「ジャガーEタイプ」誕生60周年を記念した特別仕様車「Fタイプ ヘリテージV6エディション」登場

2021.02.01 自動車ニュース
ジャガーFタイプ ヘリテージV6エディション
ジャガーFタイプ ヘリテージV6エディション拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2021年2月1日、2シータースポーツカー「ジャガーFタイプ」に、往年の名車「Eタイプ」の誕生60周年を記念する特別仕様車「Fタイプ ヘリテージV6エディション」を設定し、受注を開始した。

フルエクステンデッドレザー仕立てとなる「Fタイプ ヘリテージV6エディション」のインテリア。フロントシートにはヒーター&クーラー機能が備わる。
フルエクステンデッドレザー仕立てとなる「Fタイプ ヘリテージV6エディション」のインテリア。フロントシートにはヒーター&クーラー機能が備わる。拡大
最高出力380PS、最大トルク460N・mを発生する、ジャガー最後の3リッターV6ガソリンエンジンを搭載。
最高出力380PS、最大トルク460N・mを発生する、ジャガー最後の3リッターV6ガソリンエンジンを搭載。拡大
「フィレンツェレッド」の外装色をまとう「Fタイプ ヘリテージV6エディション」。台数限定4台が販売される。
「フィレンツェレッド」の外装色をまとう「Fタイプ ヘリテージV6エディション」。台数限定4台が販売される。拡大
「Fタイプ ヘリテージV6エディション」の外装色「ユーロンホワイト」は、10台の台数限定で販売。
「Fタイプ ヘリテージV6エディション」の外装色「ユーロンホワイト」は、10台の台数限定で販売。拡大

Fタイプ ヘリテージV6エディションは日本向けの特別仕様車。台数30台限定で販売される。Eタイプ誕生60周年の「6」にちなみ、ジャガー最後の3リッターV6ガソリンエンジンを搭載したという。

ベースモデルは後輪駆動の「R-DYNAMICクーペP380」で、タン色のフルエクステンデッドレザー仕立てとなるインテリアやアクティブスポーツエキゾーストシステム、メリディアンサラウンドサウンドオーディオシステムなどが採用されている。

Fタイプ ヘリテージV6エディションの主な装備は下記の通り。

  • ブラックパック
  • パワーテールゲート
  • 20インチ“スタイル5102”5スポークホイール(グロスブラックフィニッシュ)
  • ヘッドライニング (エボニー、スエードクロス)
  • フルエクステンデッドレザー&ウィンザーレザーパフォーマンスシート (タン)
  • 6ウェイ電動フロントシート (ヒーター&クーラー付き)
  • ヌバックエッジドカーペットマット
  • メリディアンサラウンドサウンドオーディオシステム
  • クライメートパック
  • コンフィギュラブルダイナミクス

価格は1398万円。ボディーカラーは以下5色が設定される(カッコ内は販売台数)。

  • サントリーニブラック(10台)
  • ユーロンホワイト(10台)
  • フィレンツェレッド(4台)
  • インダスシルバー(3台)
  • ブリティッシュレーシンググリーン(3台)

(webCG)

関連キーワード:
Fタイプ クーペ, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー Fタイプ クーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ718ケイマンT(MR/7AT)【試乗記】 2021.6.29 試乗記 ツーリングの「T」を車名に掲げる、ポルシェの2シーターミドシップスポーツ「718ケイマンT」。最大の特徴は、PASMやスポーツクロノパッケージ、機械式リアデフロックなどで強化したスポーツシャシーにある。果たしてその走りやいかに?
  • シボレー・コルベット クーペ3LT(MR/8AT)【試乗記】 2021.7.8 試乗記 ミドシップ化や右ハンドル仕様の設定など、あまたのトピックで注目を集めている“C8”こと8代目「シボレー・コルベット」が、いよいよ日本の道を走りだした。“コルベット史上初”の新機軸が多数盛り込まれた新型の実力をリポートする。
  • ジャガーXF SE R-DYNAMIC P300(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.5 試乗記 優雅さとスポーティーな走りを併せ持つジャガーのEセグメントモデル「XF」が、操作系の刷新を含む改良を受けて、2021年モデルへと進化。パワフルなガソリンターボエンジンと4WDを組み合わせた「XF SE R-DYNAMIC P300」に試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • ジャガーFタイプ クーペ/Fタイプ コンバーチブル【海外試乗記】 2020.2.19 試乗記 マイナーチェンジでフロントフェイスの印象が大きく変わった、ジャガーのスポーツカー「Fタイプ」。では、その走りはどうか? 欧州ポルトガルで、タイプの異なる3モデルに試乗した。
  • ホンダ・グロム(5MT)【レビュー】 2021.7.18 試乗記 グローバルで展開される、ホンダの売れっ子オートバイ「グロム」。第3世代へと進化した最新モデルは、小さいながらも楽しさと実用性を兼ね備えた、完成度の高い一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る