「ホンダe」はこうして生まれた! デザイナートークで感じた新時代のホンダデザイン

2020.11.13 デイリーコラム

ホンダ車では前代未聞……だと思う

CO2ゼロの電気自動車(EV)であるとか、生活と自動車をシームレスにつなぐコネクティビティーだとか、あるいは後輪駆動ならではの気持ちいい走りだとか、さまざまな特徴で語られる「ホンダe」だが、その大きな魅力のひとつが“デザイン”にあると言っても、異議を唱える人はいないでしょう。他社のアレやソレのように、このクルマが「エンジン車のパワートレインをモーターにしただけ」の格好だったら、こんなに話題にはなっていないはずだ。

もちろん、記者一人がそう語っているだけなら信ぴょう性はあやしいもんだが、例えばホンダeは、世界的なデザインアワード「レッド・ドット・デザイン賞」でプロダクトデザインの最高賞を獲得。発売前の2019年春にもミラノデザインウイークに登場し、会場で大いに注目を集めたという。ちなみにホンダがこの世界最大のデザインエキシビションに参加したのは、これが初。ホンダeは公道を走りだす前から、ホンダにとってエポックメイキングな存在だったのだ。

一方日本でも、建築家の永山祐子氏やデザイナーを志す学生たちとコラボレーションしたプロジェクト「未来のクリエーターwith Honda e」を実施したり、「Hondaウエルカムプラザ青山」を同車のデザインコンセプト「アフィニティー&モダン」に合わせてコーディネートしたり(2020年11月16日まで)と、さまざまなイベントが展開されている。

かつて、ホンダがここまで自社製品のデザインを押したことがあったろうか? ホンダ車の、日本車のデザインがここまで話題を呼んだことがあっただろうか? いや、ない! ……なんて言い切るのはいささか不安だが、少なくとも記者は、寡聞にして存じ上げない。

かようにデザインコンシャスなホンダeの、まさにデザインにスポットを当てたトークショーが、先述のHondaウエルカムプラザ青山で開催された。登場メンバーはホンダeのデザインに携わった岩城 慎氏、佐原 健氏、明井亨訓氏、半澤小百合氏の4人、そして同ショールームを“ホンダe色”にコーディネートした、インテリアスタイリストの川合将人氏である。

「Hondaウエルカムプラザ青山」にて展示中の「ホンダe」。
「Hondaウエルカムプラザ青山」にて展示中の「ホンダe」。拡大
ガラスケースに飾られた「レッド・ドット・デザイン賞」の表彰状。「ホンダe」はプロダクトデザイン賞(自動車)の「ベスト・オブ・ザ・ベスト賞」と、スマート・プロダクト部門の「レッド・ドット賞」の、2つの賞に輝いた。
ガラスケースに飾られた「レッド・ドット・デザイン賞」の表彰状。「ホンダe」はプロダクトデザイン賞(自動車)の「ベスト・オブ・ザ・ベスト賞」と、スマート・プロダクト部門の「レッド・ドット賞」の、2つの賞に輝いた。拡大
カフェのテーブルでは、ミラノデザインウイークにおける「ホンダe」の展示の様子が、写真で紹介されていた。
カフェのテーブルでは、ミラノデザインウイークにおける「ホンダe」の展示の様子が、写真で紹介されていた。拡大
デザイナートークの参加者。右から、会のファシリテーターを務めた川合将人氏、「ホンダe」のデザインに携わった岩城 慎氏、半澤小百合氏、佐原 健氏、明井亨訓氏。
デザイナートークの参加者。右から、会のファシリテーターを務めた川合将人氏、「ホンダe」のデザインに携わった岩城 慎氏、半澤小百合氏、佐原 健氏、明井亨訓氏。拡大
ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダe(前編) 2020.8.5 画像・写真 ホンダが新型電気自動車「ホンダe」の日本仕様を公開した。ホンダeは、新開発のEV専用プラットフォームをベースに開発されたコンパクトモデルであり、WLTCモードで282kmの航続距離を実現している。まもなく発売される新型EVの詳細な姿を、写真で紹介する。
  • ホンダe(後編) 2020.8.5 画像・写真 ホンダの都市型EVコミューター「ホンダe」は、新開発の後輪駆動EVプラットフォームを採用。またAIを活用したドライバーアシストや携帯端末をキーとして用いるデジタルキーなど、先進機能の搭載もトピックとなっている。話題満載の最新EVの詳細を、写真で紹介する。
  • 「ホンダe」はこうして生まれた! デザイナートークで感じた新時代のホンダデザイン 2020.11.13 デイリーコラム 未来に対する提案に満ちたメカニズムや装備はもちろん、そのデザインでも話題を集めている電気自動車の「ホンダe」。親しみやすさを重視したシンプルなデザインはいかにして誕生したのか? デザイナーたちがそのエピソードを語った。
  • ホンダeアドバンス(RWD)【試乗記】 2020.10.7 試乗記 コンパクトでキュートなデザインや都市型EVとして割り切った航続距離、発売を前にしての受注ストップなど、話題に事欠かない「ホンダe」。今回は上級グレード「アドバンス」に試乗し、過熱する人気の秘密を探った。
  • 第634回:こんなカーライフがあったのか! ホンダ車中泊用アクセサリーのすすめ 2020.11.13 エディターから一言 クルマのオプション&アクセサリーといえば、カーナビ? それともエアロ? ホンダアクセスが開発したさまざまなアイテムは、「使って泊まれる道具」としてのクルマの魅力を、うんと高めるものだった。
ホームへ戻る