「フィアット500/500C」に新グレード登場 内外装をリフレッシュ

2021.05.25 自動車ニュース
フィアット500 1.2カルト
フィアット500 1.2カルト拡大

FCAジャパンは2021年5月25日、フィアットのコンパクトカー「500/500C」に新グレードを設定し、同年6月5日に発売すると発表した。

「シチリアオレンジ」の外装色は、5万5000円のオプションカラー。「500/500Cカルト」のみの設定となる。
「シチリアオレンジ」の外装色は、5万5000円のオプションカラー。「500/500Cカルト」のみの設定となる。拡大
500ツインエア ドルチェヴィータ
500ツインエア ドルチェヴィータ拡大
「500 1.2カルト」のインストゥルメントパネル。
「500 1.2カルト」のインストゥルメントパネル。拡大
「500 1.2カルト」のシート。
「500 1.2カルト」のシート。拡大
「500ツインエア ドルチェヴィータ」のインストゥルメントパネル。
「500ツインエア ドルチェヴィータ」のインストゥルメントパネル。拡大
「500ツインエア ドルチェヴィータ」のシート。
「500ツインエア ドルチェヴィータ」のシート。拡大

今回新たに設定されたグレードは「Cult(カルト)」と「Dolcevita(ドルチェヴィータ)」の2つで、これは従来の「1.2ポップ」と「ラウンジ」に代わるもの。1.2ポップとラウンジの両グレードは、現在の在庫をもって販売終了となる。

カルトは、最高出力69PSの1.2リッター直4エンジンと、最高出力85PSの0.9リッター直2ターボ「ツインエア」エンジン搭載車に設定。両パワーユニットとも、2ペダル仕様のATモード付き5段シーケンシャルトランスミッション「デュアロジック」が組み合わされる。ドルチェヴィータは、ツインエア搭載車のみの設定となる。

500/500C 1.2カルトはクルーズコントロールやシフトパドルスイッチ、スピードリミッターが標準装備され、ブルーのシートとドアトリムカラーを採用している。

500ツインエア ドルチェヴィータはクルーズコントロールが標準装備され、フロントフェンダーに「Dolcevita」トリムバッジを追加。シートはブラック/アイスのコンビネーションカラーとなる。

ボディーカラーは、「シチリアオレンジ」(500/500Cカルトのみの設定)と「ポンペイグレー」の2つの新色と、「ボサノバホワイト」「パソドブレレッド」を合わせた全4色をラインナップ。シチリアオレンジ、ポンペイグレー、パソドブレレッドは有償色(5万5000円)となる。

新グレードと価格は以下の通り。

  • 500 1.2カルト:200万円
  • 500ツインエア カルト:221万円
  • 500ツインエア ドルチェヴィータ:261万円
  • 500C 1.2カルト:266万円

(webCG)

関連キーワード:
500, 500C, アバルト, 自動車ニュース

アバルト 500 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アバルト595エッセエッセ(FF/5MT)【試乗記】 2020.10.31 試乗記 「アバルト595」の特別仕様車「esseesse(エッセエッセ)」は、往年の同名モデルをオマージュしたホットハッチ。アクラポヴィッチのマフラーやコニのダンパー、サベルトシートなどでチューンされた刺激的な走りを堪能した。
  • フォルクスワーゲン・ティグアンTSIファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2021.5.22 試乗記 フォルクスワーゲンの正統派SUV「ティグアン」がマイナーチェンジ。導入記念の特別仕様車「TSIファーストエディション」に試乗し、新エンジン「1.5 TSI Evo」や最新世代に移行した運転支援システムの仕上がりを確かめた。
  • フェラーリ・ポルトフィーノM(FR/8AT)【試乗記】 2021.5.21 試乗記 今や少数派となったリトラクタブルハードトップを採用する2+2シーター「フェラーリ・ポルトフィーノM」に試乗。マラネッロの開発陣が磨きをかけたパワートレインやシャシーの仕上がりを中心に、先代「ポルトフィーノ」からの進化を探ってみた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アウディA3スポーツバック ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2021.6.8 試乗記 フルモデルチェンジした「アウディA3スポーツバック」に試乗。導入記念の限定モデル「ファーストエディション」を郊外に連れ出し、低燃費化とプレミアムな走りを両立させるという1リッター直3ターボ+48Vマイルドハイブリッドの仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る