第716回:盗難車の回収率90%超! イタリア発の車両管理用スペシャルデバイスに注目

2021.07.29 マッキナ あらモーダ!

EVのピンチを救う

今回は、先日出会ったイタリア人のIT企業経営者と、彼の企業が手がける興味深いサービスのお話を。

2021年6月中旬、あるツーリング会が開催された。

「eレイド」と名づけられたそれは、電気自動車(EV)に特化した走行会で、イタリア半島北部から中部の合計1000kmを5日間かけて巡るという企画だった。

ルートには筆者が住むシエナ旧市街も含まれていた。当日昼、街の中心であるピアッツァ・デル・カンポで待ち構えていると、「フォード・マスタング マッハE」「テスラ・モデル3」といったEVが続々と到着し始めた。

やがて主催者グループの動きが慌ただしくなった。

何が起きたのか尋ねると「バッテリー残量が極端に減少している参加車がいるんだ」と教えてくれた。

彼らが情報源にしていたのは、ラップトップPCだった。

ディスプレイをのぞかせてもらうと、地図上に参加全車の現在位置が表示されている。同時に、各車のバッテリー残量も詳細に示されていた。

当日は日曜日。頼りにしていたスーパーマーケットの急速充電設備が休業日のために使えないなど、サプライズが相次いだらしい。さらに、ある参加者によると、イタリアの充電設備検索アプリは「急速充電設備」と表示されていても、実際に行ってみると「普通充電設備」だったということがあるという。苦労がしのばれる。

主催者グループは、バッテリー切れを起こしそうになった車両のドライバーに連絡をとる。そしてクルマを普通充電器がある場所に数時間置いておき、他の参加車のクルマでシエナ観光に来るようアドバイスした。

感心して見ていると、スタッフのひとりが「もうすぐ、このデバイスをつくっている人がやってきますよ」と教えてくれた。

イタリアのEVツーリング会「eレイド」の参加車たち。2021年6月13日にシエナ旧市街のピアッツァ・デル・カンポで。
イタリアのEVツーリング会「eレイド」の参加車たち。2021年6月13日にシエナ旧市街のピアッツァ・デル・カンポで。拡大
主催者のラップトップPC画面には、全参加車の現在位置およびバッテリー残量のリアルタイムデータが表示されていた。
主催者のラップトップPC画面には、全参加車の現在位置およびバッテリー残量のリアルタイムデータが表示されていた。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。21年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事