クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第717回:食品売り場で見つけたオイル缶 中身を知りたきゃ飲んでみろ!?

2021.08.05 マッキナ あらモーダ!

高級食品店にいきなり

2021年7月、高級食料品店であるイータリーのトリノ本店を散策していたときのことである。

ある棚を見ると、なぜか自動車用オイル缶とおぼしきものがさりげなく陳列されていた。

その名も「ENGINE」。さらにエンジンのシルエットもプリントされている。

「誰だ、こんなところにエンジンオイルを置いてゆく不届き者は」と怒ったが、よく見ると何個も並んでいる。

手に取ってみると、なんとそれはカクテルのベースとして有名なGIN(ジン)であった。

日ごろからカクテルをたしなんでいる読者であれば、即座にビーフィーターといったブランドを想起することだろう。

いっぽう、長年イタリアに住んでいながら、かつてどっぷりと浸っていた日本の世俗性が今も抜けない筆者である。ジンと知って思い出したのは、1990年代日本における「サントリー・アイスジン」のCMだ。「ジンジンジン、コーラとジンでアメリカジン!」「レモンとジンで一般ジン!」などと歌いながら踊る歌手・森高千里の姿が脳裏によみがえった。

ジンの発祥には諸説あるが、普及の舞台は18世紀の産業革命以降の英国であった。

安価な高アルコール度数飲料として労働者階級に広まったあと、徐々に上流層にも浸透していったという。

しかしジンとイタリアが無縁なわけではない。この半島には、グラッパに代表される蒸留酒文化が数百年にわたり各地に存在している。

筆者が長年知るおじさんは、サッカー観戦に向かう遠征のバスに、自作の蒸留酒を持参するのが常だ。

それはともかく、ENGINEのオイル缶風容器に記された販売者所在地を見ると、トリノと同じピエモンテ州のバルバレスコであった。同名のワインがイタリアの最高等級「DOCG」に指定されている地域だ。酒造の舞台としては、絶好のロケーションである。

後日ENGINEの公式ウェブサイトを見てみると「氷があれば火を吹く トニックで火花を散らす」と、クルマを思わせるニュアンスの言葉が連なっている。

筆者は、この商品を見た瞬間に「やられた」と思った。同時にアイデアとは、無限に生み出せるものであることを思い知った。そればかりか、強い酒をたしなむ習慣がない筆者にも購買意欲を抱かせてしまうところは、まさに企画力の妙といえまいか。

どのような人が考え出したのか興味をもった筆者は、早速商品名と同じエンジン社に連絡を試みた。

高級食料品店であるイータリーのトリノ本店で偶然発見したオイル缶風の「ENGINE」。2021年7月、筆者撮影。
高級食料品店であるイータリーのトリノ本店で偶然発見したオイル缶風の「ENGINE」。2021年7月、筆者撮影。拡大
その中身は蒸留酒のGIN(ジン)だった。アルコール度数は42%。500ml入りで39ユーロ(約5000円:イタリアにおける税込み小売価格。以下同)。公式写真の1枚は懐かしい「アルファ・ロメオ75」と一緒。
その中身は蒸留酒のGIN(ジン)だった。アルコール度数は42%。500ml入りで39ユーロ(約5000円:イタリアにおける税込み小売価格。以下同)。公式写真の1枚は懐かしい「アルファ・ロメオ75」と一緒。拡大
「エンジン・バール」と名づけられた携行缶風セット。その中には……
「エンジン・バール」と名づけられた携行缶風セット。その中には……拡大
ジンとカップ、そしてトニックウオーターが収納されている。300ユーロ(約3万9000円)。
ジンとカップ、そしてトニックウオーターが収納されている。300ユーロ(約3万9000円)。拡大

“汚い”缶に詰め込みたい

幸いなことに、考案者でファウンダーのパオロ・ダッラ・モーラ氏自身が書面でインタビューに答えてくれた。

ダッラ・モーラ氏はボローニャ大学経済学部を2001年に卒業後、2003年にマーケティングの修士号を取得。著名なファッションブランド、モスキーノのチーフマーケティングオフィサーやデザイン学校であるIEDの教職などを経て、2019年にエンジン社を設立した。

筆者(以下Q):ENGINEとGINのジョークから始まって、その後に商品をつくることになったのですか? 最初に新しいジンの構想ありきで、後からブランドにたどり着いたのですか? それとも……

ダッラ・モーラ氏(以下DM):きっかけは2014年に出張で訪れたニューヨークでした。マンハッタンのザ・デッド・ラビット(筆者注:現地にある世界的に有名なバー)で、そこに並べられた美しいボトルを眺めていて、もっと“汚す”必要があると思ったのです。そこで“汚いもの”はないかと考えたところ、オイル缶のアイデアがひらめきました。

Q:ENGINEのウェブサイトでは「オイル缶や燃料缶、モトクロスレースやレーシングカーなど、1980年代の偉大な神話のイメージを表現しています」と解説しています。大ヒットした米国のテレビシリーズ『爆発! デューク(原題:The Dukes of Hazzard)』で、主人公の愛車を務めた初代「ダッジ・チャージャー」をイメージしたとも記されています。あなた自身のクルマ生活について教えていただけますか?

