クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

売れる? 売れない? トヨタの圧倒的EV戦略に思うこと

2021.12.27 デイリーコラム

このテがあったか!

2021年12月14日、トヨタがお披露目した16台もの電気自動車(EV)たち。最前列5台のデザインを見ると、どれもこれも似たような、適度にEVっぽいスタイリッシュなカッコをしている。誰にも嫌われないけれど、それほどアピール性があるとも思えないEVたちだ。見れば見るほど、どこかで見たことがあるような感覚にも襲われる。

また、これら16台はすべて、トヨタが開発中の全固体電池ではなく、一般的なリチウムイオン電池で走ることになるのだろう。となると、性能もなんとなく想像がついてしまう。

という前提の下、「このなかでどれが一番魅力的に見えますか?」と問いかけられたら、あなたはなんと答えますか。私はですね……。

よく見ると、2列目のレクサス軍団たちが結構カッコいい。何よりもスピンドルグリルがいい。本来グリルだったところがパネルになり、逆にスピンドルの外側や下側がグリル(エアインテーク)になっている。つまり逆スピンドルグリルだ。このテがあったか!

この逆スピンドルグリル、本家スピンドルグリルより上品でカッコよく見えるし、EVらしさとレクサスらしさが同時に表現できていると思うのですがどうでしょう。

なかでも、航続距離700km以上、0-100km/h加速2秒台前半という、スーパーカー級のパフォーマンスを持つ「レクサスElectrified Sport」のデザインには、一瞬「えっ」と思った。

真横から見ると、その超ロングノーズ・ショートデッキスタイルは、実にシンプルかつダイナミック。フェラーリのフロントエンジンV12モデルよりはるかにスッキリしてて美しい! これなら「アストンマーティンDB11」にも、デザインで対抗できるんじゃないか? とすら思いました。「EVにこんな内燃エンジン的なスポーツカーデザインが必要なのか?」「あの長―いノーズの中には何が入るのか?」という疑問も湧くけれど、そんなことはどうでもよくなるカッコよさだ。

2021年12月14日、東京・江東区のMEGA WEBにおいて、豊田章男トヨタ自動車社長が新たなEV戦略を発表。その背後に量産を前提とした新開発のEVを16台も並べ、取り組みへの本気度をアピールした。
2021年12月14日、東京・江東区のMEGA WEBにおいて、豊田章男トヨタ自動車社長が新たなEV戦略を発表。その背後に量産を前提とした新開発のEVを16台も並べ、取り組みへの本気度をアピールした。拡大
新EV戦略発表の場で衝撃的だったのは、「2035年までにレクサスの新車を100%EV化する」というプラン。「モーターによる優れた加速性能や静粛性は、レクサスのようなプレミアムカーには望ましい要素である」などと、その必然性についても説明された。
新EV戦略発表の場で衝撃的だったのは、「2035年までにレクサスの新車を100%EV化する」というプラン。「モーターによる優れた加速性能や静粛性は、レクサスのようなプレミアムカーには望ましい要素である」などと、その必然性についても説明された。拡大
レクサスの電動スーパースポーツ「レクサスElectrified Sport」。なにも内燃機関車のようなデザインにする必要はないだろうが、EVでなければ実現できないディテールも見てとれる。
レクサスの電動スーパースポーツ「レクサスElectrified Sport」。なにも内燃機関車のようなデザインにする必要はないだろうが、EVでなければ実現できないディテールも見てとれる。拡大
こちらは「レクサスElectrified SUV」と名づけられたSUVタイプの一台。レクサスの象徴たる鼻先のスピンドルグリルはなくなり、台形のシルエットだけが残されている。
こちらは「レクサスElectrified SUV」と名づけられたSUVタイプの一台。レクサスの象徴たる鼻先のスピンドルグリルはなくなり、台形のシルエットだけが残されている。拡大

スモールEVに勝ち目はあるか?

