フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ(前編)

2021.09.19 思考するドライバー 山野哲也の“目” レーシングドライバー山野哲也が8代目「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。歴代モデルの出来栄えによってハッチバック車の基準というゆるぎないポジションを確立してきたゴルフ。果たして山野は、新型にどんな印象を抱いたのだろうか。

格別なボディー剛性

「これは大衆車の領域を超えていますね」

こう語るのは新しいフォルクスワーゲン・ゴルフから降りてきたばかりの山野哲也だ。「オオッ!」と思いながら次の言葉を待つwebCG取材陣を前に、山野は慎重にインプレッションを頭の中でまとめている。しばしの沈黙。

“ゴルフVIII”こと8代目ゴルフの登場は2019年。2021年から日本への導入が始まり、現在は“ニューゴルフ”として5ドアハッチバックとステーションワゴンがラインナップされる。

先代で評価が高かったMQBプラットフォームの上に、48V仕様のベルト駆動式スタータージェネレーターとリチウムイオンバッテリーを組み合わせ、必要に応じて内燃機関をサポートするマイルドハイブリッドシステムを載せたことが大きなニュースだ。

webCG:大衆車を超えているというのは、依然として“このクラスのベンチマーク”という意味ですか?

山野:そうですね。今回のゴルフは特徴を消しています。

 
フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ(前編)の画像拡大
 
フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ(前編)の画像拡大
 
フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ(前編)の画像拡大
 
フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ(前編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIスタイル(FF/7AT)【試乗記】 2021.8.6 試乗記 いよいよ日本の公道を走りだした8代目「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。長年にわたりCセグメントハッチバックのベンチマークとされてきたゴルフだが、そのアドバンテージは新型でも健在か? 1.5リッターエンジンを搭載した上級モデルで実力を確かめた。
  • 新型フォルクスワーゲン・ゴルフ 2021.6.15 画像・写真 8代目となる新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がついに日本上陸! デザインが刷新されただけでなく、装備のデジタル化やパワートレインの電動化が推し進められるなど、中身も先代モデルから飛躍的な進化を遂げている。その姿を写真で詳しく紹介する。
  • ホンダNSXタイプS(4WD/9AT)【試乗記】 2021.10.8 試乗記 ハイブリッドスーパースポーツ「ホンダNSX」の生産終了に合わせて登場した、高性能バージョン「NSXタイプS」。その洗練された走りは、たゆまぬ開発の到達点として納得できるだけの、完成度の高さをみせてくれた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ(前編) 2021.9.19 思考するドライバー 山野哲也の“目” レーシングドライバー山野哲也が8代目「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。歴代モデルの出来栄えによってハッチバック車の基準というゆるぎないポジションを確立してきたゴルフ。果たして山野は、新型にどんな印象を抱いたのだろうか。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ/ゴルフeTSI Rライン【試乗記】 2021.6.15 試乗記 コンパクトカーのベンチマークたる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の8代目モデルがついに日本の道を走り始めた。従来モデルよりも低く構えたフロントマスクが新型感を強く漂わせているが、果たして中身はどんな進化を遂げているのだろうか。
ホームへ戻る