ホンダとコマツが電動パワーショベルを開発 交換式バッテリーを使った作業現場の電動化を推進

2021.06.11 自動車ニュース
「モバイルパワーパック」を搭載した電動マイクロショベルの試作車。
「モバイルパワーパック」を搭載した電動マイクロショベルの試作車。拡大

本田技研工業(以下、ホンダ)と建設機械などを手掛けるコマツは2021年6月10日、ホンダの交換式バッテリー「モバイルパワーパック」を用いたマイクロショベルの電動化や、建設機械・機材に使用する土木・建設業界向けバッテリー共用システムの構築について、共同開発を行うことで基本合意したと発表した。

 
ホンダとコマツが電動パワーショベルを開発 交換式バッテリーを使った作業現場の電動化を推進の画像拡大
 
ホンダとコマツが電動パワーショベルを開発 交換式バッテリーを使った作業現場の電動化を推進の画像拡大

モバイルパワーパックとは、ホンダが開発した交換式のバッテリーであり、すでに「PCXエレクトリック」や「ベンリイe:」「ジャイロe:」といった同社製の電動二輪車/電動三輪車に採用されている。一方、コマツは2020年4月にバッテリー駆動式のミニショベルを国内市場に導入するなど、環境負荷の低い製品の開発に取り組んできた。

今回の発表では、両者は管工事や造園、農畜産などの現場で利用されることの多いコマツのマイクロショベル「PC01」を、モバイルパワーパックと電動パワーユニット(eGX)を搭載することで電動化し、2021年度中の市場導入を目指すとしている。

このマイクロショベルの電動化については、騒音・排熱の大幅な低減や、“排出ガスゼロ”による環境負荷の抑制などが利点として挙げられており、屋内外問わずさまざまな作業環境で快適に作業ができるようになるという。さらにモバイルパワーパックは交換式なので、予備さえあれば充電を待たずに電動機器を使い続けることが可能なことから、作業現場への電気エネルギー供給の容易化、ユーザーの利便性向上にも寄与すると説明されている。

また同モデルの市場導入後、両者は土木・建設の現場へモバイルパワーパックを供給し、電動建機の利便性向上に向けた実証実験を推進。将来的には他のマイクロショベルや1tクラスまでのミニショベルの電動モデルも開発するほか、モバイルパワーパックを活用した現場機材の電動化や、これらの製品・サービスの海外展開についても共同で検討していくとしている。

(webCG)

関連キーワード:
ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事