とはいうものの、私はこんなスーパースポーツEVが買えるような身分ではないし、EVにそんなスーパーなパフォーマンスを求めてもいない。私が近い将来EVを買うとしたら、断然ご近所用の軽規格EVだ。中国の「宏光MINI EV」の軽自動車版が出たら、真剣に魅力的だろう。

その観点からすると、最前列の5台の中央に並べられていた「トヨタbZ SMALL CROSSOVER」以外の選択肢はなくなる。後ろのほうの「トヨタMICRO BOX」も、マイクロというくらいだから小さいのでしょうが、まだ現実離れしたコンセプトカーの段階なので、なんとも言えません。

トヨタbZ SMALL CROSSOVERは、デザイン的には平凡でそれほど魅力的ではないけれど、豊田章男社長が「スモールEVでは電費性能にこだわります! 目標は125Wh/kmです!」と明言したことに、ちょっとグッときた。電費がよければバッテリーを小さく軽くできるし、値段も安くできるはず! EVは本来、エコのために内燃エンジン車に取って代わろうとしているわけだから、電気をバカ食いするスーパースポーツEVなんて無意味だし外道! EVはスモール&エコでなくてはイカン!

でも、電費を良くしようとすると、その技術にお金がかかるんだろうなぁ。中国の宏光MINI EVが最安50万円におさめられたのは、回生ブレーキシステムすら持たない超シンプルなメカのおかげだという。電費改善のためにコストをかけた結果、バッテリー容量縮小分より値段が高くなっちゃいましたー、ってなことになる可能性もある。

だいたい125Wh/kmっていう数字も、そんなにすごいわけじゃなく、「日産リーフ」より2割いいだけ。つまり、それほどバッテリーを小さくできるわけでもない。

もちろん電費は電気代次第でもあるので、将来電気代がドカーンと上がれば、今より電費の重要度は上がるわけですが、未来のことは誰にもわからない。結局、ご近所用のスモールEVの分野では、中国にしてやられるのではないかという嫌な予感も漂う、トヨタのEV大お披露目会なのでした。

(文=清水草一/写真=トヨタ自動車、webCG/編集=関 顕也)

都市型EV「bZ SMALL CROSSOVER」。ボディーサイズはコンパクトでありながら、快適な車内空間を実現しているという。
都市型EV「bZ SMALL CROSSOVER」。ボディーサイズはコンパクトでありながら、快適な車内空間を実現しているという。拡大
「トヨタMICRO BOX」。小さいだけでなく、最もコンセプトカー然としたデザインの一台でもある。詳細については、現時点ではわからない。
「トヨタMICRO BOX」。小さいだけでなく、最もコンセプトカー然としたデザインの一台でもある。詳細については、現時点ではわからない。拡大
2021年7月、中国国内において50万円を切る衝撃価格で発売された、上汽通用五菱汽車の「宏光MINI EV」。ボディーサイズは全長×全幅×全高=2917×1493×1621mmと、驚くほどコンパクト。航続可能距離はグレードにより120kmまたは170kmで、時速100kmでの走行が可能という。(写真は上汽通用五菱汽車のオフィシャルサイト)
2021年7月、中国国内において50万円を切る衝撃価格で発売された、上汽通用五菱汽車の「宏光MINI EV」。ボディーサイズは全長×全幅×全高=2917×1493×1621mmと、驚くほどコンパクト。航続可能距離はグレードにより120kmまたは170kmで、時速100kmでの走行が可能という。(写真は上汽通用五菱汽車のオフィシャルサイト)拡大
「宏光MINI EV」の乗車定員は4人で、後席を倒せばスーツケースも搭載可能なラゲッジスペースがつくり出せる。トヨタのEVは、いずれこうしたクルマと市場で火花を散らすことになるのだろうか。
「宏光MINI EV」の乗車定員は4人で、後席を倒せばスーツケースも搭載可能なラゲッジスペースがつくり出せる。トヨタのEVは、いずれこうしたクルマと市場で火花を散らすことになるのだろうか。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

トヨタ の中古車
関連キーワード
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。