「スバル・レヴォーグ」が勝利した理由は? 今年の日本カー・オブ・ザ・イヤーを選考委員が振り返る

2020.12.21 デイリーコラム

商品特性に見る「レヴォーグ」圧勝の理由

2020-2021日本カー・オブ・ザ・イヤー」(以下COTY)の結果は、1位が「スバル・レヴォーグ」(437点)、2位が「ホンダ・フィット」(320点)、3位が「トヨタ・ヤリス/ヤリス クロス/GRヤリス」(300点)となった。レヴォーグの得点が圧倒的に高い。

COTYでは、モータージャーナリストなどからなる60人の選考委員が一人25点の持ち点を持っており、各人がイヤーカーに推すクルマに10点を入れ、その他のクルマに残りの点(一台につき9点以下)を配分する仕組みとなっている。

そこで先ほどの3台を見ると、最高の10点を投じた人数は、レヴォーグ:25人、フィット:11人、ヤリス:13人と、やはりレヴォーグが最も多い。ただしフィットは11人、ヤリスは13人となっており、2/3位については、合計得点と10点を投じた人数の順位が逆転した。

各選考委員が2番目に多く配点した車種もレヴォーグが多いが、僅差でフィットも目立つ。3番目に配点された車種は、レヴォーグが減り、最も多いのはフィットで2位はヤリスだ。このように、レヴォーグの配点は10点と2番目、フィットは2番目と3番目が多い。ヤリスに10点を配点した人数はフィットより2人多いが、“2番目以降の配点”が少なかった。

レヴォーグが、10点に加えて6~9点となる2番目の配点を多く得た最大の理由は、どこを取っても高く評価される商品力だろう。新世代プラットフォームはさらに進化して、走行安定性、操舵感覚、乗り心地のバランスがいい。衝突被害軽減ブレーキや運転支援機能も高度化された。同時にレヴォーグは欠点も見つけにくい。そもそもステーションワゴンというカテゴリー自体、ミニバンのような空間効率は求められず、走りの性能を高く維持しやすい。軽自動車やコンパクトカーと違って価格の安さも問われず、内装の質や乗り心地を高めやすい。

つまりレヴォーグは、カテゴリー的にも有利で、そこに入念な開発を行ったから高得点に達した。10点を別の車種に投じた選考委員も、その次に多い点数をレヴォーグに与えている。

スバル・レヴォーグ
スバル・レヴォーグ拡大
スバル レヴォーグ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.1.22 試乗記 いまやスバルの中核モデルへと成長した「レヴォーグ」。六連星(むつらぼし)の新たなフラッグシップと位置づけられる新型は、スポーツワゴンらしい走りと使い勝手のよさが実感できる一台に仕上がっていた。
  • スバル・レヴォーグ1.6GT EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2014.7.29 試乗記 日本を意識して開発したという、新型ワゴン「スバル・レヴォーグ」に試乗。「レガシィ」誕生から25年の節目に生まれた“新顔”の実力を、燃費とあわせて報告する。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(前編) 2021.3.7 思考するドライバー 山野哲也の“目” レーシングドライバー山野哲也が新型「スバル・レヴォーグ」に試乗。新開発の1.8リッターフラット4ターボエンジンやブランド初となる減衰力可変式サスペンションなどを備えた国産スポーツワゴンの雄を、山野はどうジャッジするのだろうか。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.2.23 試乗記 2020年10月のデビュー以来、各方面で高い評価を得ている新型「スバル・レヴォーグ」。その走りのよさは、雪の上でも健在か? 東京から雪の降り積もる群馬・嬬恋方面へのドライブを通し、最新のシンメトリカルAWDの走破性能を確かめた。
ホームへ戻る