大フランス車時代到来の予感!? プジョー&シトロエン躍進の背景に迫る

2021.05.05 デイリーコラム

驚異的な伸び率を記録

先日の「3008」と「リフター」の試乗記でも少し書かせていただいたのだが、最近プジョー、そしてシトロエンにまつわる景気のいい話をよく聞く。

実際、これら2ブランドはわが日本市場でも絶好調である。現在、プジョーとシトロエンにDSを加えた3ブランドを国内展開するグループPSAジャパンによると、2021年の第1四半期(1~3月)において、同社の総販売台数が過去最高を記録したのだ。

もう少し細かく説明すると、3月のプジョーの国内販売台数は1911台。これは前年同月比で+50%以上(!)という記録的な数字で、プジョーの単月販売台数としては過去10年で最高、過去20年でも歴代2位(歴代1位は2003年3月の1973台)にあたる記録という。さらにいうと、2021年第1四半期のプジョー単独の国内販売台数は3907台であり、これも過去最高なのだそうだ。その理由は「208」や「2008」といった台数が稼げるコンパクトカーの2020年来の好調に加えて、年初に3008と「5008」のマイナーチェンジモデルが上陸した新車効果があったと思われる。

また、シトロエンもプジョーに負けず劣らず……というか、ある意味でそれ以上に勢いがある。シトロエンは2021年3月に国内で944台(前年同月比+69.2%)を売り上げたが、これもシトロエンの単月記録では過去最高。そして、この第1四半期の1705台もシトロエンとしては過去最高記録という。グループPSAジャパンによると、シトロエンの今回の好調の背景には、昨2020年に本格上陸した「ベルランゴ」の人気がシトロエンそのものの注目度やディーラー集客力の向上につながって、シトロエン全体の販売増に波及したのだという。

このように日本では今プジョーとシトロエンが絶好調なのだが、もうひとつのDSが足を引っ張っては、冒頭のように“総販売台数”で過去最高を記録するのはむずかしい。実際、DSの国内販売台数は過去最高とまではいかなくても、3月の114台は前年同月比で+46.2%、1~3月の累計(=第1四半期)でも前年同期比+22.8%と、これまた好調なのだ。

プジョーの好調を支える「3008」。2021年1月に導入されたマイナーチェンジモデルからは国内向けにもプラグインハイブリッド車が設定された。
プジョーの好調を支える「3008」。2021年1月に導入されたマイナーチェンジモデルからは国内向けにもプラグインハイブリッド車が設定された。拡大
2020年10月からはカタログモデルとしての販売が始まった「シトロエン・ベルランゴ」。
2020年10月からはカタログモデルとしての販売が始まった「シトロエン・ベルランゴ」。拡大
シトロエン の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事