ブラックの外装パーツでドレスアップ 「ジープ・レネゲード ナイトイーグル」登場

2021.09.08 自動車ニュース
ジープ・レネゲード ナイトイーグル
ジープ・レネゲード ナイトイーグル拡大

FCAジャパンは2021年9月7日、ジープのコンパクトモデル「レネゲード」にブラック仕上げの専用パーツや18インチホイールなどを採用した特別仕様車「Night Eagle(ナイトイーグル)」を設定し、同年9月18日に発売すると発表した。

リアゲートに装着される「NIGHT EAGLE」のエンブレム。ボディーカラーは「スレートブルーP/C」と「グラファイトグレー」の2色から選択できる。
リアゲートに装着される「NIGHT EAGLE」のエンブレム。ボディーカラーは「スレートブルーP/C」と「グラファイトグレー」の2色から選択できる。拡大
グロスブラック仕上げの専用18インチアルミホイールに、225/55R18サイズの3シーズンタイヤを組み合わせている。
グロスブラック仕上げの専用18インチアルミホイールに、225/55R18サイズの3シーズンタイヤを組み合わせている。拡大
グロスブラックのアクセントで内装をドレスアップ。ソフトタッチ素材のドアアームレストやセンターコンソールも特別装備される。
グロスブラックのアクセントで内装をドレスアップ。ソフトタッチ素材のドアアームレストやセンターコンソールも特別装備される。拡大

今回のジープ・レネゲード ナイトイーグルは、「ロンジチュード」をベースに特別なボディーカラーやブラック仕上げの内外装パーツなどを採用したモデルである。

グロスブラックのリアバンパーディフレクターやテールランプベゼル、ブラックに塗られたグリルや「Jeep」バッジ、グラナイト仕上げの「Renegade」バッジを装備。ホイールはベース車が16インチサイズであるのに対して、レネゲード ナイトイーグルではグロスブラック仕上げの専用18インチアルミホイールとなる。通常はベース車に設定のないオートヘッドライトや雨量感知機能付きワイパーの採用も、同車の特徴だ。

インテリアについては、随所にグロスブラックのアクセントがあしらわれ、ソフトタッチ素材のドアアームレストやセンターコンソールを採用。荷室には荷物の種類や量に応じてアレンジが可能な「リバーシブル高さ調整機能付きカーゴフロア」が装備されている。

ボディーカラーはベース車には設定のない「スレートブルーP/C」と新色の「グラファイトグレー」が用意され、前者が200台、後者が150台の台数限定で販売される。価格はいずれも324万円。

(webCG)

関連キーワード:
レネゲード, ジープ, 自動車ニュース