ルノー・メガーヌ ルノースポール トロフィーEDC(前編)

2021.09.05 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師がマイナーチェンジしたルノーの高性能ハッチバック「メガーヌ ルノースポール トロフィーEDC」に試乗。かつてその2020年モデルを愛車として選んだ漫画界のレジェンドは、最新モデルをどう評価したのか。

かつての愛車と同じボディーカラー

イメージカラーではあるが、実はプラス16万円の特別塗装色「ジョン シリウス メタリック」で塗られたメガーヌ ルノースポール(以下R.S.)トロフィーEDCから降りてきた池沢早人師先生。これまでの愛車はフェラーリやランボルギーニといったスーパースポーツから、ポルシェやマセラティ、ロータス、ランチア、AMG、アルピナと70台を優に超える大ベテランである。

その池沢先生がまず口にしたのは、試乗の感想ではなかった。
「僕ね、これとまったく同じメガーヌR.S.トロフィーを一時期持ってたんだけど……、今回のマイナーチェンジでどこが変わったのかな?」

ええと、「R.S.」と共通の変更点として、運転支援システムやマルチメディアシステム「イージーリンク」のアップデートのほか、エアコンのコントロールパネルのリニューアルなどがアナウンスされています。あとは「ルノー・マルチセンス」による運転モードの設定がこれまで以上に細かくカスタマイズできるようになり、エクステリアではリアのシーケンシャルウインカーなどが追加されたようです。
「なるほど。僕ね、2019年の暮れにこれと同じ色のメガーヌR.S.トロフィーを買ったんですが、実は3カ月ぐらいで手放しちゃったんですよ」

それはまたなぜ?
「いやぁ、たまにはハッチバックもいいかなと思って。FF車最速とうたわれたパフォーマンスや、1.8リッター直4ターボで300PSというただものではないスペックも気になったんです。実際に購入してみて、峠を走るとすごく気持ちいいことはわかったんですが、『じゃあサーキットを走らせてみるとどうなのかな?』と、その冬に筑波サーキットのコース1000でやっていた走行会に参加してみたんです。で、1本10分のスポーツ走行を計6本トライしたのですが……」

……そこで何が?
「6本走って、ベストタイムは41秒ぐらいだったはずです。でも、その6本目に『何か音がするな?』と思って見てみたら、フロント左側のタイヤがバースト寸前になっちゃってたんですよね」

今回、池沢早人師先生がステアリングを握ったのは、2021年3月に発売された「メガーヌ ルノースポール トロフィーEDC」の改良モデル。FF車最速の称号を賭けて「ホンダ・シビック タイプR」と競い合うフレンチホットハッチである。車両本体価格は504万円。
今回、池沢早人師先生がステアリングを握ったのは、2021年3月に発売された「メガーヌ ルノースポール トロフィーEDC」の改良モデル。FF車最速の称号を賭けて「ホンダ・シビック タイプR」と競い合うフレンチホットハッチである。車両本体価格は504万円。拡大
試乗車は「メガーヌ ルノースポール トロフィー」の専用外装色となるオプションの「ジョン シリウス  メタリック」(16万円)をまとっていた。フロントグリル内の「R.S.」ロゴマークは、マイナーチェンジを機に新意匠に変更されている。
試乗車は「メガーヌ ルノースポール トロフィー」の専用外装色となるオプションの「ジョン シリウス  メタリック」(16万円)をまとっていた。フロントグリル内の「R.S.」ロゴマークは、マイナーチェンジを機に新意匠に変更されている。拡大
【ルノー・メガーヌ ルノースポール トロフィーEDC】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4410×1875×1465mm/ホイールベース:2670mm/車重:1400kg/駆動方式:FF/エンジン:1.8リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:6段AT/最高出力:300PS(221kW)/6000rpm/最大トルク:420N・m(42.8kgf・m)/3200rpm/タイヤ:(前)245/35R19 93Y/(後)245/35R19 93Y(ブリヂストン・ポテンザS001)/燃費:11.8km/リッター(WLTCモード)/価格:504万円

【取材時の燃費データ】
テスト距離:--km(市街地3:高速道路5:山岳路2)/使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:--km/リッター
【ルノー・メガーヌ ルノースポール トロフィーEDC】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4410×1875×1465mm/ホイールベース:2670mm/車重:1400kg/駆動方式:FF/エンジン:1.8リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:6段AT/最高出力:300PS(221kW)/6000rpm/最大トルク:420N・m(42.8kgf・m)/3200rpm/タイヤ:(前)245/35R19 93Y/(後)245/35R19 93Y(ブリヂストン・ポテンザS001)/燃費:11.8km/リッター(WLTCモード)/価格:504万円
	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離:--km(市街地3:高速道路5:山岳路2)/使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:--km/リッター拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メガーヌR.S.とGRヤリスを乗り比べる 2021.6.7 実力検証! “最旬”2台のホットハッチ<AD> クルマの電動化が進む一方で、われわれはまだ、純粋にドライビングプレジャーを味わえるモデルを選ぶことができる。今回は、その最右翼ともいえる日仏2台の高性能ハッチバックをワインディングロードに連れ出し、それぞれの魅力を探った。
  • ルノー・メガーヌ インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2021.10.4 試乗記 マイナーチェンジで新世代の1.3リッターターボエンジンが採用された「ルノー・メガーヌ」に試乗。同ユニットを積む弟分の「ルーテシア」や従来型の1.6リッターモデルとの違いについてリポートする。
  • 変化する新時代のカーライフを語る|サッシャ(ラジオDJ)×藤島知子(モータージャーナリスト) 2021.9.27 シェルドライブ検定・特別対談<AD> 半年前に電気自動車を購入したラジオDJのサッシャさんと、マニュアルトランスミッションのコンパクトカーに6年間乗り続けているモータージャーナリストの藤島知子さんが、変化を続ける新時代のカーライフを語り合った。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントeTSIアクティブ(FF/7AT)【試乗記】 2021.10.13 試乗記 フォルクスワーゲンの新型「ゴルフヴァリアント」に試乗。ホイールベースの延長により拡大されたキャビンや荷室の仕上がりと、同じ48Vマイルドハイブリッド機構付き1リッター直3エンジンを搭載する、ハッチバック車との走りの違いを確かめた。
  • 日産ノート オーラGレザーエディション(FF)【試乗記】 2021.10.2 試乗記 「日産ノート」の派生モデルとして登場した、ハイブリッドのプレミアムコンパクト「ノート オーラ」。日産が「上質をまとったコンパクト」とうたうニューモデルは、言葉にたがわぬ仕上がりとなっているのか。本革仕様の「Gレザーエディション」で確かめた。
ホームへ戻る