メルセデス・ベンツEQA250(前編)

2021.08.19 谷口信輝の新車試乗 メルセデスが新たに提案する、コンパクトSUVタイプの新型電気自動車(EV)「EQA250」。自他ともに認めるEV好きのレーシングドライバー谷口信輝は、その走りの特徴をどう受け止めたのか?

これまでの主流とは違う

日本国内でも次第に選択の幅が広がっているヨーロッパ製EVのなかにあって、メルセデス・ベンツが放つEQAは従来なかったジャンルのEVだ。

まず、これまで輸入EV市場ではDセグメント以上の比較的大きなモデルが多数派を占めていたが、EQAはCセグメントと、日本の狭い道路でも取り扱いやすいサイズにおさめられている。おかげで640万円という比較的手ごろな価格を実現。このため、バッテリー容量が66.5kWhとコンパクトなうえ、駆動系もシンプルな前輪駆動とされた。価格は1000万円前後、バッテリー容量は90kWhオーバーで、前後にモーターを搭載した4WDタイプが主流だった従来の輸入EVとは大きく趣が異なる。

そんなEQAを、EVに興味津々な谷口信輝はどう評価したのか。まずは、いつものように箱根のワインディングロードで試乗してもらった。

運転席に乗り込んでシステムを立ち上げた谷口は、急発進とは言わないまでも、比較的元気にEQAを発進させた。
「ふーん」

お、谷口がなにか感じたようである。そこで早速、尋ねてみると「ホイールスピン、しやすいですね」との答えが返ってきた。

念のため断っておくと、このとき実際にはホイールスピンは起きていない。ただ、谷口は発進の過程を細かく観察するなかで、ステアリングから伝わるフロントタイヤの接地感などからホイールスピンの予兆を感じ取ったにすぎない。いつものこととはいえ、谷口の鋭敏な感覚には驚かざるを得ない。
「モーターって、スロットルペダルを踏んだあとのレスポンスが鋭いですよね。そこがEVの魅力でもあるんですが、このEQAは前輪駆動ですよね。だから、軽くステアリングを切ったまま素早く発進するとトルクステアみたいな症状が起こって、ステアリングを軽く握っている状態だと思わぬ方向に進みかねません。もちろん、いま説明しているのはわりと極端な状況で、普通の人が普通に走らせていたらほとんど経験しないことですが、クルマの特性としてそういう傾向があることは事実ですね」

 
メルセデス・ベンツEQA250(前編)の画像拡大
 
メルセデス・ベンツEQA250(前編)の画像拡大
 
メルセデス・ベンツEQA250(前編)の画像拡大
 
メルセデス・ベンツEQA250(前編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツEQA250 2021.4.26 画像・写真 メルセデス・ベンツの新型電気自動車(EV)「EQA」を写真で紹介。全長×全幅×全高=4465×1835×1625mmというサイズのSUV型のEVで、内外装にメルセデス・ベンツのEV製品群である「EQ」シリーズに共通する意匠が取り入れられている。
  • メルセデス・ベンツEQA250(前編) 2021.8.19 谷口信輝の新車試乗 メルセデスが新たに提案する、コンパクトSUVタイプの新型電気自動車(EV)「EQA250」。自他ともに認めるEV好きのレーシングドライバー谷口信輝は、その走りの特徴をどう受け止めたのか?
  • メルセデスが新型電気自動車「EQA」を発売 取り回しのしやすいサイズのSUV型EV 2021.4.26 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本が新型電気自動車(EV)「EQA」を発売。取り回しのしやすいサイズが特徴のSUVタイプのEVで、フロントアクスルに搭載されるモーターで前輪を駆動。バッテリー容量は66.5kWhで、航続距離は422kmとなっている。
  • アウディが価格を改定 2021年10月1日から新価格に 2021.8.26 自動車ニュース アウディ ジャパンは2021年8月26日、同年10月1日に販売車両の価格改定を行うと発表した。今回の価格改定は原材料の価格上昇によるもので、一部モデルについては仕様変更も実施している。
  • メルセデス・ベンツEQA250(後編) 2021.8.26 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバー谷口信輝が、メルセデス・ベンツの新型EV「EQA250」に試乗。一般のドライバーでは感じ取れないかもしれない、“ちょっと気になる挙動”についてリポートする。
ホームへ戻る