クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

「スバル・レヴォーグ」が勝利した理由は? 今年の日本カー・オブ・ザ・イヤーを選考委員が振り返る

2020.12.21 デイリーコラム

商品特性に見る「レヴォーグ」圧勝の理由

2020-2021日本カー・オブ・ザ・イヤー」(以下COTY)の結果は、1位が「スバル・レヴォーグ」(437点)、2位が「ホンダ・フィット」(320点)、3位が「トヨタ・ヤリス/ヤリス クロス/GRヤリス」(300点)となった。レヴォーグの得点が圧倒的に高い。

COTYでは、モータージャーナリストなどからなる60人の選考委員が一人25点の持ち点を持っており、各人がイヤーカーに推すクルマに10点を入れ、その他のクルマに残りの点(一台につき9点以下)を配分する仕組みとなっている。

そこで先ほどの3台を見ると、最高の10点を投じた人数は、レヴォーグ:25人、フィット:11人、ヤリス:13人と、やはりレヴォーグが最も多い。ただしフィットは11人、ヤリスは13人となっており、2/3位については、合計得点と10点を投じた人数の順位が逆転した。

各選考委員が2番目に多く配点した車種もレヴォーグが多いが、僅差でフィットも目立つ。3番目に配点された車種は、レヴォーグが減り、最も多いのはフィットで2位はヤリスだ。このように、レヴォーグの配点は10点と2番目、フィットは2番目と3番目が多い。ヤリスに10点を配点した人数はフィットより2人多いが、“2番目以降の配点”が少なかった。

レヴォーグが、10点に加えて6~9点となる2番目の配点を多く得た最大の理由は、どこを取っても高く評価される商品力だろう。新世代プラットフォームはさらに進化して、走行安定性、操舵感覚、乗り心地のバランスがいい。衝突被害軽減ブレーキや運転支援機能も高度化された。同時にレヴォーグは欠点も見つけにくい。そもそもステーションワゴンというカテゴリー自体、ミニバンのような空間効率は求められず、走りの性能を高く維持しやすい。軽自動車やコンパクトカーと違って価格の安さも問われず、内装の質や乗り心地を高めやすい。

つまりレヴォーグは、カテゴリー的にも有利で、そこに入念な開発を行ったから高得点に達した。10点を別の車種に投じた選考委員も、その次に多い点数をレヴォーグに与えている。

スバル・レヴォーグ
スバル・レヴォーグ拡大

製品の違いが得点の仕方にも表れている

フィットは少し地味な商品でもあるから、10点を投じた人数は11人に限られたが、2番目に多い点数を与えた選考委員はレヴォーグとほぼ同じだ。3番目に多い点数を与えた選考委員の人数は、レヴォーグやヤリスを上回った。今年のCOTYは、スター性のある車種としてレヴォーグが勝ち、フィットは名脇役を演じたと言っていいだろう。10点を投じた人数はレヴォーグの半分以下でも、2/3番目の得点をガッチリと稼いだ。

フィットの外観は人によって評価が異なるが、フロントピラー(柱)を工夫して、前方視界を大幅に向上させた。ボディーの側面を水平基調に改めたので、側方や斜め後ろも見やすい。内装の質を高めて計器類や操作系の視認性も向上させた。燃料タンクは従来型と同じく前席の下に搭載されるため、後席と荷室は、全長が4m前後で全高も立体駐車場を使いやすいコンパクトカーでは最も広い。走行安定性と乗り心地もよくなり、ハイブリッドシステムも2モーター方式の「e:HEV」に進化している。

そして安全装備は、正式には公表されていないながら、右左折時に直進してくる車両や歩行者も検知できるという。フィットは今回のCOTYで、優れた商品開発により地道に得点を伸ばした。クルマの性格がそのままCOTYの得点にも表れている。

その点でヤリスは、後席と荷室が狭く、ファミリーカーとして使いにくい。走行性能はフィットよりも機敏で楽しく、クルマ好きの心に刺さるが、汎用(はんよう)性は低い。そのために10点を投じた選考委員はフィットより多かったのに、2番手以降の得票が下回って、合計点数もフィットより20点少なかった。

ホンダ・フィット
ホンダ・フィット拡大

「ヤリス」と「ヤリス クロス」は同じクルマなのか?

また今回のCOTYでは、前述の通りヤリスとヤリス クロス、GRヤリスが、ひとつの車種として扱われた。日本自動車販売協会連合会の登録台数もヤリスシリーズ全体で集計されるが、少なくともヤリスとヤリス クロスでは、外観が明らかに異なる。一般的な認識では別のクルマだろう。

そうなるとユーザーがCOTYの結果をクルマ選びの参考にする場合、別々にノミネートさせたほうがいいという考え方も成り立つ。「ヤリス」という車種のとらえ方で悩んだ選考委員も多かったと思う。「3車連合はズルイ」という意見も聞いた。仮に、ノミネート車をヤリスだけに絞るなど別の方法を採っていたら、レヴォーグは抜けなくても、フィットを抜いて2位になっていた可能性はあるだろう。

ちなみに私の場合は、悩んだ結果、最も登録台数の多いコンパクトカーのヤリスを念頭に評価した(価格まで含めるとヤリスの評価が最も高かったこともある)。従って、ヤリス クロスとGRヤリスの商品力は、投票に影響を与えていない。

今までにも、第20回(1999-2000)の「トヨタ・ヴィッツ/プラッツ/ファンカーゴ」、第21回(2000-2001)の「ホンダ・シビック/シビック フェリオ/ストリーム」など、複数の車種でエントリーしてCOTYを勝ち取ったケースはある。今回のヤリスもその流れに沿ったものだが、ユーザーがクルマ選びの参考にするという観点では、検討する余地もあるだろう。

最後に、COTYのホームページでは各賞の受賞車とともに、選考委員の投票結果とおのおののコメントが掲載されている。そこまで読んでいただけると、投票の意図が伝わり、クルマを選ぶときの参考にもなると思う。COTYを大いに活用していただきたい。

(文=渡辺陽一郎/写真=日本カー・オブ・ザ・イヤー/編集=堀田剛資)

右から「トヨタ・ヤリス/ヤリス クロス/GRヤリス」。
右から「トヨタ・ヤリス/ヤリス クロス/GRヤリス」。拡大
webCG MoviesYouTube公式
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

スバル レヴォーグ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。