第238回:地味な輸入車ワゴンの車内で男女の思惑が交錯する
『先生、私の隣に座っていただけませんか?』

2021.09.09 読んでますカー、観てますカー

マンガ家夫婦の不倫映画

みんな不倫が大好きだ。週刊誌には毎週のように有名人の不倫記事が載る。『週刊女性』のウェブサイト『週刊女性Prime』で検索すると、2021年の不倫記事はすでに100件以上。歌手、俳優、声優などの芸能人だけでなく、政治家、ボクシング選手、元卓球選手、映画コメンテーター、レーシングチーム監督と、顔ぶれは幅広い。今はスマホを持った一般人もパパラッチ予備軍であり、LINEなどの証拠が残ることも多いから、すぐバレてしまうのだ。

「不倫はダメ、ゼッタイ!」と怒り顔を作ってみるものの、実際には娯楽として消費している。1983年には『金曜日の妻たちへ』が大人気となったし、2014年には『昼顔』でセクシー演技を披露した斎藤 工がブレイク。不倫が文化なのかどうかは知らないが、不倫が文化の源泉になっているのは事実だろう。『ボヴァリー夫人』『肉体の悪魔』『アンナ・カレーニナ』『グレート・ギャツビー』と並べれば、不倫が文学にとっていかに重要なテーマになっているかがわかる。日本に目を転じれば、ノーベル文学賞作家の川端康成という超大物がいた。『千羽鶴』『雪国』『舞姫』『山の音』はすべて不倫を扱っている。

映画だって事情は同じだ。『恋におちて』『マディソン郡の橋』といった落涙必至の純愛不倫ものがあり、『危険な情事』『ゴーン・ガール』『ガール・オン・ザ・トレイン』といった恐怖で背筋が凍るタイプの作品もつくられている。新たに不倫映画のラインナップに加わったのが『先生、私の隣に座っていただけませんか?』だ。「その不倫、ぜんぶ描く。」というキャッチコピーが付けられているのだから間違いない。

主人公はマンガ家夫婦。夫の俊夫はかつて気鋭の新人だったが、スランプに陥って5年以上ずっと作品を描いていない。売れっ子の妻・佐和子を手伝うだけのヒモ状態である。彼は、2人を担当する女性編集者と不倫しているらしい。

©2021『先生、私の隣に座っていただけませんか?』製作委員会
©2021『先生、私の隣に座っていただけませんか?』製作委員会拡大
 
第238回:地味な輸入車ワゴンの車内で男女の思惑が交錯する『先生、私の隣に座っていただけませんか?』の画像拡大
 
第238回:地味な輸入車ワゴンの車内で男女の思惑が交錯する『先生、私の隣に座っていただけませんか?』の画像拡大
 
第238回:地味な輸入車ワゴンの車内で男女の思惑が交錯する『先生、私の隣に座っていただけませんか?』の画像拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事