第715回:名門ピニンファリーナが提案する100%バーチャルコンセプトカーが暗示する未来

2021.07.22 マッキナ あらモーダ!

仮想現実で走りだした

イタリアのデザイン&エンジニアリング会社であるピニンファリーナは2021年7月14日、コンセプトカー「Teorema(テオレマ)」を発表した。VR(Virtual Reality:仮想現実)技術を駆使して開発された、同社初の100%バーチャルコンセプトカーである。

ピニンファリーナによると、この完全自動運転の電気自動車(EV)コンセプトは、インテリアからデザイン開発を始めたという。イタリア・トリノのカンビアーノと中国の上海、双方のデザインチームは、まず電動プラットフォーム上に居室空間を確保。VRに加え、AR(Augmented Reality:拡張現実)、そしてMR(Mixed Reality:複合現実)を用いながら開発を進めた。

車内へのアクセスは独特だ。まず後部ハッチと一体化したルーフ後端が上昇しながら前方にスライド。乗員は後部から出入りし、まるで旅客機のように通路を通る。床面にはシートへと誘導するためのイルミネーションが点灯する。

キャビンは前方が狭く、後方が広い五角形である。中央のモジュール式スペースは休息・睡眠のためのスペースにすることも可能、とピニンファリーナは説明する。

通常のクルマのような左右ドアがないため、後述する「レストモード」では車内側面をバックレスト代わりに使用できるとともに、高い車体剛性とともに軽量化も実現している。

エクステリアはピニンファリーナによる歴代作品と同様に、純粋さとエレガントさ、革新性を基本としている。同時に、デザインチームは「極めてシンプルなフォルムでありながら、洗練された印象的なものをつくりたいと考えた」と振り返る。また「左右ドアがないことで、思いがけずスタイリングの軽快さが生まれた」と解説している。

「ピニンファリーナ・テオレマ」。VR技術による同社初の100%バーチャルコンセプトカーだ。
「ピニンファリーナ・テオレマ」。VR技術による同社初の100%バーチャルコンセプトカーだ。拡大
全長5400mm、全高1400mmのボディーは、「メルセデス・ベンツSクラス」(同5180mmと1505mm)よりも長く低い。
全長5400mm、全高1400mmのボディーは、「メルセデス・ベンツSクラス」(同5180mmと1505mm)よりも長く低い。拡大
インテリアのスケッチから。
インテリアのスケッチから。拡大
リラックスできるシート形状が模索されている。
リラックスできるシート形状が模索されている。拡大
両側面ドアを廃したことにより、室内にパッドを広く長くとることが可能になった。
両側面ドアを廃したことにより、室内にパッドを広く長くとることが可能になった。拡大
エクステリアのイメージスケッチから。3つのエレメントで構成しようとした意図が伝わってくる。
エクステリアのイメージスケッチから。3つのエレメントで構成しようとした意図が伝わってくる。拡大
初めにインテリアありきだったが、確実に自動車としての躍動感を与えようとしている。
初めにインテリアありきだったが、確実に自動車としての躍動感を与えようとしている。拡大
このようにキャノピー後部が上昇するとともに、ルーフの一部が後退する。
このようにキャノピー後部が上昇するとともに、ルーフの一部が後退する。拡大
乗員は後部から乗車し、あたかも旅客機の通路のように中央のフロアを通る。
乗員は後部から乗車し、あたかも旅客機の通路のように中央のフロアを通る。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。21年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事