第233回:RRの軽トラが高速道路を走るロードノベル
『田舎のポルシェ』

2021.07.03 読んでますカー、観てますカー

金持ちの田舎者の話ではない

『田舎のポルシェ』というタイトルは、篠田節子の読者には奇妙に感じられるかもしれない。彼女は幅広いジャンルの小説を書いているが、SFやホラーを得意としている。特に自動車について詳しいというイメージはないだろう。自動車好きの読者が多いとは思えないので、道楽でポルシェに乗っている金持ちの田舎者が主人公の話だと考えてしまう可能性がある。

webCGの読者なら、このタイトルが何を意味するかをすぐに理解するはずだ。6代目までの「スバル・サンバー」である。現在はダイハツからOEM供給を受けているが、2012年まではスバルが自社生産していた。他社の軽トラがセミキャブオーバーを採用しているのに対し、サンバーはフルキャブオーバー。エンジンをリアに置いて後輪を駆動するRR方式が「ポルシェ911」と同じだということで、田舎のポルシェ、あるいは農道のポルシェと呼ばれてきた。

この小説では、サンバーで岐阜から東京までを往復する。軽トラのメインステージは農道であり、高速道路のロングドライブには向いていない。しかも、台風が近づいているなかでの走行である。さまざまなトラブルが発生し、困難な運転を強いられるのは当然だ。乗っているのは初めて顔を合わせた30代の男女。1000キロの道中で、彼らが次第に心を通わせていく。バディーものであり、ロードノベルでもある。

ヒロインの増島 翠は、岐阜市内の資料館で働く女性。出身は八王子。東京ではあるが山の中で、実家は農業を営んでいる。都会的なライフスタイルとは無縁だ。“家”が何よりも大切という風土であり、男尊女卑的な考え方が横行している。地獄のような青春時代を過ごした翠は、大学進学を機に故郷を離れ、実家とは断絶状態が続いていた。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事