第712回:お値段以上のありがたみ イタリアにある家族経営の並行輸入車店に密着

2021.07.01 マッキナ あらモーダ!

家族で営む輸入車店

筆者が住むイタリア・シエナに、一軒の自動車販売店がある。

旧市街からでもなんとか歩ける州道沿いにあって、ロータリーに面している。主にドイツ系ブランドのクルマが、屋外に3~4台、店内に2台展示されているのが常だ。

店名はセナウト(Senauto)という。日本で言うところの並行輸入車店であるが、街を歩けば、この店が売ったことを示すナンバープレート用フレームを付けたクルマにたびたび出会う。わが家の近くに路上駐車している2代目「メルセデス・ベンツ・ビアノ(Vクラス)」も同様だ。恐らく新車時代は観光ハイヤーのドライバーが使っていたものだろう。

さらに驚いたことに、店のSNSを検索すると、彼らの“友達”リストの中に筆者の知人が次から次へと見つかった。いずれも知名度の高さを感じさせる。

店を仕切っているのは、リヴィオさん&フェデリコさんという父子である。

「ドイツ系6ブランドが私たちの主な取り扱い車種です」と彼らは説明してくれた。6ブランドとは、BMW&MINIにフォルクスワーゲン、アウディ、メルセデス・ベンツ、そしてポルシェを示す。

父親のリヴィオさんによれば目下の売れ筋は「ポルシェ・マカン」だ。イタリアの道路にふさわしいコンパクトなサイズにもかかわらず、上級車種「カイエン」に引けを取らない高級感が人気のようだ。価格も彼らの強みである。正規ディーラーの新車と比較して、最大で2万ユーロ(約265万円)お買い得という。

悩みは、ドイツでも人気のモデルゆえ「クルマが見つからないことが唯一の問題です」とリヴィオさんは苦笑する。

顧客の求めにも応じる。イタリアのディーラー仕様にはないハイパフォーマンス仕様や、中古車市場で見つけにくいAT仕様の引き合いが多いという。

かくいう筆者も、数年前に彼らの店でクルマを探してもらったことがあった。

今まで2台連続で購入していたディーラー系認定中古車センターに、気に入った車体色のクルマがなかったのである。そのうえ、いまだ都市部以上にマニュアル車が多いシエナで、AT車であり、なおかつクルーズコントロールが装着された中古車を探すのは至難の業だった。そこで、彼らの店に泣きついたのだ。

するとわずか数日後に、筆者が望んでいた色と仕様のクルマの詳細な写真がメールで送られてきた。ドイツで撮影されたものだった。

ヨーロッパ中を網羅していることを掲げる中古車検索サイトでも一向にヒットしなかった仕様を、ピタリと探してきたことには脱帽するしかなかった。

その後にアダプティブクルーズコントロール付き仕様が欲しくなってしまった筆者のわがままにより、成約には至らなかったが、彼らの迅速さと正確さに驚いたものだった。

イタリア・シエナにあるセナウトは並行輸入車の販売店。ロータリーに面している。「Senauto」とはシエナの旧名「Saena Iulia」と「auto」による造語である。
イタリア・シエナにあるセナウトは並行輸入車の販売店。ロータリーに面している。「Senauto」とはシエナの旧名「Saena Iulia」と「auto」による造語である。拡大
創業者のリヴィオ・フロリンディさんは1948年生まれ。「BMW X3」とともに。
創業者のリヴィオ・フロリンディさんは1948年生まれ。「BMW X3」とともに。拡大
ショールームとは別に、30台近くを分散収容できるガレージを持つ。
ショールームとは別に、30台近くを分散収容できるガレージを持つ。拡大
目下一番人気の「ポルシェ・マカン」。写真の車両は2019年登録・走行3万3000kmで6万6000ユーロ。
目下一番人気の「ポルシェ・マカン」。写真の車両は2019年登録・走行3万3000kmで6万6000ユーロ。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。21年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事