フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ(後編)

2021.09.26 思考するドライバー 山野哲也の“目” レーシングドライバー山野哲也が新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。前編ではそのボディー剛性の高さについて絶賛した山野。後編ではコーナリング性能とパワートレインの仕上がりについて、プロならではの視点からジャッジを下してもらおう。

バンク路を走っているような感覚

1974年の登場以来、“実用車のお手本”として、自動車メーカー各社のベンチマークとされてきたフォルクスワーゲン・ゴルフ。8代目となった現在も、その地位は揺らがない。

2021年に国内デビューを果たしたゴルフVIIIの目玉は、「eTSI」ことマイルドハイブリッドパワートレインの採用と各種装備のデジタル化、インフォテインメントシステムの強化である。

もちろん、「走る」「止まる」「曲がる」といった基本性能のブラッシュアップにも余念がない。1.5リッター4気筒ターボを積む上級版はリアにマルチリンクをおごった4輪独立式を採るが、1リッター3気筒ターボ車は、コンベンショナルなトーションビーム式リアサスペンション。

今回、山野哲也がテストしたのはベーシックな後者、「ゴルフeTSIアクティブ」である。しかしその走りは、ベンチマークの名に恥じないものだという。

山野:新型ゴルフは、フロントの踏ん張りがいいですね。印象的なのは、カーブでドライバーがステアリングを切ると、あたかも路面が正バンク的にせり上がってくるかのような接地感の高さです。

webCG:正バンク!? つまり高速周回路のように、コーナリング時にクルマの外側路面が高くなっている……、そんなイメージですね。

 
フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ(後編)の画像拡大
 
フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ(後編)の画像拡大
 
フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ(後編)の画像拡大
 
フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ(後編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIスタイル(FF/7AT)【試乗記】 2021.8.6 試乗記 いよいよ日本の公道を走りだした8代目「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。長年にわたりCセグメントハッチバックのベンチマークとされてきたゴルフだが、そのアドバンテージは新型でも健在か? 1.5リッターエンジンを搭載した上級モデルで実力を確かめた。
  • 新型フォルクスワーゲン・ゴルフ 2021.6.15 画像・写真 8代目となる新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がついに日本上陸! デザインが刷新されただけでなく、装備のデジタル化やパワートレインの電動化が推し進められるなど、中身も先代モデルから飛躍的な進化を遂げている。その姿を写真で詳しく紹介する。
  • ホンダNSXタイプS(4WD/9AT)【試乗記】 2021.10.8 試乗記 ハイブリッドスーパースポーツ「ホンダNSX」の生産終了に合わせて登場した、高性能バージョン「NSXタイプS」。その洗練された走りは、たゆまぬ開発の到達点として納得できるだけの、完成度の高さをみせてくれた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ(前編) 2021.9.19 思考するドライバー 山野哲也の“目” レーシングドライバー山野哲也が8代目「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。歴代モデルの出来栄えによってハッチバック車の基準というゆるぎないポジションを確立してきたゴルフ。果たして山野は、新型にどんな印象を抱いたのだろうか。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ/ゴルフeTSI Rライン【試乗記】 2021.6.15 試乗記 コンパクトカーのベンチマークたる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の8代目モデルがついに日本の道を走り始めた。従来モデルよりも低く構えたフロントマスクが新型感を強く漂わせているが、果たして中身はどんな進化を遂げているのだろうか。
ホームへ戻る