第693回:欧州の自動車CMに新潮流 カタカナ読みっぽい「日本語的アクセント」が流行中!

2021.02.11 マッキナ あらモーダ!

「ゆで加減」が「霊安室」に

筆者がイタリア語で話すときにつきまとうのは、やはり日本語的アクセント、つまりなまりである。会話の最初は頑張っていても、疲れてくると次第に発音が日本語っぽくなってくる。それは、こちらに住み始めて25年が経過した今も変わらない。

知人は仕事でデーブ・スペクターと電話で話したとき、「まったく日本人と変わらなかった」と驚いていたが、その域には程遠い。

1980年代に読んだ小説家・城山三郎の対談録によると、ソニー創業者のひとりである盛田昭夫氏は、日本語アクセントの英語でも臆(おく)することなくビジネス交渉に臨んでいたという。だが、語彙(ごい)の豊富さで補っていたことは事実であろう。筆者のような者がまねできるものではない。

そうかと思えば、発音を張り切りすぎて、変な事態になってしまったこともある。

イタリア料理において「アルデンテ」とは、パスタなどが程よい歯ごたえに調理された状態を表す。実はこの言葉には苦い思い出がある。20年以上前、筆者がイタリアで料理学校の通訳兼広報をしていたときのこと。アルデンテと話したところ、イタリア人の校長が笑いだした。筆者が発音したのは「al dente」ではなく、「a“r”dente(camera ardente=霊安室)」だったのである(イタリア語でカメラは部屋という意味)。日本人が苦手な「l」と「r」の使い分けを、まんまと間違えてしまったのだ。

ところが最近、コテコテの日本語発音が流行の兆候を示し、それはなんと自動車の世界にも及び始めている、というのが今回の話題である。

2021年2月現在、ヨーロッパで放映されている「シトロエンC4」のテレビCM「Oh, Happy day編」から。背景には「BX」や「エグザンティア」など、過去のモデルが続々と登場する。
2021年2月現在、ヨーロッパで放映されている「シトロエンC4」のテレビCM「Oh, Happy day編」から。背景には「BX」や「エグザンティア」など、過去のモデルが続々と登場する。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。21年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事