第677回:車間注意のお色気バスも!? イタリア版商用車ラッピング事情

2020.10.15 マッキナ あらモーダ!

好調なトラック販売と抱える諸問題

今回はイタリアを走るトラックやバスの楽しいお話である。まずは最近のニュースから。

イタリアでは意外にも、トラックが好調に売れている。車両総重量3.5t以上のトラック登録は、前年同月比で2020年7月が45%アップ、続く8月も31.3%アップといずれも増加している(データ提供:UNRAE)。

新型コロナの影響を受けた上半期(前年同期比34.6%減)とは対照的だ

ただしこの数字には背景があることを、イタリアの商用車専門サイト『オムニフルゴーネ電子版』は2020年9月15日付の記事で指摘している。

イタリアでも走行距離などを記録するタコグラフの装着が長く義務づけられてきた。近年はデジタル式、日本でいう“デジタコ”も導入された。

その流れを受けて、2019年6月15日以降登録の3.5t以上の商用車やバスに、今度はGPS同期型デジタル方式タコグラフの搭載が義務づけられた。

筆者が調べてみると、当該のタコグラフのイタリアにおける価格は、日本円にして最低でも8万円台である。これに取り付け工賃が最低でも約2万円発生する。コスト意識がシビアな運送業界にとっては、決して無視できない金額だ。

そのため、法律施行前夜にトラックの新車需要が高まり、その反動として施行後に落ち込んだ。ゆえに2020年は前年同月で比較すると、大きく伸長したというわけだ。

UNRAEは、残り4カ月の大型商用車販売を左右するのは、新型コロナによる影響で運送業者の流動性資金が枯渇する前に、政府が有効な政策を実施するかどうかにかかっていると訴える。

トラックに関しては、欧州レベルにまで視野を広げれば、また別の課題がある。

欧州各地を往来する長距離トラックの国籍は、ここ20年で様変わりした。実際に路上で観察すれば一目瞭然だが、ポーランドに代表される東欧やバルト三国のナンバープレートを掲げたトラックの増加が著しい。

欧州連合域の拡大で新興国に物流拠点が拡充されたことで、西欧諸国よりも低い賃金で働く運送業者やトラックドライバーが増加したことがその理由だ。

そうしたなか、運送業界における東西ヨーロッパの労働条件の格差解消は、欧州内で大きな課題となっている。特に国境を幾重にもまたいで過労状態で走るトラックドライバーの労働環境が、道路の安全をおびやかすようになっている。

日本では考えられない、大陸ならではの問題なのだ。

高速道路A1号線“太陽の道”のフィレンツェ近郊で。幹線ゆえ、第1車線はトラックによって占められているのが日常風景である。
高速道路A1号線“太陽の道”のフィレンツェ近郊で。幹線ゆえ、第1車線はトラックによって占められているのが日常風景である。拡大
東京納品代行のトラック。個人的には、企業名よりも「ファッションを心で運ぶ」の昭和感あふれる名キャッチのほうが脳裏に焼きつく。東京・表参道で。
東京納品代行のトラック。個人的には、企業名よりも「ファッションを心で運ぶ」の昭和感あふれる名キャッチのほうが脳裏に焼きつく。東京・表参道で。拡大
UCC上島珈琲の営業車。このシンプルなグラフィックは永続性をもつ。東京・表参道で。
UCC上島珈琲の営業車。このシンプルなグラフィックは永続性をもつ。東京・表参道で。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。19年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事