マセラティが新型コンパクトSUV「グレカーレ」の発表を2022年春に延期

2021.10.19 自動車ニュース
マセラティの新型SUV「グレカーレ」のプロトタイプ。
マセラティの新型SUV「グレカーレ」のプロトタイプ。拡大

伊マセラティは2021年10月18日(現地時間)、同年11月16日にイタリア・ミラノで予定していた新型SUV「グレカーレ」の発表を、2022年春に延期すると発表した。

新型SUV「グレカーレ」は、マセラティの新拠点カッシーノで生産される。
新型SUV「グレカーレ」は、マセラティの新拠点カッシーノで生産される。拡大

グレカーレはマセラティ初のSUV「レヴァンテ」に続く新型SUV。最新のコネクティビティーやヒューマンマシンインターフェイスなどが採用され、レヴァンテよりもコンパクトなサイズのSUVとなる。

約8億ユーロ(約1022億円)を投じたマセラティの新拠点カッシーノで生産されるが、世界的な半導体の供給不足などにより、想定される需要に対して適切な生産量を供給できないと判断し、今回の決定に至ったという。

(webCG)

関連キーワード:
グレカーレ, マセラティ, 自動車ニュース