「フォルクスワーゲン・ティグアン」のマイナーチェンジモデル発売

2021.05.12 自動車ニュース
マイナーチェンジした「フォルクスワーゲン・ティグアン」。導入記念の特別仕様車を含め、全5モデルがラインナップされる。
マイナーチェンジした「フォルクスワーゲン・ティグアン」。導入記念の特別仕様車を含め、全5モデルがラインナップされる。拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2021年5月12日、マイナーチェンジしたSUV「ティグアン」の国内導入を発表。同日、販売を開始した。ラインナップのうち「ティグアンR」のみ、納車が同年後半になる見込み。

新設定された高性能モデル「ティグアンR」。0-100km/h加速4.9秒という俊足を誇る。
新設定された高性能モデル「ティグアンR」。0-100km/h加速4.9秒という俊足を誇る。拡大
新デザインのLEDヘッドランプ。
新デザインのLEDヘッドランプ。拡大
従来の1.4リッター直4ターボエンジンに代えて、1.5リッター直4ターボエンジン(写真)が採用された。
従来の1.4リッター直4ターボエンジンに代えて、1.5リッター直4ターボエンジン(写真)が採用された。拡大
質実剛健なデザインのインテリア。
質実剛健なデザインのインテリア。拡大
フル液晶表示のメータークラスターは、エントリーグレード「TSIアクティブ」以外に搭載される。
フル液晶表示のメータークラスターは、エントリーグレード「TSIアクティブ」以外に搭載される。拡大

320PSの高性能モデルも

LEDヘッドランプをはじめ、フロントまわりのデザインが変更された最新型のティグアン。全幅と全高は据え置きながら、意匠の変更により全長は15mm延長されている。

パワーユニットは、従来の1.4リッター直4ターボエンジンに代えて、1.5リッター直4ターボエンジン(最高出力150PS、最大トルク250N・m)を採用。アクティブシリンダーマネジメント(気筒休止機能)も備わっており、WLTCモードで14.3km/リッターという燃費を記録する。

このほか最高出力320PS、最大トルク420N・mを発生する2リッター直4ターボユニットも用意され、新たな高性能モデルとなるティグアンRに搭載される。ティグアンRは車体前後のデザインや21インチアルミホイール、ブルーのブレーキキャリパー、クロームのデュアルツインエキゾーストパイプなどで他グレードとの差異化が図られ、コーナリング性能を高めるトルクスプリッター付き四輪駆動システム「Rパフォーマンストルクベクタリング」や、取り回し性のよさに寄与するプログレッシブステアリングも備わる。またティグアンR専用開発の走行モードである「RACE」が選択可能で、エンジンサウンドが高まるとともに、トランスミッションやダンパーのセッティングをよりスポーティーなものに変更できる。

ティグアンのマイナーチェンジモデルでは、同一車線内全車速運転支援システム「Travel Assist」やLEDマトリクスヘッドライト「IQ.LIGHT」など、最新の先進運転支援システムもセリングポイント。常時オンライン接続の新世代インフォテインメントシステム「Ready 2 Discover」および「Discover Pro」を採用するなど、コネクティビティーの強化も図られている。

ラインナップと価格は以下の通り。ボディーカラーは新色「ナイトシェードブルーメタリック」を含む8色展開となる(グレードごとの専用色含む)。

  • TSIアクティブ(FF/7AT):407万9000円
  • TSIエレガンス(FF/7AT):483万9000円
  • TSI Rライン(FF/7AT):503万9000円
  • R(4WD/7AT):684万9000円
ティグアンTSIファーストエディション
ティグアンTSIファーストエディション拡大
特別仕様車「TSIファーストエディション」には2トーンカラーのレザーシートが装着される。
特別仕様車「TSIファーストエディション」には2トーンカラーのレザーシートが装着される。拡大
写真のボディーカラーは「TSIファーストエディション」専用色の「ジンジャーブラウンメタリック」。
写真のボディーカラーは「TSIファーストエディション」専用色の「ジンジャーブラウンメタリック」。拡大

合わせて、マイナーチェンジモデル導入記念の特別仕様車「TSIファーストエディション」も販売される。

TSIファーストエディションはTSIエレガンスがベースで、ノワゼット/チタンブラックの2トーンカラーの専用レザーシートとウッドパネルを装着。TSI Rラインと同じブラックルーフライニングや、19インチのアルミホイール、アダプティブシャシーコントロール「DCC」なども備わる。

ボディーカラーは、専用色「ジンジャーブラウンメタリック」を含む全6色。価格はTSIエレガンスより41万円高の524万9000円。

(webCG)

関連キーワード:
ティグアン, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ティグアン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲンTロック 2020.7.15 画像・写真 2020年7月15日に発売された、フォルクスワーゲンの新型コンパクトSUV「T-Roc(Tロック)」。既存の「ティグアン」と「T-Cross(Tクロス)」の間に収まる絶妙なサイズ感とスタイリッシュなデザインが特徴のニューモデルの姿を写真で詳しく紹介する。
  • フォルクスワーゲンTロックTDIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2020.7.17 試乗記 フォルクスワーゲンのニューモデル「T-Roc(Tロック)」がいよいよ日本上陸。「ティグアン」「T-Cross(Tクロス)」に続く国内3車種目のコンパクトSUVは、果たしてどんな個性を備えているのだろうか。
  • フォルクスワーゲンTロックTDI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2020.9.17 試乗記 フォルクスワーゲンから“コンパクトSUV 3兄弟”のトリをかざるニューモデル「Tロック」が登場。「コンパクトSUV市場をロック(rock=揺さぶる)する」というメッセージとともに送り出された新顔の実力を確かめた。
  • 日産ノートX FOUR(4WD)【試乗記】 2021.6.14 試乗記 「日産ノート」に追加された4WDモデル「X FOUR」に試乗。自慢の「e-POWER」に最高出力68PSの後輪用モーターを組み合わせた最新パワートレインは、簡易的な四駆システムを用いた先代モデルとはまったく次元の異なる走りを味わわせてくれた。
  • メルセデス・ベンツEQA250(FWD)【試乗記】 2021.5.31 試乗記 電気自動車のラインナップ強化にいそしむメルセデス・ベンツから、コンパクトSUVタイプの新型車「EQA」が登場。取り回しのしやすさや、デイリーユースでの使い勝手のよさなどがうたわれるニューモデルの仕上がりを報告する。
ホームへ戻る