第710回:問題がないほうが問題だ!? イタリアの街を走る古い韓国車に大矢アキオが注目

2021.06.17 マッキナ あらモーダ!

立派になる前夜

デザイン的な視点だけで言えば、「テスラ・サイバートラック」と並んで筆者が欲しいと思う一台として、ヒュンダイのコンパクトクロスオーバーSUV「アイオニック5」がある。

2021年2月に発表されたこの電気自動車(EV)は、大胆なZ型のキャラクターラインを持つ。フロントフェイスの造形にも緊張感がみなぎり、なおかつ見る者に威圧感を与えない。

そのベースとなったのは2019年のフランクフルトモーターショーで公開されたコンセプトカー「ヒュンダイ45コンセプト」。これをかなり巧みに生産モデル化している。

イタリアでは2021年9月の発売予定で、価格は4万4750ユーロ(約597万円)からの設定だ。

気がつけば、街を走っている現行の韓国ブランド車も、ずいぶんと立派になった。

ヒュンダイと同じグループであるキアのSUVで、2021年に30周年を迎えた「スポルテージ」には2万5500ユーロ(約340万円)のプライスタグが下げられている。

ちなみにキアは2021年からコーポレートアイデンティティー(CI)を刷新。よりモダンになった。

しかしながら、街を走るクルマの60%以上が車齢11年超(データ出典:UNRAE)というイタリアである。

それがアイオニック5の祖先であるとはとても想像できないような、あるカテゴリーの韓国ブランド車が、今でも大量に走り回っているのだ。一体どのようなクルマだろうか。

ヒュンダイ・アイオニック5
ヒュンダイ・アイオニック5拡大
2021年にシエナの街で見かけた韓国ブランド車から。「ヒュンダイ・アイオニック ハイブリッド」。5月に撮影。
2021年にシエナの街で見かけた韓国ブランド車から。「ヒュンダイ・アイオニック ハイブリッド」。5月に撮影。拡大
「アイオニック ハイブリッド」は当初業界で予想されたような“プリウスキラー”にはならなかった。だが、ヒュンダイにおける電動化戦略の先陣を切った。
「アイオニック ハイブリッド」は当初業界で予想されたような“プリウスキラー”にはならなかった。だが、ヒュンダイにおける電動化戦略の先陣を切った。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。21年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・グロム(5MT)【レビュー】 2021.7.18 試乗記 グローバルで展開される、ホンダの売れっ子オートバイ「グロム」。第3世代へと進化した最新モデルは、小さいながらも楽しさと実用性を兼ね備えた、完成度の高い一台に仕上がっていた。
  • 第210回:カーマニア最後の桃源郷 2021.7.5 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。愛車4台がすべて後輪駆動となったいま、カーマニアとして「人生の目的は達した」はずなのだが、なぜかココロは満たされない。その足りない何かに気づき、中古車サイトで検索したのは、まさかの“軽トラ”だった!
  • ホンダ・レブル1100 Dual Clutch Transmission(6AT)【レビュー】 2021.7.1 試乗記 大人気の「レブル250」をそのまま大きくしたかのような、ホンダの新型バイク「レブル1100」。自動変速が可能なそのATバージョンは、乗り手やステージを選ぶことのない、懐の深い走りを味わわせてくれた。
  • ヤマハMT-09 SP ABS(6MT)【レビュー】 2021.7.9 試乗記 アグレッシブな走りとスタイリングが自慢の、ヤマハのネイキッドスポーツモデル「MT-09」がフルモデルチェンジ。高い機動性に加え、上質なライドフィールも得た新型は、ヤマハ製スポーツバイクのスタンダードと呼べるマシンに仕上がっていた。
  • 第211回:究極のオッサン殺し 2021.7.19 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。ここ2年で劇変したアウディが気になる。エリート感あふれる「A6」もいいが、サイズ的にはやはり「A3」に興味が湧く。ならば、と試乗した高性能モデル「S3セダン」の走りにノックアウトされた!
ホームへ戻る