国内デビューがみえてきた! 新型「スバル・アウトバック」はここに注目

2021.04.19 デイリーコラム

盛り上がるのは海外ばかり?

先日、スバルが発表した新型「アウトバック」の派生車種ともいえる追加モデル「アウトバック ウィルダネス」が登場したのを受けて、日本国内のスバルファンはざわついている。

新型アウトバックが北米市場で先行デビューしたのは2019年の春。ニューヨークオートショーでワールドプレミアとなり、同年の夏から生産が開始された。初代「レガシィ」にはクロスオーバー車が設定されなかったので、アウトバックとしては6代目にあたる。なお、北米市場ではセダン版の「B4」も販売されており、レガシィシリーズとしては7世代目だ。

その後、日本市場への導入がなかなか実現されないまま、スバルは2021年1月にオーストラリア仕様の新型アウトバックを発表。同年3月に発売するとしたうえで、今回は北米市場で派生車種、アウトバック ウィルダネスの発表である。新型アウトバックの国内仕様の発売を待ち焦がれるスバルファンは、一連の報道にやきもきしているのだ。 

今回発表されたアウトバック ウィルダネスの仕様は、内外装や車高、駆動系の制御にいたるまでアウトバックのものを変更するという踏み込んだ内容で、全域にわたりタフなオフローダーらしさを強めている。アウトバックもラダーフレームをもたないフルモノコック車としては最強レベルの悪路走破性能を備えているが、さらに屈強なオフローダーに仕立てられた。悪路走破性能とユーティリティーに特化した姿は、オフロード走行も可能な乗用車のパイオニアである「レオーネ」時代に原点回帰したようにも映る。

2021年3月30日(現地時間)に米国で発表されるや、世界のスバルファンをあっと驚かせた新型車「アウトバック ウィルダネス」。「アウトバック」をベースに、オフロードにおける走破性と機能性が一段と高められている。
2021年3月30日(現地時間)に米国で発表されるや、世界のスバルファンをあっと驚かせた新型車「アウトバック ウィルダネス」。「アウトバック」をベースに、オフロードにおける走破性と機能性が一段と高められている。拡大
“ギア”のイメージがプンプンとただよう「アウトバック ウィルダネス」のフロントフェイス。グリルやバンパーは専用品となっている。
“ギア”のイメージがプンプンとただよう「アウトバック ウィルダネス」のフロントフェイス。グリルやバンパーは専用品となっている。拡大
「スバル・アウトバック」の最低地上高はもともと高めの8.7インチ(約221mm)だが、「アウトバック ウィルダネス」のそれは9.5インチ(約241mm)にまで高められている。
「スバル・アウトバック」の最低地上高はもともと高めの8.7インチ(約221mm)だが、「アウトバック ウィルダネス」のそれは9.5インチ(約241mm)にまで高められている。拡大
スバル レガシィアウトバック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る