ダイハツの軽「タント」「タントカスタム」「ミラ イース」が仕様変更

2020.12.01 自動車ニュース
ダイハツ・タントX(写真はボディーカラーが新色「ホワイト×ブルーミングピンクメタリック」のもの)
ダイハツ・タントX(写真はボディーカラーが新色「ホワイト×ブルーミングピンクメタリック」のもの)拡大

ダイハツ工業は2020年12月1日、軽乗用車「タント」「タントカスタム」「ミラ イース」の一部仕様を変更し、同日、販売を開始した。

「ホワイト×ファイアークオーツレッドメタリック」カラーの「タントX」。
「ホワイト×ファイアークオーツレッドメタリック」カラーの「タントX」。拡大
タントカスタムRS“スタイルセレクション”
タントカスタムRS“スタイルセレクション”拡大
ミラ イースG“SAIII”
ミラ イースG“SAIII”拡大

今回、タントのボディーカラーに4色の2トーンカラー(アイスグリーン×シャイニングホワイトパール、ホワイト×ブルーミングピンクメタリック、ホワイト×ファイアークオーツレッドメタリック、ホワイト×レーザーブルークリスタルシャイン)が追加された。価格は「L」(FF車)の124万3000円から「Xターボ」(4WD車)の176万5500円まで。

タントカスタムには、メッキ加飾のフロントフェイスを特徴とする新グレード“スタイルセレクション”を設定。このうち「RS“スタイルセレクション”」のみ、専用の15インチアルミホイールも装着される。価格は「X」(FF車)の172万1500円からRS“スタイルセレクション”(4WD車)の200万2000円まで。

運転支援システム「スマートアシスト」の強化も図られ、タント、タントカスタムともに、夜間歩行者検知機能や路側逸脱警報機能が追加されている。

ミラ イースについては、全グレードでオートライトが標準化された。価格は「B」(FF車)の86万0200円から「G“リミテッドSAIII”」(4WD車)の137万2800円まで。

(webCG)

関連キーワード:
タント, タントカスタム, ミライース, ダイハツ, 自動車ニュース

ダイハツ タント の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • 日産ノートX FOUR(4WD)【試乗記】 2021.6.14 試乗記 「日産ノート」に追加された4WDモデル「X FOUR」に試乗。自慢の「e-POWER」に最高出力68PSの後輪用モーターを組み合わせた最新パワートレインは、簡易的な四駆システムを用いた先代モデルとはまったく次元の異なる走りを味わわせてくれた。
  • フェラーリ812GTS(FR/7AT)【試乗記】 2021.6.11 試乗記 フェラーリのフラッグシップオープンスポーツ「812GTS」に試乗。最高出力800PSを誇る伝統のV12エンジンと、ワンタッチで開閉可能なリトラクタブルハードトップが織りなすオープンエアモータリングを、新緑のワインディングロードで味わった。
  • ジャガーXFスポーツブレイク S D200 AWD(4WD/8AT)【試乗記】 2021.6.12 試乗記 化粧直しはそこそこ? と思いきや、仕様変更でパワーユニットや室内の装備など、見えない部分にまでしっかり手が入れられたジャガーのワゴン「XFスポーツブレイク」。ステアリングを握れば分かる、最新型の乗り味をリポートする。
  • スズキ・ハヤブサ(6MT)【レビュー】 2021.6.9 試乗記 圧倒的な動力性能でファンを魅了し続ける、スズキのフラッグシップモデル「ハヤブサ」。押しも押されもしないメガスポーツ/ウルトラスポーツの“第一人者”は、2度目のモデルチェンジでどのような進化を遂げたのか? 3代目となる新型の走りに触れた。
ホームへ戻る