クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

池沢早人師の恋するニューモデル

  • 2022.9.11 池沢早人師の恋するニューモデル

    ベントレー・コンチネンタルGT V8コンバーチブル(後編)

    漫画『サーキットの狼』の作者・池沢早人師が「ベントレー・コンチネンタルGT V8コンバーチブル」に試乗。高評価のなかにも気になるポイントがあると語った漫画界のレジェンドは、英国のラグジュアリーオープンモデルにいかなる最終評価を下したのか。

  • 2022.9.4 池沢早人師の恋するニューモデル

    ベントレー・コンチネンタルGT V8コンバーチブル(前編)

    漫画『サーキットの狼』の作者であり元レーシングドライバーの池沢早人師が、「ベントレー・コンチネンタルGT V8コンバーチブル」に初試乗。かつてジャガーやロールス・ロイスといった英国車もたしなんだという漫画界のレジェンドは、いかなる感想を抱いたのか。

  • 2022.8.14 池沢早人師の恋するニューモデル

    ランボルギーニ・ウラカンSTO(後編)

    漫画『サーキットの狼』の作者であり元レーシングドライバーの池沢早人師が、楽しさは「ポルシェ911 GT3」の上をいくと絶賛した「ランボルギーニ・ウラカンSTO」。あえて欠点を挙げていただくと……その答えは、意外なものだった。

  • 2022.8.7 池沢早人師の恋するニューモデル

    ランボルギーニ・ウラカンSTO(前編)

    漫画『サーキットの狼』の作者であり元レーシングドライバーの池沢早人師が、「ランボルギーニ・ウラカンSTO」に試乗。かつてブルーの「ディアブロSV」を所有していた漫画界のレジェンドは、最新のハードコアモデルにいかなる感想を抱いたのだろうか。

  • 2022.7.17 池沢早人師の恋するニューモデル

    ボルボC40リチャージ ツイン(後編)

    漫画『サーキットの狼』の作者であり元レーシングドライバーの池沢早人師が、ボルボの電動SUV「C40リチャージ ツイン」に試乗。これまで70台を優に超える愛車遍歴を持つ漫画界のレジェンドは、“デンキのボルボ”に何を感じたのか。

  • 2022.7.10 池沢早人師の恋するニューモデル

    ボルボC40リチャージ ツイン(前編)

    漫画『サーキットの狼』の作者であり元レーシングドライバーの池沢早人師が、電動SUV「ボルボC40リチャージ ツイン」に試乗。これまでほとんどボルボのステアリングを握ったことがないという漫画界のレジェンドは、デンキで走るボルボをどう評価する?

  • 2022.6.19 池沢早人師の恋するニューモデル

    フェラーリSF90ストラダーレ(後編)

    漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師がフェラーリ初の市販PHEV「SF90ストラダーレ」に試乗。これまで何台もの跳ね馬を自身のガレージに収めてきた漫画界のレジェンドは、ハイブリッドフェラーリの走りにどんな感想を抱いたのか?

  • 2022.6.12 池沢早人師の恋するニューモデル

    フェラーリSF90ストラダーレ(前編)

    漫画『サーキットの狼』の作者にして元レーシングドライバーの池沢早人師が、「フェラーリSF90ストラダーレ」に試乗。フェラーリ初となる市販PHEVの走りを、スーパーカーとの付き合いも深いベテランドライバーはどう評価した?

  • 2022.5.22 池沢早人師の恋するニューモデル

    レクサスLC500h“Sパッケージ”(後編)

    伝説の名車「トヨタ2000GT」以来となる“セクシーなクルマ”だとレクサスのハイブリッドクーペ「LC500h」のスタイリングを絶賛した、漫画界のレジェンドにして元レーシングドライバーの池沢早人師。注目の最終評価は?

