マツダが「ロードスター」「ロードスターRF」を改良 軽量モデル「990S」を正式発表

2021.12.16 自動車ニュース
マツダ・ロードスター990S
マツダ・ロードスター990S拡大

マツダは2021年12月16日、オープントップスポーツ「ロードスター」および「ロードスターRF」の改良モデルを発表するとともに、特別仕様車を2モデル、新機種を1モデル設定し、予約注文受け付けを開始した。発売は2022年1月中旬を予定している。

ロードスター ネイビートップ
ロードスター ネイビートップ拡大
「ロードスター」の特別仕様車「990S」にも新走行デバイス「キネマティック・ポスチャー・コントロール」が採用されている。
「ロードスター」の特別仕様車「990S」にも新走行デバイス「キネマティック・ポスチャー・コントロール」が採用されている。拡大

今回の商品改良については、“人馬一体”の走りの楽しさをさらに高める「KINEMATIC POSTURE CONTROL(キネマティック・ポスチャー・コントロール=KPC)」の採用がトピック。KPCはGが強めにかかるようなコーナリングにおいてリア内輪に微弱な制動をかけ、ロールを抑制しながら車体を引き下げるというシステムで、ロードスター全車に採用される。

後輪左右の回転速度差から旋回状態を検知し、これに応じてKPCがリニアに作動。旋回姿勢をより安定させるという。ブレーキング時にアンチリフト力(車体を引き下げる力)が発生するロードスターのリアサスペンション特性を最大限に生かしたシステムであり、ハードな走行になればなるほど車体の浮き上がりが軽減される。KPCはソフトウエア上での制御デバイスなので、その採用による重量増加は1グラムもないと説明されている。

 
ロードスター990S
ロードスター990S拡大
「990S」に採用されたRAYS社製鍛造16インチアルミホイール。
「990S」に採用されたRAYS社製鍛造16インチアルミホイール。拡大
ピアノブラックがベースとなるエアコンルーバーに、ブルーのリングがあしらわれた「990S」。
ピアノブラックがベースとなるエアコンルーバーに、ブルーのリングがあしらわれた「990S」。拡大
「990S」専用となるブルーステッチ/刺しゅう入り専用フロアマットはディーラーオプションで用意される。
「990S」専用となるブルーステッチ/刺しゅう入り専用フロアマットはディーラーオプションで用意される。拡大

特別仕様車と新機種を設定

4代目ロードスターのコンセプトである人生を楽しもう “Joy of the Moment, Joy of Life”(ジョイオブザモメント、ジョイオブライフ)をさらに深めることを目指し、商品改良に合わせてモデルバリエーションを拡大。特別仕様車が2モデル、新機種が1モデル設定されている。

【ロードスター990S】

最軽量グレード「S」をベースに、さらなるバネ下重量の低減に加え、軽さを生かしたシャシーとエンジンの専用セッティングを採用する特別仕様車が「990S」。2021年10月24日に軽井沢で行われたロードスターのファンミーティングに参考展示されたモデルで、車名は1tを切る車重を表している。

990Sの主な特徴は以下の通り。

  • RAYS社製鍛造16インチアルミホイール(RAYS ZE40 RS)
  • フロントブレーキ:ブレンボ社製大径ベンチレーテッドディスク&対向4ピストンキャリパー(ブラック塗装にブルー文字)
  • リアブレーキ:大径ブレーキローター&キャリパー(ブラック塗装)
  • 990S専用セッティング(ダンパー、コイルスプリング、電動パワーステアリング、エンジン制御)
  • ダークブルー幌
  • ブルー/ピアノブラックのエアコンルーバーベゼル
  • ブルーステッチ/刺しゅう入り専用フロアマット(ディーラーオプション)

価格は289万3000円(6MT)。販売期間や台数の制限などは設けられていない。

インシュレーター付きのダークブルー幌が採用された「ネイビートップ」。ボディー同色の電動リモコン式ミラーや高輝度塗装16インチアルミホイールも同モデルの専用装備となる。2021年12月16日から2022年5月31日までの期間限定で販売される。
インシュレーター付きのダークブルー幌が採用された「ネイビートップ」。ボディー同色の電動リモコン式ミラーや高輝度塗装16インチアルミホイールも同モデルの専用装備となる。2021年12月16日から2022年5月31日までの期間限定で販売される。拡大

【ロードスター ネイビートップ】

「Sレザーパッケージ」グレードをベースに、ダークブルーの幌と黒革内装を組み合わせた「クールで都会的」と紹介される特別仕様車。

ネイビートップの主な特徴は下記の通り。

  • ダークブルー幌(インシュレーター付き)
  • ボディー同色電動リモコン式ミラー
  • 高輝度塗装16インチアルミホイール

価格は319万1100円(6MT)/330万6600円(6AT)。販売は2021年12月16日から2022年5月31日までの期間限定となる。

ナッパレザーのインテリアに「テラコッタ」色が採用された「RF VSテラコッタセレクション」。写真の外装色は、今回の商品改良で追加設定された「プラチナクォーツメタリック」。
ナッパレザーのインテリアに「テラコッタ」色が採用された「RF VSテラコッタセレクション」。写真の外装色は、今回の商品改良で追加設定された「プラチナクォーツメタリック」。拡大
「RF VSテラコッタセレクション」のインテリア。インパネやドアトリムのステッチにもテラコッタ色が採用されている。
「RF VSテラコッタセレクション」のインテリア。インパネやドアトリムのステッチにもテラコッタ色が採用されている。拡大

【ロードスターRF VSテラコッタセレクション】

リラックスする大人の休日をイメージしたという新グレード。ナッパレザー内装のインテリアカラーに、鮮やかな新色「テラコッタ」が採用されている。

RF VSテラコッタセレクションの主な特徴は下記の通り。

  • テラコッタナッパレザーシート
  • テラコッタインパネ/ドアトリムステッチ

価格は379万8300円(6MT)/382万5800(6AT)。

商品改良されたロードスターの価格帯は、262万3500 円から392万2600円まで。

(webCG)

関連キーワード:
ロードスター, ロードスターRF, マツダ, 自動車ニュース