ランボルギーニ・ウラカンSTO(後編)

2022.08.14 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者であり元レーシングドライバーの池沢早人師が、楽しさは「ポルシェ911 GT3」の上をいくと絶賛した「ランボルギーニ・ウラカンSTO」。あえて欠点を挙げていただくと……その答えは、意外なものだった。

「欠点はない」と言っていい

ランボルギーニ・ウラカンSTOを「現行モデルの、いや歴代で考えてみても、ミドシップ後輪駆動のスーパースポーツのなかではベストといえる存在。いつまでも乗っていたくなるほど楽しい」と大絶賛した、漫画界のレジェンドにして元JGTCレーサーでもある池沢早人師先生。

しかしそれでも機械である以上、ウラカンSTOにも何らかの“欠点”みたいなものはあるのでは?
「うーん、どうかなぁ。ブレーキも当然ですが問題ないというか、利きすぎるぐらい利くし。まぁ、初期制動だけはちょっと違和感がありましたね。軽く踏んでるのに、キュッと利いてしまうという。ただ、そこはコントロールしづらいとかではなく、カーボンセラミックブレーキにありがちな慣れの問題だと思いますよ」

ということはもう「篠沢教授に全部!」みたいな感じで、ウラカンSTOは100点満点であると?
「それはひょっとして『クイズダービー』の篠沢秀夫教授ですか? 随分とまぁ(笑)」

すみません(笑)。
「それはさておき、欠点はないと言っていいと思いますよ。足はもちろん硬めですが、とんでもなく硬いというわけでもない。幹線道路を走っているとさすがにポンッと(ショックが)くるときもありますが、大騒ぎするほどのものじゃありませんしね」

そうですか……。
「まぁ強いて言うのであれば、ドアは横ではなく縦に開いてほしいですけど(笑)。ランボルギーニ・ウラカンSTOの欠点はそこぐらいでしょうね。あとはもうほぼパーフェクトです」

それは欠点というよりも、もはや言いがかりですね(笑)。

アグレッシブな「ウラカンSTO」のエクステリアデザイン。ランボルギーニが世界展開しているワンメイクレース車両「ウラカン スーパートロフェオEVO」や、デイトナ24時間レースなどで優勝したレーシングモデル「ウラカンGT3 EVO」をモチーフに開発されている。
アグレッシブな「ウラカンSTO」のエクステリアデザイン。ランボルギーニが世界展開しているワンメイクレース車両「ウラカン スーパートロフェオEVO」や、デイトナ24時間レースなどで優勝したレーシングモデル「ウラカンGT3 EVO」をモチーフに開発されている。拡大
「ミドシップ後輪駆動のスーパースポーツのなかではベストといえる存在。いつまでも乗っていたくなるほど楽しい」と池沢先生は「ウラカンSTO」の走りを絶賛した。
「ミドシップ後輪駆動のスーパースポーツのなかではベストといえる存在。いつまでも乗っていたくなるほど楽しい」と池沢先生は「ウラカンSTO」の走りを絶賛した。拡大
【ランボルギーニ・ウラカンSTO】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4547×1945×1220mm/ホイールベース:2620mm/車重:1339kg(乾燥重量)/駆動方式:MR/エンジン:5.2リッターV10 DOHC 40バルブ/トランスミッション:7段AT/最高出力:640PS(470kW)/8000rpm/最大トルク:565N・m(57.6kgf・m)/6500rpm/タイヤ:(前)245/30R20/(後)305/30R20(ブリヂストン・ポテンザ スポーツ)/燃費:13.9リッター/100km(約7.2km/リッター 欧州複合モード)/価格:4125万円/テスト車=5778万1460円

【取材時の燃費データ】
テスト距離:282.8km(市街地2:高速道路6:山岳路2)/使用燃料:63.7リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:4.4km/リッター(満タン法)/5.8km/リッター(車載燃費計計測値)
【ランボルギーニ・ウラカンSTO】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4547×1945×1220mm/ホイールベース:2620mm/車重:1339kg(乾燥重量)/駆動方式:MR/エンジン:5.2リッターV10 DOHC 40バルブ/トランスミッション:7段AT/最高出力:640PS(470kW)/8000rpm/最大トルク:565N・m(57.6kgf・m)/6500rpm/タイヤ:(前)245/30R20/(後)305/30R20(ブリヂストン・ポテンザ スポーツ)/燃費:13.9リッター/100km(約7.2km/リッター 欧州複合モード)/価格:4125万円/テスト車=5778万1460円
	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離:282.8km(市街地2:高速道路6:山岳路2)/使用燃料:63.7リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:4.4km/リッター(満タン法)/5.8km/リッター(車載燃費計計測値)拡大
関連記事
  • FF系「クラウン」の登場はトヨタ車の生態系にどんな影響を与えるのか? 2022.9.21 デイリーコラム 「クラウン」がFR系からFF系に刷新されたことで、トヨタのモデルラインナップに大変革が起きるかもしれない。同じGA-Kプラットフォームを使う「カムリ」は割を食うのか。希少な後輪駆動のサルーンとして残る「ミライ」の躍進があるのか。あれこれ考えてみた。
  • フェラーリ初の4ドアスポーツ「プロサングエ」がデビュー 2022.9.14 自動車ニュース 伊フェラーリは2022年9月13日(現地時間)、新型車「プロサングエ」を発表した。同ブランド初となる4ドアの量産モデルで、デリバリーの開始時期は、2023年の第2四半期が予定されている。
  • ホンダZR-V e:HEV Zプロトタイプ/ZR-V Zプロトタイプ【試乗記】 2022.9.14 試乗記 2023年春の発売が予定されている、ホンダの新型SUV「ZR-V」。これからのホンダの世界戦略を背負って立つニューモデルは、スポーツカーに比肩する“走り”の持ち主だった。国内屈指の難コース「群馬サイクルスポーツセンター」で触れた、その実力の一端を報告する。
  • 日産エクストレイルG e-4ORCE(4WD)【試乗記】 2022.9.12 試乗記 “電気自動車の新しいかたち”としてシリーズハイブリッドの「e-POWER」を推してきた日産だが、新型「エクストレイル」で真に注目すべきは縁の下の力持ちとして発電に徹する新型エンジンである。久しぶりに「技術の日産」を目の当たりにした思いだ。
  • ホンダが新型「シビック タイプR」を発売 価格は499万7300円 2022.9.1 自動車ニュース ホンダが新型「シビック タイプR」を2022年9月2日に発売する。2リッター直4直噴ターボエンジンは先代を10PS上回る330PSの最高出力を発生。動力性能はもちろん、意のままになる操縦性や刺激的なサウンドを通して、胸のすくドライブフィールも追求している。
ホームへ戻る