第228回:機械に恋する少女の母はアメ車好き
『恋する遊園地』

2021.01.15 読んでますカー、観てますカー

ヒロインは前髪パッツンの不思議ちゃん

遊園地を舞台にした切ない青春映画。悲しい恋を経験することで、少年は大人への道を一歩踏み出した……。いや、それは『アドベンチャーランドへようこそ』のあらすじだ。『恋する遊園地』も、ラブストーリーのカテゴリーに属する。しかし、男女の恋愛ではないし、LGBTの話でもない。少女が恋するのは人間ではないのだ。

ならば、異類婚姻譚(たん)なのか。そうとも言えるだろう。『鶴の恩返し』に代表される説話類型のことである。映画でもよく取り上げられてきたテーマだ。ディズニーの『美女と野獣』がよく知られているし、日本のアニメにも『崖の上のポニョ』や『おおかみこどもの雨と雪』がある。実写では、アカデミー作品賞を受賞した『シェイプ・オブ・ウォーター』もこのジャンルだ。

動物や妖精との恋愛が描かれているわけだが、『恋する遊園地』はもっと突き抜けた話だ。相手は機械なのである。主人公のジャンヌ(ノエミ・メルラン)は、勤務先の遊園地に設置されている遊具に恋をするのだ。果たしてそんなことが可能なのか。

ジャンヌは前髪パッツンで、いかにも不思議ちゃんという見た目。もちろん、コミュ障だ。人見知りで無口であり、できるだけ人との関わりを持たないようにしている。勤務しているのは深夜の遊園地。彼女にとっては理想的な職場だ。

©2019 Insolence Productions – Les Films Fauves – Kwassa Films
©2019 Insolence Productions – Les Films Fauves – Kwassa Films拡大
 
第228回:機械に恋する少女の母はアメ車好き『恋する遊園地』の画像拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事