FIAの新カテゴリー「電動GT」誕生! EVモータースポーツはこれからどうなる?

2021.04.23 デイリーコラム

メーカーの経営戦略に直結

モータースポーツには「見て」楽しむ方法と「参加して」楽しむ方法がある。見て楽しむEV(電気自動車)モータースポーツの代表例は、2014年に始まったフォーミュラEだ。専用開発したフォーミュラタイプの車両にモーターを搭載し、バッテリーに蓄えた電気エネルギーで走行する。コスト抑制の観点からシャシーとバッテリーは共通。参戦するチームは自分たちでモーターとインバーター、ギアボックス、制御ソフトウエアを開発することができる。

45分間+1周のレースで消費できる電気エネルギーは52kWh。限られたエネルギーをいかに有効に使ってスピードに転化するかが技術の見せどころだ。予選はエネルギーの制約がないので油圧ブレーキを使うが、レースはエネルギーを節約したいので油圧ブレーキはほとんど使わず、モーターの発電機能を使い、減速時の運動エネルギーを電気エネルギーに変換する回生ブレーキに頼る。どこでエネルギーを使い、どこでエネルギーを回生すると速く走れるのかを検証して洗練させていくエネルギーマネジメントが、速く走るための重要なポイントになっている。

アウディとBMWが現在行われているシーズン7限りで撤退するが、ほかにDS、ジャガー、マヒンドラ、メルセデス、日産、ポルシェ、NIOのメーカーが参戦しており、電気でクルマを走らせる技術を競っている。これらのメーカーは経営戦略の一環として量産型EVのラインナップを増やしており、モータースポーツに参戦することで技術を磨くと同時に、参戦の事実と活躍をファンに広くアピールして自社製品の認知と魅力を高めている。

EVによるモータースポーツのトップカテゴリーは、2014年にスタートしたフォーミュラE選手権。7年目となる2020-2021年シーズンからは、正式にFIA公認の世界選手権となった。写真はサウジアラビアでの開幕戦のワンシーン。
EVによるモータースポーツのトップカテゴリーは、2014年にスタートしたフォーミュラE選手権。7年目となる2020-2021年シーズンからは、正式にFIA公認の世界選手権となった。写真はサウジアラビアでの開幕戦のワンシーン。拡大
フォーミュラEのマシン開発から得られた技術は、最新の量産型EVにフィードバックされる。また現在参戦する各メーカーにとっては、EVによるモータースポーツ活動そのものが市場での好感度を上げるものとされている。写真はアウディの今季型マシン。
フォーミュラEのマシン開発から得られた技術は、最新の量産型EVにフィードバックされる。また現在参戦する各メーカーにとっては、EVによるモータースポーツ活動そのものが市場での好感度を上げるものとされている。写真はアウディの今季型マシン。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事