ダイハツの軽「タント」「タントカスタム」「ミラ イース」が仕様変更

2020.12.01 自動車ニュース
ダイハツ・タントX(写真はボディーカラーが新色「ホワイト×ブルーミングピンクメタリック」のもの)
ダイハツ・タントX(写真はボディーカラーが新色「ホワイト×ブルーミングピンクメタリック」のもの)拡大

ダイハツ工業は2020年12月1日、軽乗用車「タント」「タントカスタム」「ミラ イース」の一部仕様を変更し、同日、販売を開始した。

「ホワイト×ファイアークオーツレッドメタリック」カラーの「タントX」。
「ホワイト×ファイアークオーツレッドメタリック」カラーの「タントX」。拡大
タントカスタムRS“スタイルセレクション”
タントカスタムRS“スタイルセレクション”拡大
ミラ イースG“SAIII”
ミラ イースG“SAIII”拡大

今回、タントのボディーカラーに4色の2トーンカラー(アイスグリーン×シャイニングホワイトパール、ホワイト×ブルーミングピンクメタリック、ホワイト×ファイアークオーツレッドメタリック、ホワイト×レーザーブルークリスタルシャイン)が追加された。価格は「L」(FF車)の124万3000円から「Xターボ」(4WD車)の176万5500円まで。

タントカスタムには、メッキ加飾のフロントフェイスを特徴とする新グレード“スタイルセレクション”を設定。このうち「RS“スタイルセレクション”」のみ、専用の15インチアルミホイールも装着される。価格は「X」(FF車)の172万1500円からRS“スタイルセレクション”(4WD車)の200万2000円まで。

運転支援システム「スマートアシスト」の強化も図られ、タント、タントカスタムともに、夜間歩行者検知機能や路側逸脱警報機能が追加されている。

ミラ イースについては、全グレードでオートライトが標準化された。価格は「B」(FF車)の86万0200円から「G“リミテッドSAIII”」(4WD車)の137万2800円まで。

(webCG)

関連キーワード:
タント, タントカスタム, ミライース, ダイハツ, 自動車ニュース

ダイハツ タント の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • 「ダイハツ・ムーヴ キャンバス」に冬でも快適な特別仕様車「VSシリーズ」が登場 2020.12.14 自動車ニュース 「ダイハツ・ムーヴ キャンバス」に特別仕様車「VSシリーズ」が登場。「G“メイクアップリミテッドSA III”」「G“ブラックインテリアリミテッドSA III”」をベースに、冬場に便利な運転席シートヒーターやリアヒーターダクトなどを標準装備している。
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2020.12.9 試乗記 「フィアット・パンダ」のクロスオーバーモデル「パンダ クロス4×4」が日本に上陸。黄色いボディーにまるで開発テスト車のようなフロントマスクを組み合わせたド派手な個性派の実力を、高速道路や林道で試してみた。
  • トヨタRAV4 PHV G(4WD/CVT)【試乗記】 2020.10.6 試乗記 エコはもちろん、パワフルな走りも自慢。トヨタのミドルクラスSUV「RAV4」にプラグインハイブリッドモデルの「RAV4 PHV」が登場。システム最高出力306PSを誇る高性能バージョンは、“シゲキ”より“上質さ”を感じさせるモデルに仕上がっていた。
  • 三菱eKスペース/eKクロス スペース 2020.2.6 画像・写真 三菱の軽スーパーハイトワゴン「eKスペース」がフルモデルチェンジ。新たに設定されたクロスオーバータイプの「eKクロス スペース」も合わせて、その姿を写真で詳しく紹介する。
ホームへ戻る