「スバル・レヴォーグ」が勝利した理由は? 今年の日本カー・オブ・ザ・イヤーを選考委員が振り返る

2020.12.21 デイリーコラム

商品特性に見る「レヴォーグ」圧勝の理由

2020-2021日本カー・オブ・ザ・イヤー」(以下COTY)の結果は、1位が「スバル・レヴォーグ」(437点)、2位が「ホンダ・フィット」(320点)、3位が「トヨタ・ヤリス/ヤリス クロス/GRヤリス」(300点)となった。レヴォーグの得点が圧倒的に高い。

COTYでは、モータージャーナリストなどからなる60人の選考委員が一人25点の持ち点を持っており、各人がイヤーカーに推すクルマに10点を入れ、その他のクルマに残りの点(一台につき9点以下)を配分する仕組みとなっている。

そこで先ほどの3台を見ると、最高の10点を投じた人数は、レヴォーグ:25人、フィット:11人、ヤリス:13人と、やはりレヴォーグが最も多い。ただしフィットは11人、ヤリスは13人となっており、2/3位については、合計得点と10点を投じた人数の順位が逆転した。

各選考委員が2番目に多く配点した車種もレヴォーグが多いが、僅差でフィットも目立つ。3番目に配点された車種は、レヴォーグが減り、最も多いのはフィットで2位はヤリスだ。このように、レヴォーグの配点は10点と2番目、フィットは2番目と3番目が多い。ヤリスに10点を配点した人数はフィットより2人多いが、“2番目以降の配点”が少なかった。

レヴォーグが、10点に加えて6~9点となる2番目の配点を多く得た最大の理由は、どこを取っても高く評価される商品力だろう。新世代プラットフォームはさらに進化して、走行安定性、操舵感覚、乗り心地のバランスがいい。衝突被害軽減ブレーキや運転支援機能も高度化された。同時にレヴォーグは欠点も見つけにくい。そもそもステーションワゴンというカテゴリー自体、ミニバンのような空間効率は求められず、走りの性能を高く維持しやすい。軽自動車やコンパクトカーと違って価格の安さも問われず、内装の質や乗り心地を高めやすい。

つまりレヴォーグは、カテゴリー的にも有利で、そこに入念な開発を行ったから高得点に達した。10点を別の車種に投じた選考委員も、その次に多い点数をレヴォーグに与えている。

スバル・レヴォーグ
スバル・レヴォーグ拡大
スバル レヴォーグ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る