」に初のカスタマイズオプションが登場 2020.6.19 自動車ニュース 伊アウトモビリ・ランボルギーニは2020年6月17日(現地時間)、SUV「ウルス」の新たなデザインエディション「パールカプセル」を発表した。ランボルギーニのデザイン部門であるチェントロ・スティーレが手がけている。
  • ランボルギーニ・ウルス(4WD/8AT)【試乗記】 2018.11.16 試乗記 ランボルギーニが“スーパーSUV”と呼ぶ「ウルス」がいよいよ日本に上陸した。全長5m超のボディーに、最高出力650ps、最大トルク850NmのV8エンジンを備えたこの“猛牛”は、果たして日本の交通事情の中で生き延びていけるのだろうか……。
  • キャデラックXT4スポーツ(4WD/9AT)【レビュー】 2021.4.23 試乗記 キャデラック渾身(こんしん)のニューモデル「XT4」に試乗。はやりのSUVだからといって、ルックスだけの一台と思うなかれ。その仕立てや走りの質は、歴史あるアメリカンブランドのプライドを感じさせるものだった。
  • マセラティが新型ハイパースポーツカー「MC20」を含む2021年モデルの概要を発表 2021.4.14 自動車ニュース マセラティ ジャパンは2021年4月14日、新型のハイパースポーツカー「MC20」や、マセラティ史上初となるハイブリッドパワーユニットを搭載したスポーツセダン「ギブリ ハイブリッド」を含む2021年モデルのラインナップと国内価格を発表した。
ホームへ戻る