どちらもトヨタの小型ハイブリッド 新型「アクア」と「ヤリス」の役割のちがいを考える

2021.07.28 デイリーコラム

大ヒットした初代アクア

ご承知のように、先ごろ「トヨタ・アクア」がフルモデルチェンジした。先代(=初代)の発売は2011年12月だったから、じつに9年半以上ぶりの刷新である。

アクアといえば一時は国内ベストセラーの座をほしいままにしたクルマだ。初代アクアは発売翌年の2012年こそ登録車の年間国内販売台数で2位(1位は「プリウス」)だったが、すでに飽和状態にあった3代目プリウスに取って代わるように、2013年から2015年には3年連続で1位となったのだ。その後はプリウスのモデルチェンジや「日産ノートe-POWER」の躍進もあって1位からは脱落したものの、2018年までは2~3位、2019年も5位……と上位を維持。ド定番商品として完全定着していたことをうかがわせる。

初代アクアが発売された2011年といえば、2009年の発売直後から爆発的ヒットとなった3代目プリウスの勢いが続いていて、ハイブリッドであること自体がステータスだった。バリエーションのひとつとしてハイブリッドを用意しても、売り上げも芳しくないケースが当時は多かった。だれもにハイブリッドであることが主張できるハイブリッド専用車であることが、ヒットの条件のようにいわれていた時代である。

そんななかで登場したのがアクアである。初代アクアのチーフエンジニアだった小木曽聡氏(現在は日野自動車社長)は当時、その開発意図を「プリウスの縮小版ではありません。プリウスばかりが売れる市場は健全でなく、純粋にコンパクトクラスにもハイブリッドが必要と判断しました」と説明していたが、発売当初は“小さくて安いプリウス”という分かりやすさでウケたことも否定はできない。実際、初代アクアは北米や豪州では「プリウスc」という“そのまんま”のあやかり車名で売り出されたくらいだ。

しかし、現在はハイブリッドそのものをありがたがる時代ではなくなった。現在の新車販売台数ランキングで1位が定位置となっている「ヤリス」も、ハイブリッドと純エンジンの両方をラインナップする。

2021年7月19日に発売された新型「トヨタ・アクア」。外観には大ヒットした先代モデルの面影が強く残っている。
2021年7月19日に発売された新型「トヨタ・アクア」。外観には大ヒットした先代モデルの面影が強く残っている。拡大
内装では合皮巻きのソフトパッドを多用するなどして、質感向上を図っている。10.5インチの大型ディスプレイオーディオの存在感がすごい。
内装では合皮巻きのソフトパッドを多用するなどして、質感向上を図っている。10.5インチの大型ディスプレイオーディオの存在感がすごい。拡大
トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・アクアZ(FF/CVT)【試乗記】 2021.8.24 試乗記 フルモデルチェンジしたトヨタのハイブリッドカー「アクア」に試乗。新しくなった内外装や、世界初となるバイポーラ型ニッケル水素電池が搭載されたパワートレインの仕上がりを確かめながら、同門のコンパクトカー「ヤリス」との違いを探った。
  • トヨタ・アクアG(4WD/CVT)【試乗記】 2021.9.4 試乗記 2011年の誕生以来、売れに売れたハイブリッド専用のコンパクトハッチバック「トヨタ・アクア」。期待を胸に試乗した2代目は果たして、これぞトヨタ車というべき堅実さと乗り味を持ち合わせていた。
  • ランドローバー・ディスカバリーSE D300(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.7 試乗記 新型「ディフェンダー」のヒットによって立場が微妙になったのが同じランドローバーの「ディスカバリー」だ。ただし、新たに直6エンジンを搭載した最新モデルに乗ってみると、むしろ積極的に選びたくなるほどの魅力にあふれていた。
  • ポルシェ・タイカン4クロスツーリスモ(4WD)【試乗記】 2021.8.27 試乗記 ピュアEV「タイカン」をベースとするポルシェのニューモデル「タイカン クロスツーリスモ」に試乗。これを、隙間商法のバリエーションモデルと思うなかれ、見て触れて乗るほどに、その商品力の高さに驚かされることだろう。
  • どちらもトヨタの小型ハイブリッド 新型「アクア」と「ヤリス」の役割のちがいを考える 2021.7.28 デイリーコラム 2代目に生まれ変わった「トヨタ・アクア」だが、燃費性能は「ヤリス」を超えておらず、初代のような「燃費のスペシャリスト」的なクルマではなくなっている。トヨタはこの2タイプのハイブリッド車をどのように売り分けていくのか。キャラクターのちがいを考えた。
ホームへ戻る