クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

FIAの新カテゴリー「電動GT」誕生! EVモータースポーツはこれからどうなる?

2021.04.23 デイリーコラム

メーカーの経営戦略に直結

モータースポーツには「見て」楽しむ方法と「参加して」楽しむ方法がある。見て楽しむEV(電気自動車)モータースポーツの代表例は、2014年に始まったフォーミュラEだ。専用開発したフォーミュラタイプの車両にモーターを搭載し、バッテリーに蓄えた電気エネルギーで走行する。コスト抑制の観点からシャシーとバッテリーは共通。参戦するチームは自分たちでモーターとインバーター、ギアボックス、制御ソフトウエアを開発することができる。

45分間+1周のレースで消費できる電気エネルギーは52kWh。限られたエネルギーをいかに有効に使ってスピードに転化するかが技術の見せどころだ。予選はエネルギーの制約がないので油圧ブレーキを使うが、レースはエネルギーを節約したいので油圧ブレーキはほとんど使わず、モーターの発電機能を使い、減速時の運動エネルギーを電気エネルギーに変換する回生ブレーキに頼る。どこでエネルギーを使い、どこでエネルギーを回生すると速く走れるのかを検証して洗練させていくエネルギーマネジメントが、速く走るための重要なポイントになっている。

アウディとBMWが現在行われているシーズン7限りで撤退するが、ほかにDS、ジャガー、マヒンドラ、メルセデス、日産、ポルシェ、NIOのメーカーが参戦しており、電気でクルマを走らせる技術を競っている。これらのメーカーは経営戦略の一環として量産型EVのラインナップを増やしており、モータースポーツに参戦することで技術を磨くと同時に、参戦の事実と活躍をファンに広くアピールして自社製品の認知と魅力を高めている。

EVによるモータースポーツのトップカテゴリーは、2014年にスタートしたフォーミュラE選手権。7年目となる2020-2021年シーズンからは、正式にFIA公認の世界選手権となった。写真はサウジアラビアでの開幕戦のワンシーン。
EVによるモータースポーツのトップカテゴリーは、2014年にスタートしたフォーミュラE選手権。7年目となる2020-2021年シーズンからは、正式にFIA公認の世界選手権となった。写真はサウジアラビアでの開幕戦のワンシーン。拡大
フォーミュラEのマシン開発から得られた技術は、最新の量産型EVにフィードバックされる。また現在参戦する各メーカーにとっては、EVによるモータースポーツ活動そのものが市場での好感度を上げるものとされている。写真はアウディの今季型マシン。
フォーミュラEのマシン開発から得られた技術は、最新の量産型EVにフィードバックされる。また現在参戦する各メーカーにとっては、EVによるモータースポーツ活動そのものが市場での好感度を上げるものとされている。写真はアウディの今季型マシン。拡大

意義ある新カテゴリー創設

今季から世界選手権に格上げされたフォーミュラEを統括するFIA(国際自動車連盟)は2021年4月21日、電動GTカテゴリーの創設を発表した。大まかに言えば、市販車をベースにレース車両に仕立てるFIA GT3のEVバージョンである。GT3のエンジンと燃料タンクをモーターとバッテリーに置き換えた格好だ。搭載するモーターは2基または4基、最高出力は430kW(585PS)、最高速は300km/hに達し、0-100km/h加速は2.4秒を想定する。

フォーミュラEは充電せずにレースを走り切る(そのために45分間のタイムレースとしている)が、電動GTはレース中に急速充電を行う。充電時間を短くするため、700kWの高速充電を採用する。現在、国内で整備されているCHAdeMO規格の急速充電の多くが50kW、導入が進みつつある次世代型が150kWであることを考えると、700kWがいかに高性能かわかるだろう。電動GTが搭載するバッテリーの容量は87kWhだが、数分間で60%まで回復させる能力がある。高性能な急速充電の技術をアピールするのも電動GTの狙いだ。

電動GTを開発する自動車メーカーは、2輪または4輪を駆動するモーターを車両の運転状態や姿勢に応じて個別に制御することにより、車両運動性能を向上させる統合制御に取り組むことが可能。この分野はまさに近年、自動車メーカーが積極的に開発に取り組んでいる領域であり、モータースポーツで鍛える意義がある。高性能な電動スポーツカーのニーズは継続的に高まっており、自動車メーカーはそれらのショーケースを求めている。その機運に応えるべく電動GTカテゴリーの創設に乗り出したというのが、FIA側の説明だ。ファンが「見て」楽しむEVモータースポーツは、発展に向けた新たなステップを踏み出そうとしている。

フォーミュラカーよりも身近な存在であるGTマシン。そのEVバージョンで競うというのが、新たに設立された電動GTカテゴリーである。この取り組みも、モータースポーツ界の活性化だけでなく、市販電動スポーツカーの技術開発に寄与することが期待される。
フォーミュラカーよりも身近な存在であるGTマシン。そのEVバージョンで競うというのが、新たに設立された電動GTカテゴリーである。この取り組みも、モータースポーツ界の活性化だけでなく、市販電動スポーツカーの技術開発に寄与することが期待される。拡大
FIAが描く、電動GT出走マシンのイメージ。駆動方式はリアドライブまたは4WDで、車体の最低重量は1490~1530kg、430kWの最高出力を発生し、0-100km/h加速を2.4秒でこなすという。
FIAが描く、電動GT出走マシンのイメージ。駆動方式はリアドライブまたは4WDで、車体の最低重量は1490~1530kg、430kWの最高出力を発生し、0-100km/h加速を2.4秒でこなすという。拡大

競技人口の増加も期待できる

EVは今後、急速に普及すると思う。それはカーボンニュートラルの観点からではなく、運転すると楽しいからだ。

ドライバーに楽しさを提供する最大の理由は、応答性の高さである。アクセルペダルを踏み込むと、間髪入れずに力を出してくれる。しかもリニア。エンジンの場合はエンジンブレーキ程度の弱い減速力しか発生できないが、モーターの場合は減速側も加速側と同程度の力を発生させることができる。だから、制御性が高く、その制御性の高さを利用して車両の姿勢を積極的にコントロールすることができる(その領域を鍛えようというのが新設の電動GT)。

アクセルペダルの動きひとつでクルマの向きを変えやすいのがEVの特徴のひとつだ。そのため、操って楽しい。量産EVの普及によってEVの楽しさを知る人が増えるにつれ、「参加して」楽しむEVモータースポーツの人気は高まっていくに違いない。ひょっとすると「見て」楽しむEVモータースポーツの人気をしのぐほどに。

モータースポーツとEVの親和性は高い。見て楽しむEVモータースポーツは参戦する企業にとって、参加するEVモータースポーツは運転する個人にとって魅力的だからだ。

(文=世良耕太/写真=FIA、日産自動車、アウディ/編集=関 顕也)

EVに対する世のイメージの変化もあってか、フォーミュラEは徐々に盛り上がりをみせてきた。これまでの参戦ドライバーも、ジャック・ビルヌーブ、ネルソン・ピケJr.、ブルーノ・セナ、ピエール・ガスリーなどF1経験者が多数。日本人ドライバーとしては、佐藤琢磨、小林可夢偉、山本左近が出走している。
EVに対する世のイメージの変化もあってか、フォーミュラEは徐々に盛り上がりをみせてきた。これまでの参戦ドライバーも、ジャック・ビルヌーブ、ネルソン・ピケJr.、ブルーノ・セナ、ピエール・ガスリーなどF1経験者が多数。日本人ドライバーとしては、佐藤琢磨、小林可夢偉、山本左近が出走している。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

関連キーワード

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。