DM:私は幼いころからモトーレ(エンジン)に情熱を注いできました。初めて運転したのは4歳のときで、フィアット製農業用トラクターでした。14歳になると母の「フィアット・ウーノ」で野原を運転し始めました。初めて自分で買った中古車は、1980年代の「ランドローバー・レンジローバー」です。ディーゼルターボ仕様で、まるで戦車でしたね。その後、大学時代はアルバイトをして「フォルクスワーゲン・ニュービートル」を手に入れました。

「ENGINE」の考案者にしてファウンダーのパオロ・ダッラ・モーラ氏。
「ENGINE」の考案者にしてファウンダーのパオロ・ダッラ・モーラ氏。拡大
「GTバーテンダーキット」は120ユーロ(約1万5000円)。
「GTバーテンダーキット」は120ユーロ(約1万5000円)。拡大
「2ストローク」と名づけられたキット。42ユーロ(約5400円)
「2ストローク」と名づけられたキット。42ユーロ(約5400円)拡大
「ダッジ・チャージャー」(1969年)。テレビシリーズ『爆発! デューク』の劇中車として人気を博した。
「ダッジ・チャージャー」(1969年)。テレビシリーズ『爆発! デューク』の劇中車として人気を博した。拡大

インパクト狙いの陰に

ENGINEはダッラ・モーラ氏のひらめきと自動車へのパッションから誕生したというわけだった。次は商品そのものについて聞いてみた。

DM:レシピは、ピエモンテ地方のおばあちゃんたちが長年つくってきた「ロゾリオ」からヒントを得ました。セージやレモンを用いた、消化促進作用があるとされる蒸留酒です。

原料はすべてイタリア産です。植物は高地ランガ産のセージ、アマルフィ海岸のレモン、カラブリア産のリコリス、トスカーナ産のジュニパー、そしてピエモンテ州で栽培されているダマスクローズ(筆者注:バラの一種)の5種類に厳選しています。「Less is more(少ないことは豊かだ)」ですからね。

オーガニックシリアルを使用したアルコールとアルプスの水も、ピエモンテのものです。これらを蒸留酒のマエストロ(親方)が手作業で少量生産し、ボトリングします。容器は“ダーティー”ですが、中身は100%オーガニックの極めてクリーンなレシピというコントラストを実現したのです。

Q:ヨーロッパの食品容器に関する厳しい基準を前に、モーターオイル缶をそのまま流用することはできなかったと想像します。

DM:そもそも市販の食品缶では、水分比率が高い食品を入れることができません。唯一可能なのはオリーブオイルでした。

私は2年以上を費やして米国や欧州、中国など世界の缶詰メーカー約60社を訪問して研究しました。しかし、ジンを入れるのに適した缶が見つかりませんでした。

最終的に私たちはイタリア国内のサプライヤー4社と協力し、世界中の高度な食品基準を満たせる容器の開発に成功しました。ENGINE GINは、世界で特許を取得した私たちだからこそできるものなのです。

かくもENGINEには、デッラ・モーラ氏のひらめきだけでなく、知られざる苦労があった。加えて前述のようにクオリティーが伴っている。だからこそ、仕入れの選択が極めて厳しいとされるイータリーのバイヤーの目に留まったのだろう。

日本では2021年10月に発売とのこと。パーティーでいきなりテーブル上に置いて驚かせるのを楽しみにする向きは、この記事を友だちにシェアしないほうがよい。

(文=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>/写真=ENGINE、ステランティス、Akio Lorenzo OYA/編集=藤沢 勝)

「コレクション」と題して、スポーツ&カジュアルウエアもラインナップしている。
「コレクション」と題して、スポーツ&カジュアルウエアもラインナップしている。拡大
「ENGINE」は日本にも上陸間近とのこと。サプライズギフトにも、もってこいだろう。
「ENGINE」は日本にも上陸間近とのこと。サプライズギフトにも、もってこいだろう。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。21年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。