0-100km/h加速は2.8秒 マクラーレンの新型オープンスポーツカー「765LTスパイダー」登場

2021.07.28 自動車ニュース
マクラーレン765LTスパイダー
マクラーレン765LTスパイダー拡大

英マクラーレン・オートモーティブは2021年7月27日(現地時間)、オープントップの新型車「マクラーレン765LTスパイダー」の概要を発表した。

 
0-100km/h加速は2.8秒 マクラーレンの新型オープンスポーツカー「765LTスパイダー」登場の画像拡大
 
0-100km/h加速は2.8秒 マクラーレンの新型オープンスポーツカー「765LTスパイダー」登場の画像拡大
 
0-100km/h加速は2.8秒 マクラーレンの新型オープンスポーツカー「765LTスパイダー」登場の画像拡大
 
0-100km/h加速は2.8秒 マクラーレンの新型オープンスポーツカー「765LTスパイダー」登場の画像拡大
 
0-100km/h加速は2.8秒 マクラーレンの新型オープンスポーツカー「765LTスパイダー」登場の画像拡大
 
0-100km/h加速は2.8秒 マクラーレンの新型オープンスポーツカー「765LTスパイダー」登場の画像拡大
 
0-100km/h加速は2.8秒 マクラーレンの新型オープンスポーツカー「765LTスパイダー」登場の画像拡大
 
0-100km/h加速は2.8秒 マクラーレンの新型オープンスポーツカー「765LTスパイダー」登場の画像拡大

最もパワフルなオープントップのマクラーレン

マクラーレン765LTスパイダーは、2020年3月にデビューした高性能スポーツカー「765LT」のオープントップバージョン。グローバルで765台という台数限定で販売される(オーダーは受け付け中)。

カーボンファイバー製の電動リトラクタブルハードトップ(RHT)を持つものの、ボディーサイズ(全長×全幅×全高=4600×1930×1193mm)やホイールベース(2670mm)はクーペの765LTと変わらない。

車体の中核となるのは、クーペ用モノコックと並行して開発されたバスタブ型の「モノケージII-S」。RHTのパネル内部にはカーボンファイバー製フレームが設けられており、ルーフを閉じると総カーボンファイバー製のセルが形成される。後部にはカーボンファイバー製の支持構造を接着・接合。これが、横転時の保護機能を果たすことになる。

RHTの開閉に要する時間はそれぞれ11秒。車速が50km/h以下であれば走行中でも操作できる。ルーフを閉じた状態でも電動リアウィンドウを開けることでエキゾーストサウンドが楽しめること、「675LTスパイダー」比でAピラーの頂点が80mm前方に移動したためドアの開口部が広がり、乗降性が向上したことなどがセリングポイントとなっている。

今回公表された車重(DIN値)は「720Sスパイダー」より80kg軽く、765LTに対しては49kg増しとなる1388kg。これには重量10.9kgのチタン製エキゾーストシステム(スチール製から40%削減)や、F1グレードのトランスミッション素材、薄型のガラスなどが大きく貢献しているという。10本スポークのウルトラライトウェイト鍛造アロイホイール(専用の「ピレリPゼロ トロフェオR」タイヤを装着)も特徴的な装備のひとつだ。

キャビン後方に搭載されるパワーユニットは、クーペと共通の4リッターV8ツインターボエンジン(最高出力765PS、最大トルク800N・m)。0-100km/h加速2.8秒(クーペと同値)、0-200km/h加速7.2秒(クーペ比+0.2秒)、最高速330km/h(クーペと同値)というパフォーマンスを誇る。WLTPモードの燃費値は8.1km/リッターである。

内装については、モータースポーツからインスピレーションを得たというカーボンファイバー製レーシングシートを装備。カーボンファイバー製のフロアはむき出しでありながら、多くのパートにはアルカンターラがあしらわれる。重量削減のため空調やオーディオシステムは標準装備されないものの、追加費用なしで搭載可能。段差を乗り越える際のリフトアップシステムや、高解像度のリアビューカメラ、バードアイビューが見られる360度4カメラ式駐車アシストシステムなども同様の扱いとなっている。

日本仕様車の価格は4950万円。2021年の生産分については現時点で売約済みとのこと。

(webCG)

関連キーワード:
765LT, マクラーレン, 自動車ニュース

マクラーレン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン・セナ 2018.2.13 画像・写真 英マクラーレンはジュネーブショー2018で“アルティメットシリーズ”の最新作「セナ」を発表する。800psの4リッターV8ツインターボエンジン搭載。500台の限定車で、車両価格は67万5000ポンド(約1億0100万円)。その姿を画像で紹介する。
  • マクラーレン・スピードテール 2020.9.14 画像・写真 マクラーレン・オートモーティブ・アジア 日本支社が「マクラーレン・スピードテール」を日本で初披露した。マクラーレンの市販車史上最速となる403km/hの最高速度を誇るハイパーカーの詳細を写真で紹介する。
  • マクラーレン720Sスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2020.6.2 試乗記 50km/hまでであれば走行中でも開閉可能な電動リトラクタブルルーフを有す、マクラーレンのオープンモデル「720Sスパイダー」に試乗。720PSの大パワーとオープンエアドライブの組み合わせを、ワインディングロードで味わった。
  • ホンダ・シビックLXプロトタイプ(FF/6MT)/シビックEXプロトタイプ(FF/CVT)【試乗記】 2021.8.8 試乗記 フルモデルチェンジで11代目となった、ホンダのビッグネーム「シビック」に試乗。“爽快CIVIC”をコンセプトに掲げる新型は、素性の良さがしっかりと感じられる、洗練度の高い一台に仕上がっていた。
  • 第198回:RSのRS違い 2021.1.18 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。以前「モテないカー」の超新星「GRヤリス」のプロトタイプを紹介したが、今回は発売なった実車で夜の首都高に出撃した。サーキットで味わったすばらしい足は、公道では拷問レベル……ではなかった。なぜなら……。
ホームへ戻る