「レクサスLC」の一部改良モデルが登場 クーペモデルの足まわりをリファイン

2021.10.01 自動車ニュース

「レクサスLC500コンバーチブル」(左)と「LC500」(右)。(北米仕様車)


	「レクサスLC500コンバーチブル」(左)と「LC500」(右)。(北米仕様車)
	拡大

トヨタ自動車は2021年9月30日、レクサスブランドの2ドアスポーツカー「LC」の一部改良モデルを発表した。同年11月以降の発売を予定している。

LC500h
LC500h拡大
LC500コンバーチブル
LC500コンバーチブル拡大
「LC500コンバーチブル」に新設定された「ブルー&ホワイト」のインテリアカラー。
「LC500コンバーチブル」に新設定された「ブルー&ホワイト」のインテリアカラー。拡大
新色「ブルー&ホワイト」で仕立てられた「LC500コンバーチブル」のインテリア。
新色「ブルー&ホワイト」で仕立てられた「LC500コンバーチブル」のインテリア。拡大
「LC500コンバーチブル」に新設定された「マリーンブルー」のソフトトップ色は、「ブルー&ホワイト」のインテリアに組み合わされる。
「LC500コンバーチブル」に新設定された「マリーンブルー」のソフトトップ色は、「ブルー&ホワイト」のインテリアに組み合わされる。拡大

レクサスLCは、2017年3月に発売されたラグジュアリークーペで、2020年6月にはオープントップバージョン「コンバーチブル」も設定された。独創的なデザインや優れた走行性能を実現し、レクサス全モデルラインアップの乗り味を方向づける一台となっている。

今回の一部改良では乗り味のさらなる深化を目指し、クーペモデルのコイルスプリングやスタビライザーの仕様、ショックアブソーバーの制御などを最適化することでタイヤの接地感を高め、操舵入力に対する車両応答のリニアリティーと高い旋回G領域でのコントロール性を向上。LDH(レクサスダイナミックハンドリングシステム)装着車では、VGRS(バリアブルギアレシオステアリング)やDRS(ダイナミックリアステアリング)を最適化することで、レスポンスがよく軽快感ある走りを実現した紹介されている。

装備については、LC全モデルにおいて空気清浄機能「ナノイー」を「ナノイーX」に変更。また、オレンジブレーキキャリパー(フロント/リア「LEXUS」ロゴ入り)がメーカーオプションとして新設定された。

さらにクーペモデルでは、ガラスルーフ装着車のガラスルーフがプライバシーガラスに変更されたほか、ポリッシュ仕上げ+ブラック塗装を施した21インチ鍛造アルミホイールが「LC500h」と「LC500」の“Lパッケージ”に標準装備となった。

新外装色として全モデルに「ソニックイリジウム」が導入されたほか、コンバーチブルモデルに続きクーペモデルにも「テレーンカーキマイカメタリック」を設定。コンバーチブルモデルには「ブルー&ホワイト」のインテリアカラーと、同内装色専用のソフトトップカラー「マリーンブルー」が加わった。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • LC500:1327万円
  • LC500“Lパッケージ”:1367万円
  • LC500“Sパッケージ”:1450万円
  • LC500h:1377万円
  • LC500h“Lパッケージ”:1417万円
  • LC500h“Sパッケージ”:1500万円
  • LC500コンバーチブル:1477万円

(webCG)

関連キーワード:
LC, レクサス, 自動車ニュース

レクサス LC の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • TOM’SレクサスLC500コンバーチブル(FR/10AT)【試乗記】 2021.10.1 試乗記 トムスから新たなコンプリートカー「TOM’SレクサスLC500コンバーチブル」が登場。レクサスのラグジュアリーオープンを“レーシングテクノロジーで研ぎ澄ませた”とうたう、その実力やいかに!?
  • レクサスLC500h 2017.3.16 画像・写真 新世代レクサスの変革を象徴するフラッグシップクーペ「LC」がデビュー。このうち、3.5リッターV6エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドバージョン「レクサスLC500h」の姿を写真で紹介する。
  • レクサスLC500コンバーチブル(FR/10AT)【試乗記】 2020.12.2 試乗記 レクサスの最上級スペシャリティーモデル「LC」に、待望の「コンバーチブル」が登場。満を持してリリースされた、現行レクサスで唯一のオープントップモデルは、ライバルとは趣を異にする“ユニークな魅力”の持ち主だった。
  • TOM'SレクサスLC500コンバーチブル(後編) 2021.9.23 谷口信輝の新車試乗 TOM'S(トムス)のコンプリートカー「TOM'SレクサスLC500コンバーチブル」で注目すべきは、その個性的なボディーワーク。走りのみならず見た目にもこだわる谷口信輝は、どんなところが気になった?
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
ホームへ戻る