第681回:【Movie】奥さまは(2度目の)18歳!? 半世紀前の「フィアット500」がもたらす若返り効果

2020.11.12 マッキナ あらモーダ!

趣味ではないのに突然購入!

知人のルチアが「フィアット500」を買ったと教えてくれた。

筆者は、とっさに現行の500か、それとも本連載の第678回に登場した170型「チンクエチェント」か? と確認した。だが、そのいずれでもなく2代目500の1968年式、イタリア語で「ミッレノヴェチェントセッサントット」だという。厳密には改良型の「500F」である。

ルチアは筆者が24年前、イタリアに初めて住んだときの家主である。本人が特別な自動車好きではないことは当時から十分に知っていた。その証拠に、筆者が知り合った時代からの車歴は「フィアット126」→2代目「日産マイクラ(日本名:マーチ)」→GM大宇製「シボレー・マティス」となる。

500を購入した理由を聞くと、「車庫に入るから」と即座に答えが返ってきた。

「車庫」とは、自宅から走行距離にして2km離れた旧市街のガレージである。観光ガイドという職業ゆえ、毎日の通勤用に長年所有している物件だ。

もともと17世紀に女子修道院の一部として建造された、その車庫の間口は1.9m。前述したようなクルマの全幅なら、楽勝で入るではないか? というと、そうはいかなかった。

面している道が急坂なうえ、車庫内部が道と直角ではない。さらに、路上にスクーターが駐車されていることが頻繁にある。そうした諸事情が重なり、実質的な間口はもっと狭いのである。事実、以前に乗っていたどのクルマの側面にも、壁と接触してできたと思われるいくつものキズがあったものだ。

本人いわく、ワケあって車庫内に壁を作ることになり、さらに狭くなってしまったという。悪いことはさらに重なるもので、当時乗っていたシボレー・マティスが突然逝ってしまった。

そこで、夫で医師のアルベルトとリサーチを重ねた結果、先代500が最も楽であることが判明したという。

インターネットで検索を開始。ただし、イタリア古典車協会(ASI)の認定歴史車両であることを条件にした。この制度は登録後30年以上が経過し、なおかつオリジナル状態を維持しているクルマを保護するもので、自動車税と保険料が優遇される。さらにイタリア・シエナの場合、認定車両はいつでも旧市街を走行できるという制度もあるからだった。

ようやく探し当てたのは、15km離れた町にあるクルマだった。もともと売り主の母親が長年乗っていたものだった。オドメーターは走行11万3000kmを指していたが、52年前のクルマゆえ「何回転しているかは、もはや不明」とルチアは笑う。

支払ったのは3400ユーロ(約42万円)で、売り主が自ら届けてくれた。ということで、オーナーとなったルチアに、自宅を出発して旧市街のガレージまで行き、そこで車庫入れパフォーマンスをしてもらったのが今回の動画である。

旧市街では、リストランテやカフェの屋外席で食事を楽しむ人々からの「カリーナ(かわいい)!」「ピッコリーナ(小さい)!」という声が、開け放たれたルーフから次々飛び込んでくる。かと思えば撮影中はルチアに話しかける人々が続出した。「知り合いか?」と聞けば「全然知らない人」だという。

同じ古いクルマでも、高級モデルでは決して得られない、通りを行く人々とのシンクロ感が500にはある。

ルチアはステアリングを操りながら「手に入れてみたら、18歳に戻った気がしたわ」と笑う。聞けば、1958年生まれの本人が最初に運転したのは、姉が乗っていた水色の500だったという。「ダブルクラッチが必要なのも、思い出のうちよ!」

夫でローマ生まれのアルベルトも「500は自由の象徴。あのころは、時に7~8人が乗車して街中走り回ったものさ」と回想する。

趣味ではなく実用本位で500を手に入れたルチアだが、思わぬ若返り効果もあったというわけだ。小さなタイムマシンだ。

青春時代を過ごしたクルマが今でも手に入り、かつ毎日楽しめるイタリア人を、なんともうらやましく思った筆者であった。

【ルチアのフィアット500】

(文と写真=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>/動画=大矢麻里<Mari OYA>/編集=藤沢 勝)

ルチアがこのたび入手した1968年「フィアット500F」。
ルチアがこのたび入手した1968年「フィアット500F」。拡大
購入の目的はただひとつ。シエナ旧市街にある車庫に容易に収めるためだった。
購入の目的はただひとつ。シエナ旧市街にある車庫に容易に収めるためだった。拡大
かつてガレージは、17世紀に建てられた女子修道院の一部だった。
かつてガレージは、17世紀に建てられた女子修道院の一部だった。拡大
夫で医師のアルベルト(写真左)と。「若いころ、『500』のスピードは遅かったけど、そんなことはどうでもよかった。自由を獲得できたのだ」
夫で医師のアルベルト(写真左)と。「若いころ、『500』のスピードは遅かったけど、そんなことはどうでもよかった。自由を獲得できたのだ」拡大
旧市街を後に帰宅。2020年10月に受けた車検費用(2年ごと)は、66.9ユーロ(約8200円)だった。
旧市街を後に帰宅。2020年10月に受けた車検費用(2年ごと)は、66.9ユーロ(約8200円)だった。拡大
実用本位で購入した「500」だったが、ふたりにとっては青春時代を回想する、よきアイテムにもなった。
実用本位で購入した「500」だったが、ふたりにとっては青春時代を回想する、よきアイテムにもなった。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。21年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

フィアット 500 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2021.3.24 試乗記 見た目は驚くほど個性的だが、その走りに、他のクルマでは得難い特徴はあるか? フィアットのマニアックなコンパクトクロスオーバー「パンダ クロス4×4」の乗り味を、北海道の雪道でチェックした。
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2020.12.9 試乗記 「フィアット・パンダ」のクロスオーバーモデル「パンダ クロス4×4」が日本に上陸。黄色いボディーにまるで開発テスト車のようなフロントマスクを組み合わせたド派手な個性派の実力を、高速道路や林道で試してみた。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • フィアット500Xクロスプラス(4WD/9AT)【試乗記】 2016.3.4 試乗記 ジープと共同開発されたフィアット初のコンパクトSUV「500X」。見た目以外の「フィアットらしさ」はどこにあるのか? 1.4リッター直4マルチエアターボエンジンと9段ATを組み合わせた4WDの「クロスプラス」で新潟を目指した。
  • どうせ買うなら価値あるクルマ 値上がりしそうな新車はコレだ! 2020.12.25 デイリーコラム ちょっと古めのあのクルマに、とんでもない高値がついている!? しばしばクルマ好きの耳に入る、そんな中古車のびっくりニュース。では新車のなかで、大事に持っていたら価値の出るクルマは……? ずばり、この5モデルに違いない。
ホームへ戻る