アウディS3スポーツバック ファーストエディション(後編)

2021.09.09 谷口信輝の新車試乗 谷口信輝が今回試乗したのは、「アウディS3スポーツバック ファーストエディション」。可変サスペンションを装備する高性能ハッチバックの走りは、プロの目にどう映ったのか?

“おいしいペース”がある

箱根のワインディングロードで走らせたアウディS3のことを、「よく曲がるし、コーナリング中にステアリングを切り増してもちゃんとフロントが追従してくれる」とまずは絶賛した谷口信輝。しかし、オートモードとDレンジの組み合わせで走っていたとき、谷口は「刺激感はもうちょっとかなっていう気がします」と語って、どこか物足りない印象を抱いていることを打ち明けてくれた。となれば、谷口が次にやるべきことはただひとつ。ドライビングモードをオートからダイナミックに切り替え、ギアボックスのマニュアルモードを選んでパドルシフトを駆使するしかない。

私に言われるまでもなく、ダイナミックモードとマニュアルシフトを選択した谷口は、それまでよりも一層リズミカルにコーナーを駆け抜けた後で、こうコメントしたのである。
「ああ、やっぱり、これで走ったら楽しくなってきた。エンジンは僕の期待値をちょっと超えるくらいのパワーを発生してくれるので、加速感の面でもハンドリングの面でもちゃんと刺激感が出てきました。この感覚は、やはり少しペースを上げないと味わえないようですね」

試乗を終えた谷口にS3の印象をあらためて語ってもらっていると、S編集部員がこんな質問を谷口に投げかけた。
「よく、自動車ジャーナリストの方が『フォルクスワーゲン グループのMQBプラットフォームには、ブランドにかかわらず一定のクセがある』と語っていますが、そういうのって本当にあるんですか?」

これに対する谷口の回答は、実に興味深いものだった。

 
アウディS3スポーツバック ファーストエディション(後編)の画像拡大
 
アウディS3スポーツバック ファーストエディション(後編)の画像拡大
 
アウディS3スポーツバック ファーストエディション(後編)の画像拡大
 
アウディS3スポーツバック ファーストエディション(後編)の画像拡大
関連記事
  • マイナーチェンジ版「フォルクスワーゲン・ポロGTI」の販売がスタート 2022.11.21 自動車ニュース フォルクスワーゲン ジャパンは2022年11月21日、コンパクトハッチバック「フォルクスワーゲン・ポロGTI」のマイナーチェンジモデルを発売した。出力の向上した2リッター直4ターボエンジンが搭載されている。
  • ホンダ・ダックス125(4MT)【レビュー】 2022.11.10 試乗記 ホンダから、往年のレジャーバイクを現代によみがえらせた「ダックス125」が登場! ユニークなスタイリングに、2人乗りのロングシートとクラッチレス変速機を組み合わせたニューモデルは、どんな人にオススメか? 実車に触れ、うらやましいその用途を想像した。
  • アウディA3スポーツバック(FF/7AT)/A3セダン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.7 試乗記 新型「アウディA3」のスタンダードモデルには1リッター直3エンジンが搭載されている。気になるのは、電気とターボの力を借りた最新ユニットとはいえ、果たしてそれでプレミアムモデルとして成立するかというところだろう。「スポーツバック」と「セダン」で試してみた。
  • アウディA3スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.3.24 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3」に、スポーティーな足まわりが特徴の新グレード「スポーツ」が登場。新開発の2リッター直噴ターボに7段Sトロニックを組み合わせた、最新モデルの走りをリポートする。
  • アウディA3スポーツバック1.4 TFSI スポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.3.14 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3スポーツバック」をテストドライブ。新たに与えられた先進装備の使い勝手など、アウディの屋台骨を支える、最量販モデルの仕上がりをリポートする。
ホームへ戻る