第709回:【Movie】大矢アキオが没後120年を迎えたG.ヴェルディの生家へ そこはコンビニ兼ホテル兼郵便局だった!

2021.06.10 マッキナ あらモーダ!

ヴェルディは街道沿い生まれ

2021年はオペラ『椿姫』『アイーダ』『ナブッコ』などで知られるイタリアの作曲家、ジュゼッペ・ヴェルディ(1813~1901年)の没後120年にあたる。

今で言うところの人気アーティストだったヴェルディは、活躍した時期がイタリアの国家統一と重なった。それによって時代の寵児(ちょうじ)となり、愛国心に燃えた人々によって、果ては政界にまで引っ張り出された。

『ナブッコ』のアリア『行け、わが思いよ 黄金の翼に乗って』は、フェラーリがF1で勝利するたびに演奏されるミケーレ・ノヴァーロ作曲『マメーリの賛歌』とは別に、“第2の国歌”として今日でも熱く支持されている。

ところでヴェルディは、馬車にはそれなりのこだわりがあったようで、ミラノのカロッツェリアに豪華内装のフェートン型やクーペ型を発注し、一部は現存している。

しかし、残念ながら彼の生きた当時は自動車の時代にはわずかに早かった。

同じオペラ作曲家として知られ、45年遅く生まれたジャコモ・プッチーニ(1858~1924年)が、自らド・ディオン・ブートンやイソッタ・フラスキーニ、そしてランチアの「ラムダ」といった自動車のステアリングを握ったり、サイドカーでさっそうと移動したりしていたのとは対照的である。

加えて、作風がロマンチックというよりは壮大であることも手伝って、やはり筆者自身には、プッチーニと比較するといまひとつ遠い時代の人物という印象が強かった。

今回は、そのヴェルディの生家訪問記である。北部パルマ県ブッセート村のレ・ロンコレという地区だ。

県道19号線脇の十字路に面した2階建て家屋は、18世紀末にヴェルディの祖父が住居兼店舗として借り始めたものである。当初は販売許可を取得したタバコや酒類を扱っていたが、やがて食堂と食料品店も兼ねるようになった。

父カルロの代になると、旅籠屋(はたごや=食事付きの宿)や薬局、さらには郵便局も兼ねるようになっていった。

サラミやワインが入れてあった物置は、今も残っている。また、道を一本挟んだところに移転してはいるものの、村の郵便局は現在でも営業しており、こちらも大作曲家の時代を間接的ながらほうふつとさせる。

本人が住んでいた時代よりあとだが、1930年代までは市電の線路も脇を通っていた。

今日で言えば、ヴェルディの実家は、さながらモーテル併設のコンビニエンスストアといったところだ。ヴェルディの少年時代、家の前には旅人たちの馬や郵便馬車が、今日のクルマのごとくたたずんでいたに違いない。

ちなみにそうした業態の名残は、今でもドイツやスイスの山岳地方に見られるが、イタリアではほぼ消滅している。

やがてヴェルディは向かいに建つサン・ミケーレ教会で、オルガニストとして音楽家の一歩を記す。

名作曲家の実家はコンビニ。そう考えると、旧市街で生粋の音楽家の家系に生まれたプッチーニ以上に、親しみが湧いてきたのであった。

【G.ヴェルディの生家訪問記】

(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>/動画=Akio Lorenzo OYA、大矢麻里<Mari OYA>/編集=藤沢 勝)

動画から。パルマ県ブッセート村レ・ロンコレに今も残る作曲家ジュゼッペ・ヴェルディの生家。
動画から。パルマ県ブッセート村レ・ロンコレに今も残る作曲家ジュゼッペ・ヴェルディの生家。拡大
ヴェルディの生家は街道沿い。旅籠屋兼郵便馬車の中継所だった。
ヴェルディの生家は街道沿い。旅籠屋兼郵便馬車の中継所だった。拡大
旅籠屋時代の帳簿が残る。
旅籠屋時代の帳簿が残る。拡大
寝室からの風景。右奥にヴェルディゆかりの教会が見える。
寝室からの風景。右奥にヴェルディゆかりの教会が見える。拡大
屋根裏部屋に続くはしごと、案内してくれたスタッフのカロリーナ・トスカーニさん。
屋根裏部屋に続くはしごと、案内してくれたスタッフのカロリーナ・トスカーニさん。拡大
ヴェルディの生家からダッシュする筆者。以上はすべて2020年9月に撮影。
ヴェルディの生家からダッシュする筆者。以上はすべて2020年9月に撮影。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。21年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事