最良の策は「無料or有料」ではない! ニッポンの高速道路料金のあるべき姿とは?

2021.09.03 デイリーコラム

脳内の小島よしおが騒ぎ出す

「高速道路の永久有料化が決まったようですが、清水さん、どう思いますか?」

編集部のほったくんから、そのような問いが発せられた。

実際には、高速道路の永久有料化は決まっていない。国土交通省の有識者会議が、「老朽化による修繕費の増大に対応するため、2065年までとされている高速道路の有料期間の延長を求める中間答申をまとめた」だけで、それが「高速道路永久有料化に道を開くもの」と報道されたにすぎない。

答申では、現時点で永久有料化を決めるのは問題があるとし、また料金徴収期間を何年延長すべきかについても「現時点では見通せない」としている。ただ、2065年での無料化はムリ、としているだけなのだ。「なんて無責任な答申だ!」と思われるかもしれないが、全文を読めば、非常に率直な内容で、正直ゆえに「不確定要素が多すぎて決められません」という内容であることがわかる。

実を言えば、多くの読者にとって、2065年から無料化されようが、あるいは永久有料化されようが、「そんなのカンケーねぇ!」ではないだろうか。2065年といえば44年後。現役ドライバーとして関係ありそうなのは、現在の20代以下。しかし若者の皆さんだって、44年後に無料になるかどうかなんて、「ほとんどカンケーねぇ!」だろう。

国土交通省の有識者会議が無料化の延期を提案したことから、高速道路の料金問題が再び注目を集めている。写真は水戸北のスマートIC。
国土交通省の有識者会議が無料化の延期を提案したことから、高速道路の料金問題が再び注目を集めている。写真は水戸北のスマートIC。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事