No Garage, No Life! | 日本ドアコーポレーション

愛車の住処に豊かな表情を 多彩なラインナップの「ガレージドア」 2021.07.05 Gear Up! 2021 Summer 住宅の顔としても重要な役割を果たすガレージドアは、機能性はもちろん、周囲との調和も重視して選びたい。そんな要望に応えてくれるのが日本ドアコーポレーションの製品である。

せり上がってガレージの天井に収まるオーバーヘッドタイプのガレージドア。専門メーカーの日本ドアコーポレーションは、ドアの材質(木製、スチール製)、防火や断熱など、求められる機能に合わせた豊富なモデルを取りそろえている。なかでもスチール製電動ガレージドアの新製品である「RVタイプ」は、高品質とスマートなデザインが特徴だ。

1枚につき1本のリブが入るドアパネルは、表面にエンボスがないスムーズ仕上げ。カラーは標準でミルキーホワイトとディープマットブラックの2色、オプションでマットシルバーとメタリックシルバーの2色が用意され、建物の外観になじむカラーを選択可能。高級感のあるパネルが建物を引き立てる。

パネルは内部に環境にやさしく火災にも強い、ノンフロン難燃ウレタンを入れた厚さ40mmの高断熱構造。高さ500mmと610mmの2種類のパネルを組み合わせて、間口に合わせたイージーオーダーができる。製作可能なサイズは幅が5400mmまで、高さは2500mmまでと、クルマ2台が並ぶガレージにも余裕で対応する。 

電動開閉システムは、ドイツのMarantec社製。チェーンやシャフトドライブに比べ作動音が静かで振動も少ない、DCモーターによるベルトドライブを採用。ドア開閉速度は、開口高さが2100mmの場合で約14秒だ。

動き出しと停止前は特に静かに作動するソフトスタート、ソフトストップ機能により、システムへの負荷が軽減され耐久性が向上。また作動中に光電センサーと負荷感知センサーが障害物を検知した場合、ドアを即座に停止して「開」方向に戻す。さらに停電時などは簡単に手動に切り替えることができ、安全対策も万全である。

(文=沼田 亨)

問い合わせ:日本ドアコーポレーション 0123-22-2105

RVタイプは最小1.5m~最大5.4mの間口幅を製作可能。ドアパネルは標準2色のほか、写真のマットシルバーを含む計2色のオプションカラーを用意する。
RVタイプは最小1.5m~最大5.4mの間口幅を製作可能。ドアパネルは標準2色のほか、写真のマットシルバーを含む計2色のオプションカラーを用意する。拡大
日本ドアコーポレーションではRVタイプをはじめとするスチール製ガレージドアのほか、高品質かつリーズナブルな木製ガレージドアを製作する。開閉機構はドイツMarantec社製の電動オープナーを採用。省電力リモコン(2個)やウォールコンソールスイッチ等が付属品として用意される。パネルの標準塗色はミルキーホワイトとディープマットブラックの2種が用意される。
日本ドアコーポレーションではRVタイプをはじめとするスチール製ガレージドアのほか、高品質かつリーズナブルな木製ガレージドアを製作する。開閉機構はドイツMarantec社製の電動オープナーを採用。省電力リモコン(2個)やウォールコンソールスイッチ等が付属品として用意される。パネルの標準塗色はミルキーホワイトとディープマットブラックの2種が用意される。拡大
 
No Garage, No Life! | 日本ドアコーポレーションの画像拡大