航空機に着想を得た「レクサスLC」の限定車“AVIATION”登場

2020.10.28 自動車ニュース
レクサスLC500“AVIATION”
レクサスLC500“AVIATION”拡大

トヨタ自動車は2020年10月28日、レクサスのフラッグシップクーペ「LC」に、台数70台の限定車“AVIATION(アビエーション)”を設定。2021年1月6日に発売すると発表した。

 
航空機に着想を得た「レクサスLC」の限定車“AVIATION”登場の画像拡大
航空機の主翼の端部にあるウイングレットから着想を得たという、専用CFRPリアウイング。
航空機の主翼の端部にあるウイングレットから着想を得たという、専用CFRPリアウイング。拡大
専用CFRPリアウイングの機能を示すイメージ。ウイングの端部から車体の後方へと縦渦を生成し、空気抵抗や車体揺れの原因となる気流の巻き込みを抑制。これにより、優れた操縦性と走行安定性を実現するという。
専用CFRPリアウイングの機能を示すイメージ。ウイングの端部から車体の後方へと縦渦を生成し、空気抵抗や車体揺れの原因となる気流の巻き込みを抑制。これにより、優れた操縦性と走行安定性を実現するという。拡大
「AVIATION Black」と呼ばれるカラーで仕立てられたインテリア。
「AVIATION Black」と呼ばれるカラーで仕立てられたインテリア。拡大
アロバティックパイロットの室屋義秀選手。今回の限定車は、室屋選手との技術交流から得られた知見が生かして開発された。
アロバティックパイロットの室屋義秀選手。今回の限定車は、室屋選手との技術交流から得られた知見が生かして開発された。拡大
「ホワイトノーヴァガラスフレーク」(写真)のボディーカラーも用意される。
「ホワイトノーヴァガラスフレーク」(写真)のボディーカラーも用意される。拡大

今回の“AVIATION”は、鋭く優雅に大空を舞う鳥や航空機の姿からインスピレーションを得て、空力技術に着目し、より操縦性の高い走りを目指したという特別仕様車。「飛行」を意味する「AVIATION」をテーマに開発された。

ベースとなるのは「LC500/LC500h」。空気の流れを運動性能と乗り心地の向上に利用する「空力操安技術」を生かした、専用のCFRPリアウイングが最大の特徴となっている。

これは、世界的なエアロバティックパイロットである室屋義秀選手との技術交流により生まれたもので、一般的なリアウイングがダウンフォースにより走行安定性を生むのに対して、車両側面の空気の流れを制御することで、素早いヨーレスポンスと滑らかな車両姿勢の変化を実現するもの。さらに、高い剛性と空力性能を誇るスプリット5本スポークのアルミホイールやトルセンLSDも装備することで、走りを磨き上げたという。

そのほかエクステリアについては、ブラック塗装を施したフロントグリルや前後のランプのガーニッシュなどがポイント。インテリアは、特別仕様車専用の「AVIATION Black」仕立てで、サドルタンとのカラーコーディネートにより、空から見た大地の雄大さが表現されている。ステアリングホイールやシフトノブなどの表皮はアルカンターラ仕立てとし、クルマを操る喜びを追求したという。

LC500/LC500h“AVIATION”の特別装備は以下の通り。

  • 専用内装色(AVIATION Black)
  • フロント:245/40RF21、リア:275/35RF21ランフラットタイヤ+鍛造アルミホイール(専用スプリット5本スポーク/ブラック塗装)
  • 専用スピンドルグリル(ブラック塗装)&フレーム(漆黒メッキ)三眼フルLEDヘッドランプ(専用ブラック塗装ガーニッシュ)&ヘッドランプクリーナー(専用ブラック塗装カバー)
  • 専用CFRPリアウイング(固定式)
  • フルLEDリアコンビネーションランプ(専用漆黒メッキモール&ブラック塗装ガーニッシュ)
  • CFRPルーフ
  • ロッカーサイドグリル(専用ブラック塗装モール)
  • 専用スカッフプレート(CFRP製/専用ロゴ入り)
  • 専用アルカンターラシフトノブ
  • 専用アルカンターラステアリングホイール(ソフトレザーパッド/サドルタンステッチ/パドルシフト付き)
  • 専用アルカンターラコンソールボックス
  • 専用アルカンターラドアトリム
  • トルセンLSD
  • オート電動格納式ドアミラー<専用ブラック塗装>(広角、自動防げん、鏡面リバース連動ラストメモリー付きチルトダウン、メモリー、ヒーター付き)
  • カラーヘッドアップディスプレイ
  • アルカンターラのルーフ内張り/サンバイザー/ピラー・ルーフサイドガーニッシュ

価格は以下の通り。ボディーカラーは「ホワイトノーヴァガラスフレーク」「ソニックシルバー」「ブラック」が選べる。

  • LC500“AVIATION”:1500万円
  • LC500h“AVIATION”:1546万円

(webCG)

関連キーワード:
LC, レクサス, 自動車ニュース

レクサス LC の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツE200スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2020.11.14 試乗記 デビュー4年目のビッグマイナーチェンジで、内外装デザインに磨きをかけると同時に安全装備も大幅にアップデートしたという「メルセデス・ベンツEクラス」。エントリーモデルに位置づけられる「E200スポーツ」に試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • BMWアルピナB3リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.7 試乗記 東京モーターショーでの世界初公開から1年、アルピナの最新モデルである新型「B3」がいよいよ日本でも発売された。“アルピナ・マジック”とも称されるシームレスライドと高出力の3リッター直6エンジンが織りなす走りを、裏磐梯のワインディングロードで試す。
  • レクサスLC500コンバーチブル(FR/10AT)【試乗記】 2020.9.4 試乗記 レクサスの新型オープンカー「LC500コンバーチブル」に一般道とサーキットで試乗。開放感たっぷりなのは当たり前、筆者はその官能性と磨き抜かれたスポーツカーとしての資質に、大いに感銘を受けたのだった。
  • レクサスLC500h 2017.3.16 画像・写真 新世代レクサスの変革を象徴するフラッグシップクーペ「LC」がデビュー。このうち、3.5リッターV6エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドバージョン「レクサスLC500h」の姿を写真で紹介する。
  • レクサスLC500コンバーチブル(FR/10AT)【試乗記】 2020.12.2 試乗記 レクサスの最上級スペシャリティーモデル「LC」に、待望の「コンバーチブル」が登場。満を持してリリースされた、現行レクサスで唯一のオープントップモデルは、ライバルとは趣を異にする“ユニークな魅力”の持ち主だった。
ホームへ戻る