アメ車顔した「RAV4」がデビュー!? ミツオカの個性派SUV「バディ」ができたワケ

2020.11.27 デイリーコラム

ワクワクできるSUVを求めて

2020年10月29日、新型SUV「ミツオカ・バディ」のデザインが公開された時は、方々でかなり話題になった。

『webCG』には非常に多くのアクセスがあったし、当のミツオカ関係者も“かつてないほどのお問い合わせ”があって、大いに驚いたらしい。筆者自身、そのイメージを見るや「おお、これは!!」と破顔してしまったひとりだ。

純粋に、かっこいい。というか、新鮮味がある。「現役の車種にクラシカルな顔とお尻をくっつける」というミツオカの開発手法はいまに始まったわけではないが、最新の「トヨタRAV4」にちょい古の「シボレー・ブレイザー」(かな?)という組み合わせは……うむむ、さすが手だれというべきか。

しかし、なんでまたこのコンビネーションなのか?

過去のミツオカ車を振り返ってみれば、往年の「ジャガー・マーク2」に似た「ビュート」に、ロールス・ロイス風グリルが特徴の「ガリュー」。さらにはモーガンっぽい「ヒミコ」など、英国車イメージのクルマが思い浮かぶ。それがアメリカンSUVとは……。わかった、昔の「シボレー・コルベット」に似た前作「ロックスター」(2018年)が売れたのに気をよくしてのことでしょう?

そう思いきや、ロックスターとは関係がないと、関係者はキッパリ。
「“ワクワクできるクルマ”を世に送り出したいというのがミツオカとしての変わらない希望であって、それがなにかを考えた結果が、かつては英国車イメージのクルマ、今回は今回でアメ車イメージのクルマだった、ということなんです」

アメ車続きはたまたま。いま、ちまたに増えてきたSUVはどれもプレミアム一辺倒で、気負わずにTシャツ感覚で乗れる相棒(Buddy)のようなモデルがあまりない、だからそんなSUVを提案したい! そんなミツオカの思いを具現できるのが、結果的に「アメリカンビンテージのSUV」だったというわけだ。

では、数あるSUVの中から、どうしてこの4代目RAV4をベース車両に選んだのか?

2020年11月26日にデビューした、ミツオカ初のSUV「バディ」。2021年6月にデリバリーが開始される。
2020年11月26日にデビューした、ミツオカ初のSUV「バディ」。2021年6月にデリバリーが開始される。拡大
どこか懐かしい、「ミツオカ・バディ」のハーモニカ型グリル。ウインカーはバンパーより下方、ロアグリルの左右にレイアウトされている。
どこか懐かしい、「ミツオカ・バディ」のハーモニカ型グリル。ウインカーはバンパーより下方、ロアグリルの左右にレイアウトされている。拡大
リアまわりのデザインもベースとなった「RAV4」とは全然違う。古いアメ車というよりは、キャデラックの現役SUVに似ているような……。
リアまわりのデザインもベースとなった「RAV4」とは全然違う。古いアメ車というよりは、キャデラックの現役SUVに似ているような……。拡大
インテリアの造形は基本的に「RAV4」と変わらない。ステアリングホイールのセンターにはミツオカのエンブレムが添えられ、独自のドレスアップオプション「専用レザーシート&トリムセット」が用意される。
インテリアの造形は基本的に「RAV4」と変わらない。ステアリングホイールのセンターにはミツオカのエンブレムが添えられ、独自のドレスアップオプション「専用レザーシート&トリムセット」が用意される。拡大
ミツオカ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ミツオカ・バディ20ST(FF/CVT)【試乗記】 2021.6.5 試乗記 そこが下町の路地裏であろうと旅情あふれる温泉街であろうとお構いなし! 「ミツオカ・バディ」が姿を現すところのすべてが、古きよき時代のアメリカ西海岸の空気に塗り替えられてしまうのだ。不思議な魅力を備えた新型SUVの仕上がりやいかに!?
  • メルセデス・ベンツEQA250(FWD)【試乗記】 2021.5.31 試乗記 電気自動車のラインナップ強化にいそしむメルセデス・ベンツから、コンパクトSUVタイプの新型車「EQA」が登場。取り回しのしやすさや、デイリーユースでの使い勝手のよさなどがうたわれるニューモデルの仕上がりを報告する。
  • ホンダが新型「シビック」に関する情報をホームページで先行公開 2021.6.10 自動車ニュース 本田技研工業は2021年6月10日、新型「シビック」に関する情報をホームページで先行公開した。ハッチバックスタイルの新型は2021年秋の発売を予定。これに先駆け、同年6月24日に世界初公開される。
  • トヨタが新型「ランドクルーザー」を発表 2021年夏以降に世界各国で発売 2021.6.10 自動車ニュース トヨタが新型「ランドクルーザー」を世界初公開。軽量・高剛性な新設計のフレームや、2種の新型V6ターボエンジンの採用などにより、悪路走破性を高めつつより快適なクルマに進化しているという。2021年夏以降に、世界各国で発売となる予定だ。
  • BMW 218dグランクーペ プレイ エディションジョイ+(FF/8AT)【試乗記】 2021.5.12 試乗記 FFを基本としたエンジン横置きプラットフォームに、コンパクトな4ドアボディーを架装した「BMW 2シリーズ グランクーペ」。FRを信奉する古くからのファンには敬遠されそうなモデルだが、実際に乗ってみると、FFの乗用車として出色の出来栄えだった。
ホームへ戻る