生まれ変わった「ベントレー・ベンテイガ」の人気が急上昇!【輸入車ブランドに聞きました2021】

2021.01.25 自動車ニュース
2020年11月に発表されたベントレーの長期事業戦略「Beyond 100」。段階的に電動化を進め、2030年までに全ラインナップを電気自動車にするという。
2020年11月に発表されたベントレーの長期事業戦略「Beyond 100」。段階的に電動化を進め、2030年までに全ラインナップを電気自動車にするという。拡大

「フライングスパー」「コンチネンタルGT」「ベンテイガ」をラインナップし、究極のラグジュアリーカーブランドとして不動の地位を確立しているベントレー。2021年のニューモデルに関する情報を日本のインポーターに聞いてみた。

2020年に国内導入された「ベンテイガ」の大幅改良モデル。
2020年に国内導入された「ベンテイガ」の大幅改良モデル。拡大
2021年にデリバリーが始まるという「フライングスパー」のV8エンジン搭載モデル。
2021年にデリバリーが始まるという「フライングスパー」のV8エンジン搭載モデル。拡大
「コンチネンタルGTマリナー」。ベントレーのビスポーク部門であるベントレーマリナーが仕立てたスペシャルモデルだ。
「コンチネンタルGTマリナー」。ベントレーのビスポーク部門であるベントレーマリナーが仕立てたスペシャルモデルだ。拡大
ベントレーが初めてつくったクルマである「3リッター」。2021年はそれから100年目にあたるメモリアルイヤーだ。
ベントレーが初めてつくったクルマである「3リッター」。2021年はそれから100年目にあたるメモリアルイヤーだ。拡大

9種類のニューモデルを発表予定

――2020年はベントレー、およびベントレーの日本市場にとってどのような一年でしたか?

全世界的にコロナウイルスに翻弄(ほんろう)された年だったと思います。ベントレーも春先に7週間にわたって生産を停止しましたが、いち早く新しい感染対策ルールをつくり、生産を通常の軌道に戻せました。おかげさまで全世界的にはこれまでの記録を更新する1万1206台のクルマを販売することができました。

また、創業101年目を迎えた昨年は、ベントレーの「Beyond 100戦略」に基づき、「電動化」に向けて大きくかじを切ってゆく宣言をした年でした。

サステイナブルなラグジュアリーモビリティーブランドとして、環境対策、地域社会や生物多様性をサポートする活動に力を注いだ年だったと思います。

――現在、お客さまから人気を集めているモデルはどれですか? またオススメのモデルは?

新しく生まれ変わったベンテイガが2020年に発表され、いよいよ日本に上陸しました。従来のベンテイガにも劣らぬ人気ぶりで、多くのお問い合わせをいただいております。

フライングスパーもV8モデルのデリバリーを開始しますし、コンチネンタルGTシリーズの「マリナーモデル」などもお披露目できる予定で、人気が高まるのではないかと考えております。

――アナウンスできる範囲で、2021年の新型車導入スケジュールを教えてください。

まだ具体的なモデル名は伝えられませんが、本社のほうでは2021年に9種類の新型モデルを発表すると宣言しています。いずれも魅力的なモデルとなりますので、発表をお待ちください。

――ファンとユーザー、webCG読者にヒトコトどうぞ!

今年は、ベントレーが初めて「3リッター」というクルマをつくってからちょうど100年目にあたります。自動車を取り巻く環境は大きく変わってきておりますが、創始者であるウォルター・オーウェン・ベントレーの「よいクルマ、速いクルマ、クラス最高のクルマをつくる」という考えは、現在のどのモデルにも、未来のどのモデルにも変わることなく生き続けます。ラグジュアリーで、スポーティーで、控えめだけれど美しいデザインで、クラフツマンの伝統の技や素材のよさを感じられる、ユニークなベントレーというクルマにこれからもぜひご注目ください!

(まとめと編集=webCG藤沢)

関連キーワード:
フライングスパー, コンチネンタルGT, ベンテイガ, ベントレー, 輸入車ブランドに聞きました2021, 自動車ニュース

ベントレー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・フライングスパーV8(4WD/8AT)【試乗記】 2021.6.1 試乗記 ベントレーのフラッグシップサルーン「フライングスパー」にV8モデルが登場。635PSの最高出力を誇るW12に対して、550PSとなるV8の走りとは? 印象的なボディーカラーをまとった導入記念仕様車「ファーストエディション」に試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • ベントレー・フライングスパー(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.25 試乗記 ベントレーの新たな旗艦モデルの座を担う、新型「フライングスパー」が日本上陸。最新のテクノロジーを惜しみなく投入して開発された、ラグジュアリースポーツサルーンの仕上がりをテストする。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ベントレー・ベンテイガ」のV8モデルに試乗。大きく変わった内外装デザインと、リアトレッド拡大やドライブモードの追加で磨きのかかった走りを中心に“元祖ラグジュアリーSUV”の進化を確かめた。
  • ボルボXC90 B6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.20 試乗記 2種類の過給機にマイルドハイブリッドシステムを組み合わせる、ボルボのラージサイズSUV「XC90 B6 AWD」。高速道路や山道を行くドライブ旅に出てみれば、グランドツーリングカーとしての優れた資質が見えてきた。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 X D300/ディフェンダー90 HSE P300【試乗記】 2021.7.15 試乗記 ランドローバーの本格クロスカントリーモデル「ディフェンダー」に、魅力的な2つの仕様が追加された。3ドア・ショートボディーの「90」と、最大トルク650N・mを誇る3リッター直6ディーゼル。日本に導入されたばかりの、両モデルの走りをリポートする。
ホームへ戻る