第720回:【Movie】現物要らずで見られて触れる! イタルデザインの仮想現実ツールを体験

2021.08.26 マッキナ あらモーダ!

小学生で開発計画に“参画”

今回は、イタリア・トリノのイタルデザイン社が研究する、新たな車両開発ツールについてお伝えしよう。

その前に、筆者が小学生のころの思い出を。

ある日、下校途中の通学路で一人のおばさんに呼び止められた。「スナック菓子の好みを調査している」という。

今日だとそのような形式で調査を実施するのは、諸般の事情からかなり問題があると思うが、1970年代には普通だったのだろう。

筆者は同級生と一緒だったこともあり、おばさんについて雑居ビルに入った。パイプ椅子と折り畳みテーブルが並べられた会場には、他の小学校の制服を着た子どもたちもいた。

さまざまな味のスナック菓子を食べ、アンケートに答えては口直しの水を飲むということを繰り返した。お礼に既存のスナック菓子をもらったが、万一先生にでも見られるとややこしいので、同級生とともにコートを脱ぎ、それに包んで会場を出た。家でも「知らない人から食べ物をもらうな」と怒られるといけないので、親に隠れてこっそりと食べた。

いっぽう、自動車開発の現場には“クリニック”と呼ばれる評価プロセスが存在する。

社内評価とは別に、開発中の車両やライバル製品をさまざまなかたちで一般ユーザーに見せて、デザインや使い勝手の違いを聴取するというものだ。

この手法は長年用いられてきた。例えば、1976年の初代「フォード・フィエスタ」の開発記録によれば、スイス・ローザンヌをはじめ各国で開催。小型車の先輩格である「フィアット127」や初代「ルノー5」、さらに「BMC Mini」や初代「ホンダ・シビック」を、約1000名のユーザーに見てもらうクリニックを実施している。

筆者はといえば、長年そうした機会に呼ばれるのを楽しみにしていたのだが、日本でもイタリアでも指名されたことがない。したがって、筆者の人生で製品開発に“参画”できたのは、後にも先にもスナック菓子のみだ。

閑話休題。ここからが本題である。

イタルデザインと聞いて多くの読者は、長年ジュネーブモーターショーで発表されてきた、さまざまな提案に富んだコンセプトカーを真っ先に想像するに違いない。

だが、今日はフォルクスワーゲン(VW)グループ、具体的にはアウディ傘下の重要な研究開発企業である。従業員は約1000人を数える。

そのイタルデザインが、最新の研究を個人的に見学させてくれるという。前述のように、自動車の企画開発に参画できなかったことに長年コンプレックスを抱いていた筆者である。うれしくなって、トリノ郊外モンカリエリの本社に赴いた。

イタリア・トリノ郊外モンカリエリのイタルデザイン本社。
イタリア・トリノ郊外モンカリエリのイタルデザイン本社。拡大
イタルデザインが手がけた歴代モデルが展示されたカーギャラリーにて。
イタルデザインが手がけた歴代モデルが展示されたカーギャラリーにて。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。21年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事