  • 2022.5.15 池沢早人師の恋するニューモデル

    レクサスLC500h“Sパッケージ”(前編)

    漫画『サーキットの狼』の作者にして元レーシングドライバーの池沢早人師が、「レクサスLC500h“Sパッケージ”」に試乗。ハイブリッドパワーユニットを搭載するフラッグシップ2ドアクーペの走りを、忖度(そんたく)なしに語った。

  • 2022.4.24 池沢早人師の恋するニューモデル

    ポルシェ911カレラ4 GTS(後編)

    次期愛車候補の一台として期待した「ポルシェ911カレラ4 GTS」の走りに、当初は好意的な意見を述べなかった漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師。しかし「スポーツ」モードを試すや、その表情はがぜん明るくなった。注目の最終評価は?

  • 2022.4.17 池沢早人師の恋するニューモデル

    ポルシェ911カレラ4 GTS(前編)

    漫画『サーキットの狼』の作者にして元レーシングドライバーの池沢早人師が、「ポルシェ911カレラ4 GTS」に試乗。高性能パワーユニットと専用チューンが施されたシャシーが織りなす走りを、箱根のワインディングロードで確かめた。

  • 2022.3.27 池沢早人師の恋するニューモデル

    日産ノート オーラNISMO(後編)

    電動パワートレインを搭載する「日産ノート オーラNISMO」の走りを高く評価した、漫画『サーキットの狼』の作者・池沢早人師。多くのスポーツカーを知る、レース経験も豊富な漫画界のレジェンドに「本気で欲しい」と思わせた、そのポイントを聞いた。

  • 2022.3.20 池沢早人師の恋するニューモデル

    日産ノート オーラNISMO(前編)

    不朽の自動車漫画『サーキットの狼』の作者・池沢早人師が、日産自慢の電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した「ノート オーラNISMO」に試乗。同社のモータースポーツを担うNISMOの名を冠した、コンパクトホットハッチの評価やいかに。

  • 2022.2.27 池沢早人師の恋するニューモデル

    プジョー3008 GTハイブリッド4(後編)

    漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師が「プジョー3008 GTハイブリッド4」に試乗。意外にも初めてプジョーのステアリングを握ったという漫画界のレジェンドが、感銘を受けたという走りについて、さらに詳しく話を聞いた。

  • 2022.2.20 池沢早人師の恋するニューモデル

    プジョー3008 GTハイブリッド4(前編)

    過去、多くのクルマに触れてきたはずの漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師。しかし意外なことに、これまでプジョーのステアリングを握ったことはないという。果たして初のプジョーとなった「3008 GTハイブリッド4」の印象やいかに。

  • 2022.1.30 池沢早人師の恋するニューモデル

    ルノー・トゥインゴS(後編)

    漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師が「シャシーの基本性能が高い」と評価した「ルノー・トゥインゴS」。では、RRレイアウトを採用するこのフレンチコンパクトは、どんな人にオススメなのか。経験豊かなレジェンドの意見を聞いてみた。

  • 2022.1.23 池沢早人師の恋するニューモデル

    ルノー・トゥインゴS(前編)

    漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師が「ルノー・トゥインゴS」に試乗。かつて個人的にレンタカーを借り、その走りを確かめたほどトゥインゴは気になる存在なのだという。あらためて箱根のワインディングロードでステアリングを握り、氏は何を感じたのか。

  • 2022.1.2 池沢早人師の恋するニューモデル

    アバルト595コンペティツィオーネ(後編)

    自動車漫画の金字塔『サーキットの狼』の作者、池沢早人師がイタリアンホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」を最終評価。レースとチューニングの世界で名をはせた名門アバルトの末裔(まつえい)は、レジェンドの目にどう映ったのか。

  • 2021.12.26 池沢早人師の恋するニューモデル

    アバルト595コンペティツィオーネ(前編)

    自動車漫画の金字塔『サーキットの狼』の作者、池沢早人師が「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。愛車にはスーパーカーが多く、コンパクトホットハッチを駆るイメージがない漫画界のレジェンドだが、その評価やいかに。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。