「ポルシェ911 GTS」の予約注文受け付けスタート 専用チューニングのシャシーを採用

2021.06.28 自動車ニュース
ポルシェ911カレラGTS
ポルシェ911カレラGTS拡大

ポルシェジャパンは2021年6月23日、新型「911 GTS」の予約注文受け付けを開始した。

「911カレラGTS」(左)と「911タルガ4 GTS」(右)。
「911カレラGTS」(左)と「911タルガ4 GTS」(右)。拡大
ブラックまたはダークカラーのエクステリアパーツが特徴となる「GTS」モデル。最高出力480PSの3リッター水平対向6気筒ツインターボエンジンを搭載している。
ブラックまたはダークカラーのエクステリアパーツが特徴となる「GTS」モデル。最高出力480PSの3リッター水平対向6気筒ツインターボエンジンを搭載している。拡大
ステアリングホイールリムやドアハンドル、アームレストなどにマイクロファイバー素材の表皮が採用されている。
ステアリングホイールリムやドアハンドル、アームレストなどにマイクロファイバー素材の表皮が採用されている。拡大
「911 Carrera GTS」のロゴ入りドアシルプレート。
「911 Carrera GTS」のロゴ入りドアシルプレート。拡大
911タルガ4 GTS
911タルガ4 GTS拡大

911 GTSは、タイプ997の時代に初めて設定された高性能パワーユニット搭載モデルで、「911 S」と「911ターボ」の間に位置するスポーティーバージョンである。クーペとフルオープンモデルの「カブリオレ」に加え、リアウィンドウやワイドなBピラーを残したままでソフトトップが開くセミオープンモデル「タルガ」の3つのボディータイプをラインナップ。クーペとカブリオレでは後輪駆動もしくは四輪駆動が選べ、タルガは四輪駆動のみの設定となる。

GTSのリアに搭載されるパワーユニットは、最高出力480PS/6500rpm、最大トルク570N・m/2300-5000rpmを発生する3リッター水平対向6気筒ツインターボ。これは現行型「911カレラS」と先代「911 GTS」を30PS上回る実力である。トランスミッションは、8段デュアルクラッチ式AT「PDK」と7段MT(「911カレラGTS」のみ)が設定されている。

チューニングされたシャシーの採用もGTSの特徴で、クーペとカブリオレには「ポルシェアクティブサスペンションマネジメント(PASM)」を標準装備。標準モデルよりも車高が10mm低く設定されている。「911タルガ4 GTS」は、PASMを装備した専用シャシーとなる。

エクステリアにおいては、ブラックまたはダークカラーのディテールが911 GTSの特徴である。スポイラーリップやホイール、エンジンフードルーバー、ドアと車両リアの「GTS」ロゴなどがダークカラーとなり、オプションで、これらとその他のディテールをハイグロスブラックで仕上げたエクステリアパッケージを選択することもできる。ヘッドランプのリムとデイタイムランニングランプの周囲もダークカラーとなり、「ポルシェダイナミックライトシステムプラス(PDLS Plus)」を組み込んだLEDヘッドランプを標準装備している。テールランプはGTSモデルの専用デザインとなる。

シート中央部やステアリングホイールリム、ドアハンドルやアームレスト、収納ボックスリッド、シフトレバーなどがマイクロファイバー素材の表皮で仕上げられるインテリアもGTSの特徴である。「GTスポーツステアリングホイール」やモードスイッチ付き「スポーツクロノパッケージ」「ポルシェトラックプレシジョンアプリ」、タイヤ温度表示、電動4ウェイ調節機能を備えた「スポーツシートプラス」など、標準装備されるアイテムも充実している。

GTSの全モデルにおいて、左右のハンドル位置が選択できる。ラインナップと価格は以下の通り。

  • 911カレラGTS:1868万円(7段MT/8段PDK)
  • 911カレラ4 GTS:1974万円(8段PDK)
  • 911カレラGTSカブリオレ:2093万円(8段PDK)
  • 911カレラ4 GTSカブリオレ:2199万円(8段PDK)
  • 911タルガ4 GTS:2199万円(8段PDK)

(webCG)

関連キーワード:
911, 911カブリオレ, 911タルガ, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ケータハムから軽規格のライトウェイトスポーツカー「セブン170」が登場 2021.9.23 自動車ニュース ケータハムから軽自動車規格のライトウェイトスポーツカー「セブン170」が登場。2014年に発売された「セブン160」の後継車種にあたり、最も軽い仕様では乾燥重量440kgを実現するなど、ケータハムの量産車史上、最も軽量なモデルとなっている。
  • メルセデス・マイバッハGLS600 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.9.14 試乗記 「メルセデス・マイバッハGLS600 4MATIC」は、全長5mを超えるボディーに4座のみを備えたぜいたく極まりないSUVである。ベース車から3座を取り払い、ありとあらゆる手当を施すことで実現した、マイバッハならではのラグジュアリーとはどんな世界なのだろうか。
  • ポルシェ911ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.3 試乗記 最高出力580PS、最大トルク750N・mのパフォーマンスを誇る「ポルシェ911ターボ」に試乗。さまざまなステージで600km以上を走り込むと、先に登場した上位モデル「ターボS」とのちがいが見えてきた。果たしてこの“素のターボ”を選ぶ意味とは?
  • ポルシェが新型「911 GT3ツーリングパッケージ」の予約注文受け付けをスタート 2021.6.17 自動車ニュース ポルシェジャパンが新型「911 GT3ツーリングパッケージ」の予約注文受け付けをスタート。「911 GT3」をベースに内外装の意匠をやや控えめにしたモデルで、リアウイングに代えて可動式のリアスポイラーを採用。従来型にはなかった7段PDK仕様の設定もトピックとなっている。
  • 第216回:現代 近代 そして古代 2021.9.27 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。ナローこと初期型「ポルシェ911」のステアリングを20年ぶりに握った。かつての愛車「フェラーリ458イタリア」や今の愛車「328GTS」と乗り比べてみると、その走りはまるで生まれたての小鹿ちゃんのようだった。
ホームへ戻る