つかみかけた上昇の機運を手放す ホンダ「F1参戦終了」のなぜ

2020.10.07 デイリーコラム

「3年で最高5位」から「2年で5勝」への飛躍

2020年10月2日、本田技研工業の八郷隆弘社長が発表した、ホンダが2021年でF1参戦を終了するというニュースは、F1関係者のみならず多くのモータースポーツファンに大きな衝撃と戸惑いを与えた。

本田宗一郎の英断で始まったF1第1期(1964年~1968年)、エンジンサプライヤーとして無敵を誇った第2期(1983年~1992年)、BARへのエンジン供給から、第1期以来となるシャシーを含めたオール・ホンダ体制へと移行した第3期(2000年~2008年)と、ホンダはF1に参戦しては撤退することを繰り返してきた。現在の第4期は、1.6リッターV6ターボハイブリッド規定の開始から1年遅れの2015年にスタートしたが、この挑戦も7年間で幕を閉じることとなった。

第4期の最初の3年間は、かつて8つものタイトルを勝ち取ったマクラーレンとの黄金コンビ復活となったものの、パフォーマンス、信頼性とも著しく低く、60戦して最上位5位、コンストラクターズランキング6位(2016年)がベストという散々な結果に終わった。険悪な関係となったマクラーレンと別れ、2018年にレッドブルのジュニアチームだったトロロッソと再出発。着実に信頼性と力を上げ、2019年には晴れて強豪レッドブルを含む2チーム体制を確立した。

その後の躍進は記憶に新しい。2019年のオーストリアGPでは、マックス・フェルスタッペンがホンダ復帰後初優勝を飾り、ハイブリッド時代の雄、メルセデスに強烈なカウンターパンチを食らわせた。この年は3勝と、フェルスタッペンにとって初となるポールポジション1回を記録。2020年はフェルスタッペンが70周年記念GPで優勝したのに加え、トロロッソからアルファタウリに改名したチームでピエール・ガスリーが劇的な優勝を遂げた。

これまで第4期で記録した勝利数は5勝。ターボハイブリッドとなってからの7年間で、ホンダは、パワーユニットを供給する2つのチームで勝利をおさめたことがある唯一のメーカーとなっている。

今季はレッドブルとともにタイトル獲得を目標に掲げたものの、残念ながらメルセデスに独走を許し、第10戦を終え174点も離されてのコンストラクターズランキング2位という状況。しかし、2チーム体制でパフォーマンス、戦績とも上向き、上昇の機運をつかんだかに見えていただけに、今回の「参戦終了」という発表は事程左様にショッキングであり、多くが「なぜだ?」といぶかしがるのだった。

2015年からのホンダF1第4期は、1988年に16戦15勝を記録するなど黄金期をともにしたマクラーレンとのジョイントでスタート。しかしパワーユニットはパフォーマンス、信頼性のいずれも欠いて苦戦。マクラーレンとの関係は3年で終了。最上位5位(3回)、コンストラクターズランキングは6位(2016年)がベストという寂しい戦績しか残せず、ホンダのプライドとブランドは大きく傷ついた。(写真:Newspress)
2015年からのホンダF1第4期は、1988年に16戦15勝を記録するなど黄金期をともにしたマクラーレンとのジョイントでスタート。しかしパワーユニットはパフォーマンス、信頼性のいずれも欠いて苦戦。マクラーレンとの関係は3年で終了。最上位5位(3回)、コンストラクターズランキングは6位(2016年)がベストという寂しい戦績しか残せず、ホンダのプライドとブランドは大きく傷ついた。(写真:Newspress)拡大
マクラーレンと別れ、2018年にレッドブルのジュニアチームだったトロロッソ(写真)とパートナーシップ締結。ランキングは9位に終わったものの、パワーユニットの信頼性や耐久性向上を確認。翌2019年のレッドブル・ホンダ誕生の足がかりとなる、実りある一年を過ごした。(写真:Getty Images / Red Bull Content Pool)
マクラーレンと別れ、2018年にレッドブルのジュニアチームだったトロロッソ(写真)とパートナーシップ締結。ランキングは9位に終わったものの、パワーユニットの信頼性や耐久性向上を確認。翌2019年のレッドブル・ホンダ誕生の足がかりとなる、実りある一年を過ごした。(写真:Getty Images / Red Bull Content Pool)拡大
2019年、ついに強豪レッドブルにもパワーユニットを供給することになったホンダは、第9戦オーストリアGPでマックス・フェルスタッペン(写真)により復帰後初優勝を遂げた。2020年第10戦終了時までに5勝を記録。ホンダとしての通算勝利数は77勝となった。(写真:Getty Images / Red Bull Content Pool)
2019年、ついに強豪レッドブルにもパワーユニットを供給することになったホンダは、第9戦オーストリアGPでマックス・フェルスタッペン(写真)により復帰後初優勝を遂げた。2020年第10戦終了時までに5勝を記録。ホンダとしての通算勝利数は77勝となった。(写真:Getty Images / Red Bull Content Pool)拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事