アウディS3スポーツバック(前編)

2021.10.17 思考するドライバー 山野哲也の“目” レーシングドライバー山野哲也が「アウディS3スポーツバック」に試乗。ハイパワーエンジンとクワトロ=4WDで武装した新世代のプレミアムコンパクトカーを、山野はどうジャッジするのだろうか。

アウディらしいフィーリング

今回、山野哲也に乗ってもらうのは「アウディS3スポーツバック ファーストエディション」。フロントに横置きされた2リッター直列4気筒ターボは、強化された燃料噴射装置と最大1.8barの過給圧を得て、最高出力310PS、最大トルク400N・mを発生する。

いわゆるマイルドハイブリッドシステムを採用した「A3スポーツバック」のベーシックモデルが、1リッター直3ターボから最高出力110PS、最大トルク200N・mだから、S3の強心臓ぶりがわかるというもの。ちなみに、同じ日にテストした「フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ」もA3のそれと同じ3気筒を搭載するから、ボトムとアッパーのパワーソースを直接比較することができるわけだ。

アウディS3のテストドライブを終え、「さすがに4気筒はスムーズですね」と、山野が笑顔を見せる。ゴルフ試乗後の第一声が「ボディーの剛性感が格段に高い!」だったことを思い出すと、S3のキャラクターが際立つ。

俊足アウディのターボエンジンとペアを組むのは、「Sトロニック」と称される、湿式多板クラッチを備えたデュアルクラッチ式の7段AT。電子制御式多板クラッチを使ったクワトロシステムを介して4輪を駆動し、またサスペンションには電子制御式ダンパーがおごられる。

もちろん、S3の走りを統合的にコントロールする「アウディドライブセレクト」を装備し、「オート」を基本に「エフィシエンシー」「コンフォート」「ダイナミック」「インディビジュアル」の全5種類からドライブモードを選択可能だ。

山野:おとなしめのコンフォート、一般的なエコモードに相当するエフィシエンシーを選んでも、加速がパワフルなことに変わりはありません。いかにもアウディらしいフィールが印象的です。

 
アウディS3スポーツバック(前編)の画像拡大
 
アウディS3スポーツバック(前編)の画像拡大
 
アウディS3スポーツバック(前編)の画像拡大
 
アウディS3スポーツバック(前編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディS1(4WD/6MT)【試乗記】 2015.1.12 試乗記 コンパクトハッチバック「A1」をベースとする、アウディの小さな高性能車「S1」が登場。1980年代に活躍したラリーマシンの名を冠する、ニューモデルの走りは……? 燃費も含め、試乗の結果を報告する。
  • アウディe-tron GTクワトロ(4WD)/RS e-tron GT(4WD)【試乗記】 2021.11.3 試乗記 2026年以降に投入する新型車はすべて電気自動車とすることを明言しているアウディ。日本にも「e-tron/e-tronスポーツバック」に続いて「e-tron GT」を送り込んできた。ポルシェとの共同開発によって生み出された4ドアクーペの実力やいかに!?
  • 「アウディS1」シリーズに特別な内外装が魅力の限定モデル 2016.9.20 自動車ニュース アウディが「S1/S1スポーツバック」の限定モデル「クワトロリミテッドエディション」を発売。2012年に欧州で販売された「A1クワトロ」をイメージしたという内外装が特徴で、S1が25台、S1スポーツバックが90台販売される。
  • アウディA1 1.0 TFSI(FF/7AT)【試乗記】 2015.7.20 試乗記 その出来栄えはクラス最良? アウディのBセグメントコンパクトモデル「A1」に、マイナーチェンジとともに1リッター直3ターボエンジンを搭載したエントリーグレード「1.0 TFSI」が登場。アウディ初の3気筒エンジンの実力を試した。
  • アウディA1スポーツバック 1.0 TFSI(FF/7AT)/S1(4WD/6MT)【試乗記】 2015.6.22 試乗記 最もコンパクトなアウディである「A1/A1スポーツバック」がマイナーチェンジ。今回ラインナップに加わった3気筒エンジン搭載モデル「1.0 TFSI」に試乗し、新たなエントリーモデルの魅力を探った。
ホームへ戻る