BMWの「X5/X6/X7」の直6ディーゼルモデルが48Vマイルドハイブリッドを搭載

2021.02.25 自動車ニュース
BMW X5
BMW X5拡大

BMWジャパンは2021年2月24日、BMWのSUV「X5」「X6」「X7」の一部仕様変更を発表した。

X6
X6拡大
X7
X7拡大

今回の仕様変更はX5、X6およびX7の3リッター直6ディーゼルターボエンジン「B57D」搭載モデルが対象。48Vのマイルドハイブリッドシステムを採用し、燃費効率とダイナミクス性能を高めている。

この48Vマイルドハイブリッドシステムは、制動エネルギーを回生して発電する48Vスタータージェネレーターと、その電気を蓄積する追加のバッテリーなどで構成。スタータージェネレーターは最高出力11PSの電気駆動システムとしても作動し、エンジンの負荷を軽減してエネルギー効率の最適化を図るほか、ブースト機能によって発進時および加速中に内燃機関をサポートする。また、コースティング機能も備わる。燃費は「X5 xDrive35d」および「X6 xDrive35d」が12.4km/リッターで、「X7 xDrive40d」が11.9km/リッター(すべてWLTCモード)。従来モデルよりも最大で1.1km/リッターの向上を果たしている。

X7 xDrive40dのB57Dエンジンは48Vマイルドハイブリッドシステムに加えて、マルチステージターボチャージャーとコモンレール式ダイレクトインジェクションシステムを採用。従来モデルよりも75PSと80N・m強力な最高出力340PS、最大トルク700N・mを発生する。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • X5 xDrive35d:945万円
  • X5 xDrive35d Mスポーツ:1043万円
  • X6 xDrive35d:997万円
  • X6 xDrive35d Mスポーツ:1081万円
  • X7 xDrive40d:1114万円
  • X7 xDrive40dピュアデザインエクセレンス:1250万円
  • X7 xDrive40d Mスポーツ:1286万円

(webCG)

関連キーワード:
X5, X6, X7, BMW, 自動車ニュース

BMW X6 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ランドクルーザーZX ガソリン/ZX ディーゼル/GRスポーツ ガソリン【試乗記】 2021.9.10 試乗記 世界中で活躍するトヨタのクロスカントリーモデル「ランドクルーザー」が、新型の「300系」にフルモデルチェンジ。14年ぶりに刷新された“陸の巡洋艦”は、運動性能も快適性も、従来モデルから長足の進化を遂げていた。
  • MINIジョンクーパーワークス クラブマン(4WD/8AT)【試乗記】 2021.8.20 試乗記 マイナーチェンジした「MINIクラブマン」の高性能モデル「ジョンクーパーワークス」に試乗。最高出力306PSのパワーユニットと4WDが組み合わされたステーションワゴンは、ホットな走りとクールなフォルムが魅力の、アガる一台に仕上がっていた。
  • BMW X7 xDrive40d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.27 試乗記 「BMW X7」に、3リッター直6ディーゼルエンジンと48Vのマイルドハイブリッド機構を組み合わせた「xDrive40d」が登場。新しいパワートレインを積んだBMWの3列・フルサイズSUVは、そのコワモテとは裏腹に、フレンドリーで家族思いなクルマに仕上がっていた。
  • BMW X7 2018.10.22 画像・写真 BMWが新しいフラッグシップSUV「X7」を発表。BMWとしては初となる3列シートの大型SUVで、最上級グレード「M50d」には400psの3リッター直6ディーゼルを搭載する。日本にも導入される予定のニューモデルの姿を、写真で紹介する。
  • BMWアルピナD3 Sツーリング(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.15 試乗記 アルピナとして初めて48Vマイルドハイブリッドシステムを採用した「D3 Sツーリング」に試乗。最高巡航速度270km/hを誇るパフォーマンスとWLTP値で13.0km/リッターという燃費性能を両立した、スポーツディーゼルの走りとは?
ホームへ戻る